PyCharm 2019.2ヘルプ

バージョン管理を有効にする

PyCharmは2つのレベルでバージョン管理統合をサポートします。

  • IDEレベルでは、デフォルトで有効になっているバンドルされたプラグインのセットによってVCS統合が提供されます。

  • プロジェクトレベルでは、プロジェクトフォルダーを1つまたは複数のバージョン管理システムと関連付けることで、VCS統合が有効になります。

プロジェクトルートをバージョン管理システムに関連付ける

PyCharmを使用すると、プロジェクトとバージョン管理システムとの統合をすばやく有効にして、プロジェクトルートと関連付けることができます。別々のプロジェクトディレクトリーを異なるバージョン管理システムに関連付ける方法については、ディレクトリーをバージョン管理システムに関連付けるを参照してください。

  1. Alt+` を押してバージョン管理統合を使用可能にする...を選択するか、メインメニューからVCS | バージョン管理統合を使用可能にするを選択します。

  2. 開くバージョン管理統合を使用可能にするダイアログで、プロジェクトルートに関連付けるバージョン管理システムをリストから選択します。

  3. VCS統合が有効になると、PyCharmは、VCSを介してプロジェクト設定ファイルを共有するかどうかを確認します。常に追加を選択して、PyCharmで作業する他のリポジトリユーザーとプロジェクト設定を同期できます。

    Notification prompting to select how to treat configuration files
    これはGitとMercurialにのみ適用されることに注意してください。

ディレクトリーをバージョン管理システムに関連付ける

PyCharmはディレクトリーベースのバージョン管理モデルをサポートしています。つまり、各プロジェクトディレクトリーは異なるバージョン管理システムに関連付けることができます。

  1. バージョン管理設定ファイル | 設定 | バージョン管理)を開きます。このページには、プロジェクトディレクトリーとそれらに関連付けられているバージョン管理システムのリストが表示されます(ディレクトリーが追加されていない場合は、リストにはプロジェクトルートのみが含まれます)。

  2. 右側の追加ボタン icons welcome createNewProject svg をクリックします。

  3. 開いたVCS ディレクトリー・マッピングの追加ダイアログで、ディレクトリーオプションを選択します。バージョン管理システムに関連付けるディレクトリーへのパスを入力するか、参照ボタン the Browse button をクリックして表示されるダイアログでディレクトリーを選択します。

  4. VCSドロップダウンリストから、このディレクトリー内のファイルを制御するために使用するバージョン管理システムを選択します。このリストには、対応するプラグインが現在有効になっているバージョン管理システムのみが含まれています。

  5. 必要に応じて、選択したバージョン管理システムの設定を指定できるVCSの設定ボタンをクリックします。同じ設定がバージョン管理の設定ノードでも使用できます。

  6. OKをクリックしてマッピングを保存し、バージョン管理ページに戻ります。

未登録のディレクトリーを管理する

GitまたはMercurial統合が有効になっているプロジェクトの場合、PyCharmはプロジェクトディレクトリーをスキャンして、IDEによって制御されていないGit / Mercurialリポジトリがあるかどうかを確認します。そのようなリポジトリが検出されると、PyCharmは通知を表示します。

未登録のルートを追加するには、通知のルートの追加リンクをクリックします。または、バージョン管理の設定ページを開き、追加したい登録されていないルート(灰色のマークがついている)を選択し、ディレクトリーをバージョン管理システムに関連付けるの手順に従います。

これらのルートについて通知されたくない場合は、通知内の無視リンクをクリックしてください。新しい未登録のリポジトリがプロジェクトに追加された場合、PyCharmはそれらについて通知します。

VCSの関連付けを変更する

  1. バージョン管理設定ページを開きます。この設定ページには、関連するバージョン管理システムがあるディレクトリーの表が表示されます。

  2. テーブルで、別のバージョン管理システムに置くディレクトリーに対応する行を探します。

  3. VCS列をクリックしてください。表示されたリストから、新しいバージョン管理システムを選択します。

    必要に応じて、VCS 構成ボタンをクリックしてください。バージョン管理設定ダイアログが開き、選択したバージョン管理システムの設定を構成できます(詳細については、バージョン管理設定ページの参照で対応する構成設定を参照してください)。

  4. OKをクリックして新しいマッピングを保存し、バージョン管理ダイアログを閉じます。

最終更新日: 2019年8月14日

関連事項