PyCharm 2020.2ヘルプ

監視式

監視式ペインでは、現在のスタックフレームのコンテキストで任意の数の変数または式を評価できます。値はアプリケーションのステップごとに更新され、アプリケーションが中断されるたびに表示されます。

変数ペインのコンテキストメニューから式の評価コマンドを使用すると、一度に1つの式を表示できますが、監視式ペインには、削除するまで1つのデバッグセッションから別のデバッグセッションまで持続する複数の式が表示されます。

このペイン、変数ペイン、およびエディターでウォッチを作成できます。

ウォッチ式は常にフレームペインで現在インスペクションされているスタックフレームのコンテキストで評価されます。式を評価できない場合は、疑問符付きで表示されます。

ウォッチパネルを開く

デフォルトでは、監視式ペインは非表示になっており、ウォッチは変数ペインに表示されます。

  • 監視式ペインを別に表示して、その中に構成されているウォッチを表示するには、変数ペインのツールバーの Show watches in Variables tab 切り替えボタンを放します。デフォルトでは、ボタンは押されています。

  • 監視式ペインを非表示にして変数ペインでウォッチを表示するには、監視式ペインのツールバーにある Show watches in Variables tab トグルボタンを押します。

ツールバー

項目ショートカット説明
New Watch ButtonInsertこのボタンをクリックして新しいウォッチを作成します。
Remove Watch buttonDeleteこのボタンをクリックして、選択したウォッチをリストから削除します。
Move Watch Up button Move Watch Down buttonAlt+UpAlt+Downこれらのボタンを使って監視の順番を変更します。
Duplicate Watch buttonCtrl+Dこのボタンを使用して、選択した監視のコピーを作成します。
Show watches in Variables tab変数タブに監視式を表示する

この切り替えボタンを使用して、監視式ペインを非表示または表示にします。デフォルトでは、ボタンは変数ペインのツールバーに押されて表示されます。その結果、監視式ペインは非表示になり、監視は変数ペインに表示されます。

  • 監視式ペインを別に表示して、その中に構成されているウォッチを表示するには、変数タブに監視式を表示するトグルボタンを放します。監視式ペインがツールバーの変数タブに監視式を表示するトグルボタンとともに表示されます。

  • 監視式ペインを非表示にして変数ペインでウォッチを表示するには、監視式ペインのツールバーにある Show watches in Variables tab トグルボタンを押します。トグルボタンは変数ペインのツールバー上のデフォルト位置に戻ります。

項目ショートカット説明
新規監視式Insert新しい監視を作成するには、このコマンドを選択してください。テキストフィールドが開き、そこで新しいウォッチ式を入力できます。
監視式の除去Delete現在選択されているウォッチ式をリストから削除するには、このコマンドを選択します。
編集F2選択したウォッチ式を変更するには、このコマンドを選択してください。
すべての監視式を除去リストからすべての監視式を削除するには、このコマンドを選択します。
インスペクションフィールド、ローカル変数、および参照式に使用できます。このコマンドを選択すると、ノードのインスペクションウィンドウが開きます。これにより、スタックフレームで使用できる操作と同じ操作を実行できますが、ルートノードが選択したものと異なります。新しいInspectウィンドウを相互から再帰的に呼び出すことができます。各ウィンドウはモーダルではなく、そのサブツリーのすべての変更をすぐに反映します。
現在のウォッチを参照しているオブジェクトのリストを表示するには、このコマンドを選択します。
ソースに移動F4このコマンドは、選択した変数またはフィールドのソースコードをエディターで開き、キャレットを適切な行に配置します。
配列として表示

このコマンドは、NumPy(英語)配列を表す変数に使用できます。

NumPyをダウンロード(英語)して、Pythonインタープリターにインストールする必要があることに注意してください。

このパッケージをインストールすると、スライス、フォーマット、およびカラーリングツールを使用して、NumPy配列とその部分のグラフィカルビューを取得できます。

View as array

このコマンドは、pandasデータフレーム(英語)もサポートしています。

値のコピーCtrl+C選択したノード値をクリップボードにコピーします。
名前のコピー選択したノード名をクリップボードにコピーします。
最終更新日: 2020年8月17日