PyCharm 2020.1ヘルプ

プロジェクト内のターゲットを検索および置換する

プロジェクト内のテキスト文字列を検索したり、さまざまな範囲を使用して検索プロセスを絞り込んだり、検索から特定の項目を除外したり、使用箇所や出現箇所を見つけたりすることができます。

プロジェクトで検索文字列を見つける

  1. メインメニューから編集 | 検索 | パス内検索 Ctrl+Shift+Fを選択します。

  2. 検索フィールドに、検索文字列を入力します。または、エディターで、検索する文字列を強調表示して Ctrl+Shift+Fを押します。PyCharmは、強調表示されたストリングを検索フィールドに配置します。

    以前の検索のリストを表示するには、Alt+Downを押します。

    必要に応じて、追加のオプションを指定します。

    Find in path

    PyCharmは、検索文字列と含むファイルをリストします。

    複数行検索を実行するには、Multi-line search アイコンをクリックして新しい行を入力し、Ctrl+Alt+Down / Ctrl+Alt+Up を押して出現箇所をブラウズします。

  3. 検索文字列を置き換えるか、別の文字列を選択するか、Ctrl+Shift+F をもう一度押して新しい検索を開始するダイアログのプレビュー領域で結果を確認します。

  4. 出現箇所のリストを別のツールウィンドウに表示するには、検索ウィンドウで開くをクリックします。このウィンドウとそのオプションを使用して、結果をグループ化し、プレビューし、さらに操作します。

パス内検索ダイアログでは、さまざまなオプションを使用して検索プロセスを調整できます。

  • 単語the Words icon)または大/小文字を区別するthe Match case icon)などのオプションを選択して、プロジェクト内の正確な単語を検索するか、大文字と小文字を一致させます。

  • the Regex icon が選択されている場合、PyCharmは、含むテキスト文字列を検索するときに、バックスラッシュ \ で特殊な正規表現記号を自動的にエスケープします。

    regexの詳細については、regexによる 検索のドキュメントを参照してください。

  • 検索をフィルタリングするには、filter アイコンをクリックします。例:検索をフィルタリングして、コメントを省略したり、コメント内でのみ検索したりすることができます。

  • 検索を制限するには、モジュールまたはディレクトリなどの表示されたオプションのいずれかを選択します。

    さらに、スコープオプションを選択して、検索用に事前定義されたスコープのリストを提供できます。例:プロジェクトで開いているファイルのみに検索を制限できます。

    Search in class hierarchy

    タブなしで作業する場合、スコープ最近見たファイルまたは最近変更したファイルオプションが非常に役立つ可能性があります。独自のカスタムスコープを作成し、参照アイコン(ellipsis icon)をクリックしてスコープダイアログを開くこともできます。

特定のファイルタイプで検索する

ファイル・マスクオプションを使用して、検索を特定のファイルタイプに絞り込みます。リストから既存のファイルタイプを選択したり、新しいファイルタイプを追加したり、追加のファイルマスク構文を追加して、特定のパターンのファイルタイプを検索することができます。

  1. パス内検索ダイアログでファイル・マスクチェックボックスを選択し、ファイルタイプのリストから必要なものを選択します。

    File mask

    PyCharmはその検索を指定されたタイプに制限します。

  2. リストに必要なファイルタイプが見つからない場合は、ファイルタイプをファイル・マスクフィールドに入力します。

    Other wildcards(英語) besides * are supported. You can also specify several file types by separating them with a comma.

プロジェクトの使用箇所を検索する

プロジェクト全体または設定した範囲内のシンボルの使用箇所を検索できます。

  1. 使用箇所を見つけたいシンボルを選択します。ファイル検索にも検索を拡張できることに注意してください。

  2. メインメニューから編集 | 検索 | 使用箇所の検索 Alt+F7を選択します。

  3. 検索ツールウィンドウで結果を確認します。

    Find tool window

    前の使用箇所の検索アクションから結果をプルすることもできます。メインメニューから編集 | 検索 | 最新の使用箇所の検索と使用方法を選択します。

    検索ツールウィンドウでは、プレビュー領域を使用して、使用状況が検出された場所を確認したり、メソッドの呼び出し階層を表示したり、フィールドのデータフローなどを表示することができます。

    Find tool window preview area

    PyCharmが結果を返さない場合は、より多くのオプションを選択するように指示するメッセージが表示されます。リンクをたどったり、Ctrl+Alt+Shift+F7 を押して使用箇所の検索ダイアログを開いて、新しい検索範囲を設定することができます。

    Find usage dialog

    例:検索範囲を実動ファイルのみに設定することも、ファイルを開くだけに設定することもできます。

    To set a custom scope, click the ellipsis icon .

  4. 新しいスコープの設定が完了したら、検索をクリックします。

別のウィンドウで選択したシンボルの使用箇所をPyCharmに表示させたい場合は、Ctrl+Alt+F7を押します。このウィンドウを使用すると、すばやく移動できます。

Find usage dialog

同じショートカットをもう一度押して、デフォルトスコープでその用途を確認します。

使用状況の自動強調表示を無効にする

キャレットをシンボルに置くと、IDEは現在のファイルでこのシンボルのすべての使用箇所を強調表示します。強調表示されたシンボル間を移動するには、F3Shift+F3 のショートカットを使用します。

必要に応じて、自動強調表示を無効にすることができます。

  • 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sエディター | 一般に移動し、キャレット上の要素の使用箇所を強調表示するチェックボックスをオフにします。

自動強調表示が無効になっている場合は、キャレットを必要な記号に置き、Ctrl+Shift+F7を押します。これにより、現在のファイル内のシンボルのすべての使用箇所が強調表示されます。

プロジェクトの検索文字列を置き換える

  1. Ctrl+Shift+R を押してプロジェクト内の置換ダイアログを開きます。

  2. 上部のフィールドに検索文字列を入力します。下部のフィールドに、置換文字列を入力します。

    Replace in path dialog

    例:変数名を大規模なプロジェクトの新しい名前に置き換える場合は、変数が設定ファイルにも表示されるため、名前変更リファクタリングの代わりにパス内置換を使用します。

  3. 使用可能な置換コマンドのいずれかをクリックします。

最終更新日: 2020年7月07日

関連ページ:

正規表現を使用してテキストを検索して置換する

テキストの特定のパターンを検索および置換する場合は、正規表現を使用します。パターンマッチング、解析、結果のフィルタリングなどに役立ちます。正規表現構文を学習したら、ほぼすべての言語で使用できます。を押して、検索と置換のペインを開きます。複数のファイルを検索して置換する必要がある場合は、を押します。上...

スコープとファイルの色

スコープは、プロジェクト内のファイルとフォルダーのグループです。スコープを使用して、さまざまなIDEビューでプロジェクト項目を視覚的に区別し、特定の操作の範囲を制限できます。スコープは、プロジェクト内のファイルを論理的に整理するように設計されています。テストソースはテスト関連のスコープに移動でき、製...

スコープ

macOSのスコープは、さまざまな操作が適用されるファイルのセットです。このダイアログを使用して、さまざまなPyCharmアクション(使用箇所の検索やコードインスペクションなど)のスコープを定義できます。メイン・ツールバー:スコープの追加新しいローカルスコープまたは共有スコープを追加します。削除リス...

ファイル内のターゲットを検索する

現在のドキュメント内のテキスト文字列をすばやく見つけて置き換えることができます。さまざまなオプションを使用して、検索プロセスを絞り込み、検索で正規表現を使用し、検索結果を管理できます。エディターでファイルを開きます。を押すか、メインメニューから編集 | 検索 | 検索を選択します。現在のファイルを超...