PyCharm 2019.3ヘルプ

チュートリアル: PyCharmでデプロイ

このチュートリアルでは、PyCharmを使用して、コードのデプロイをリモートホストに設定する手順を順を追って説明します。

始める前に

以下を確認してください:

  • PyCharmバージョン5.0以降を使用しています。このチュートリアルはPyCharm 2016.1で準備されています。

  • コードをデプロイするリモートホストへのアクセス権があります。

また、このチュートリアルはWindows 10で作成され、デフォルトのキーボードショートカットスキームを使用しています。別のプラットフォームで作業している場合、または別のキーボードスキームを使用している場合は、キーボードショートカットが異なります。

例の準備

永遠のサンプルプロジェクトを使用できます。

こうして準備ステップが完了し、離陸する準備が整いました。

デプロイサーバーの設定

メインツールバーの Settings/Preferences icon をクリックするか、Ctrl+Alt+S を押して設定/環境設定ダイアログを開き、デプロイページを選択します(メインメニューからツール | デプロイ | 構成を選択すると、同じページにアクセスできます)。

Add itemをクリックし、サーバーの追加ダイアログでサーバー名 MyRemoteServer を入力してその種類を選択します(この例ではローカルまたはマウントされたフォルダーです)。

Add server dialog

OK、新しいサーバーが追加されますが、それでも無効です...アップロードされたファイルを実際にブラウズするWebサーバーのURL http://localhostのみが表示されます。

接続タブで指定されている内容

プロジェクトファイルをアップロードするディレクトリを選択します。私たちの場合、これは C:\xampp\htdocs ローカルフォルダーです。手動でパスを入力するか、Shift+Enter を押してパス選択ダイアログを開くことができます。

Deployment Connection Tab

マッピングタブでは何が指定されていますか?

次に、マッピングタブに切り替えます。デフォルトでは、ローカル・パスフィールドにプロジェクトルートへのパスが含まれています。ただし、プロジェクトツリー内の他のディレクトリを選択することもできます。デフォルト値を仮定しましょう。

デプロイメント・パスフィールド(デフォルトでは空)は、PyCharmがローカル・パスフィールドで指定されたフォルダー(この例では py\Solver )からデータをアップロードするサーバー上のフォルダーを指定します。このパスは、フォルダーに関連して指定されます)。このパスは、フォルダー C:\xampp\htdocsを基準にして指定します。

最後に、Web パスのデフォルトの / 値を受け入れましょう。

Deployment Mapping Tab

OKをクリックして変更を適用すると、サーバーは使用できる状態になります。

リモートホストのブラウズ

サーバーが起動していることを確認するには、メインメニューでツール | デプロイ | リモート・ホストの参照を選択すると、PyCharmウィンドウの右側にリモートホストツールウィンドウが表示されます。

Remote Hosts tool window

デプロイツール

次に、いくつかのアクションを実行し、何が起こるかを見てみましょう。

アップロード

まず、ファイルの1つをリモートサーバーにアップロードしましょう。

プロジェクトツールウィンドウで、アップロードしたいファイルを右クリックします。私たちの場合は、それをファイル Solver.pyとします。コンテキストメニューからMyRemoteServerにアップロードするを選択して、アップロード結果を確認します。

Deployment upload

また、プロジェクト内の各ディレクトリの内容をアップロードすることもできます。例: Solver.pyの親ディレクトリ( src )を右クリックし、コンテキストメニューからデプロイ | MyRemoteServerにアップロードするを選択します。これで、ディレクトリ全体がサーバーにアップロードされます。

Deployment File Transfer

リモートとローカルバージョンの比較

ファイル Solver.pyのローカルおよびリモートコピーがあり、それらは同一です。ローカルバージョンを変更しましょう。

これを行うには、メソッド宣言にキャレットを置き、Ctrl+Shift+Alt+T を押します(またはメインメニューからリファクタリング | リファクタリングを選択します)。ポップアップメニューには、現在のコンテキストで使用可能なすべてのリファクタリングが表示されます。名前変更リファクタリングを選択して、メソッドの名前を変更しましょう:

Rename method

リファクタリングを実行し、メソッド名とその使用箇所が変更されたことを確認します。

ローカルバージョンを変更しました。PyCharmがこれらの変更について知っていることを確認しましょう。これを行うには、リモートホストツールウィンドウツールウィンドウに移動して Solver.pyを右クリックします。コンテキストメニューからローカルバージョンとの比較を選択します。PyCharmは相違点ビューアーを開きます。

Diff viewer

ダウンロード

リモートホストツールウィンドウツールウィンドウで、ファイル Solver.pyを右クリックし、コンテキストメニューでここにダウンロードを選択します。PyCharmは警告を表示します:

Deployment download warning

継続をクリックします。

Deployment download file transfer

以前にサーバーにアップロードされている場合は、ディレクトリ全体をダウンロードすることもできます。例:親 src ディレクトリをクリックして同じコマンドを選択すると、すべてのネストされたファイルがサーバーからダウンロードされます。

変更の同期化

準備段階- Solver.py ファイル Ctrl+Zへの変更をロールバックします。名前が変更されたメソッドを持つクラス Solver.py が再び表示されます。

次に、Solver.pyをクリックし、メインメニューでツール | デプロイ | MyRemoteServerにデプロイされた同期を選択します。

Deployment sync

PyCharmは個々の変更を受け入れるか、またはそれらを却下することができる差分ビューアーを見せます。

デフォルトサーバーへの自動アップロード

PyCharmプロジェクトの場合とまったく同じファイルをサーバー上に置く必要がある場合は、自動アップロードが役立ちます。自動アップロードとは、IDEで変更が発生するたびに、デフォルトのデプロイサーバーにデプロイされることを意味します。

サーバーをデフォルトとして定義する

デプロイサーバーは、変更されたファイルの自動アップロード中にその設定がデフォルトで適用される場合、デフォルトと見なされます。デプロイサーバーを既定のサーバーとして定義するには、次の手順を実行します。

  1. デプロイページで目的のサーバー(この場合はMyRemoteServer)を選択します。このページは、メインメニューから設定/環境設定 | ビルド、実行、デプロイ | デプロイまたはツール | デプロイ | 構成の2つの方法で開くことができます。

  2. the Use as default button をクリックします。

自動アップロードを有効にする

デフォルトのサーバーが設定されるとすぐに、このサーバーに自動的にアップロードすることができます。これは、次の2つの方法で実行できます。

  • デプロイ オプション(メインメニューから設定/環境設定 | デプロイ | オプションまたはツール | デプロイ | オプション)を開き、変更されたファイルのデフォルト・サーバーへの自動アップロードフィールドで常時または明示的な保存操作時を選択します。これら2つの選択の違いは、フィールドの説明で説明されています。

  • メインメニューでツール | デプロイ | 自動アップロードを選択します。この場合の自動アップロードは、常時モードで実行されることに注意してください。

常時モードは本番環境へのデプロイには推奨されません。開発中に不完全なコードをアップロードして、本番アプリケーションを破壊する可能性があります。

外部変更のアップロード

デフォルトでは、VCSブランチの変更SASSまたはLESSのコンパイルファイル監視などの外部プロセスによってファイルが変更された場合も、PyCharmはファイルをアップロードします。この動作を変更して外部の変更をスキップするには、変更されたファイルをデフォルトサーバーにアップロードする 常時に設定し、外部変更をスキップするチェックボックスを選択します。

Skip external changes

要約

おめでとう! 基本的なチュートリアルに合格し、次のタスクを実行しました。

  • 独自のサーバーを作成して構成しました。

  • ファイルとフォルダーのアップロードおよびダウンロード。

  • ローカルとリモートのバージョンを比較しました。

  • サーバーをデフォルトとして構成しました。

  • 外部変更の自動アップロードを有効にしました。

最終更新日: 2020年1月14日

関連ページ:

ステップ 1. 最初のPythonプロジェクトを作成して実行する-ヘルプ| PyCharm

始める前に:次の前提条件が満たされていることを確認してください。PyCharmCEまたはProfessionalで作業しています。Python自体をインストールしました。macOSまたはLinuxを使用している場合、コンピューターにはすでにPythonがインストールされています。python.org...

デプロイ

WindowsとLinux用のmacOS用このページで、PyCharmとサーバー間の相互作用を制御できるサーバーアクセス構成とサーバーグループを作成、編集、削除します。サーバーを使用する場合は常に、サーバーがリモートホスト上にあるかコンピューター上にあるかに関係なく、サーバーアクセス構成を定義する必...

プロジェクトツールウィンドウ

このツールウィンドウを使用すると、プロジェクトをさまざまな観点から見て、新しい項目(ディレクトリ、ファイル、クラスなど)の作成、エディターでのファイルの開き、目的のコードフラグメントへの移動などのタスクを実行できます。このツールウィンドウのほとんどの機能には、コンテンツペインのコンテキストメニューコ...

名前の変更リファクタリング

名前変更リファクタリングを使用して、コード全体でシンボル、ファイル、およびそれらへのすべての参照の名前を変更します。限定されたスコープだけが影響を受けるため、ローカル変数またはプライベートメソッドの名前変更はインラインで簡単に行うことができます。クラスやパブリックメソッドの名前を変更すると、多くのフ...

ブランチを管理する

Gitでは、分岐は強力なメカニズムであり、たとえば機能の開発や、コードベースの特定の状態をリリースのために凍結する必要がある場合などに、メインの開発ラインから分岐することができます。PyCharmでは、ブランチを使用したすべての操作はGit ブランチポップアップで実行されます。呼び出すには、ステータ...

ファイル監視

ファイル監視は組み込みのPyCharmツールで、IDEでファイルを変更または保存するときにコンパイラ、フォーマッタ、linterなどのコマンドラインツールを自動的に実行できます。ファイルウォッチャーには2つの専用コードインスペクションがあります。ファイル監視使用可能インスペクションは、あらかじめ定義...