PyCharm 2020.2ヘルプ

変数

変数ペインでは、アプリケーションのオブジェクトに格納されている値を調べることができます。

フレームペインでスタックフレームが選択されると、変数ペインはそのスコープ内のすべてのデータ(メソッドパラメータ、ローカルおよびインスタンス変数)を表示します。このペインでは、オブジェクトのラベルを設定したり、オブジェクトをインスペクションしたり、式を評価したり、変数を監視に追加したりすることができます。

ツールバー

このツールバーは、監視ペインが非表示になっている場合にのみ表示され、設定されたウォッチが変数ペインに表示されます。監視式ペインの非表示/表示は、Watches トグルボタンで制御します。

  • ボタンが押されると(デフォルトの状態)、監視式ペインは非表示になり、ツールバーは変数ペインに表示されます。焦点はデバッガタブです。

  • ボタンを離すと、ツールバーが監視式ペインに移動します。

項目ショートカット説明
New Watch ButtonInsertこのボタンをクリックして新しいウォッチを作成します。
Remove Watch buttonDeleteこのボタンをクリックして、選択したウォッチをリストから削除します。
Move Watch Up button Move Watch Down buttonAlt+UpAlt+Downこれらのボタンを使って監視の順番を変更します。
Duplicate Watch buttonCtrl+Dこのボタンを使用して、選択した監視のコピーを作成します。
Show watches in Variables tab変数タブに監視式を表示する

この切り替えボタンを使用して、監視式ペインを非表示または表示にします。デフォルトでは、ボタンは変数ペインのツールバーに押されて表示されます。その結果、監視式ペインは非表示になり、監視は変数ペインに表示されます。

  • 監視式ペインを別に表示して、その中に構成されているウォッチを表示するには、変数タブに監視式を表示するトグルボタンを放します。監視式ペインがツールバーの変数タブに監視式を表示するトグルボタンとともに表示されます。

  • 監視式ペインを非表示にして変数ペインでウォッチを表示するには、監視式ペインのツールバーにある Show watches in Variables tab トグルボタンを押します。トグルボタンは変数ペインのツールバー上のデフォルト位置に戻ります。

項目ショートカット説明
インスペクションなしこのコマンドは、フィールド、ローカル変数、および参照式で使用でき、非モーダルインスペクションウィンドウを開きます。このウィンドウでは、特定の参照に集中できます。必要に応じて、いくつでもインスペクションウィンドウを開くことができます。インスペクションウィンドウのビューは監視式ペインと同じですが、必要な画面スペースは少なくなります。
値の設定F2このコマンドを使用して、フィールドまたは変数の実行時の値を変更します。
値のコピーCtrl+C

このコマンドを使用して、選択した変数の値をクリップボードにコピーします。複数の項目が選択されている場合は、変数の値だけでなく構造もコピーされるため、選択範囲をテキストファイルにコピーペーストすると、インデントはデバッガのツリー出力を模倣して読みやすい出力。

または、マウスカーソルを値の上に置いて、その内容をツールチップに表示します。

JSON のコピーこのメニュー項目は、JavaScriptコンテキストでのみ使用できます。選択した値をJSON形式(英語)にコピーするには、このコマンドを選択します。
クリップボードと値を比較なしこのコマンドを使用して、選択した値を現在クリップボードにある値と比較します。
名前のコピーなしこのコマンドを使用して、選択した変数の名前をクリップボードにコピーします。
式を評価するEvaluate Expression Alt+F8このコマンドを使用して、開いたダイアログで選択した変数を評価します。
Add to watch 監視に追加なしこのコマンドは、静的コマンド以外のすべてのノードで使用できます。このコマンドを使用して、ノードを参照する式を作成し、この式を監視式ペインに追加します。
参照オブジェクトを表示なし現在選択されている変数を参照するオブジェクトのリストを表示するには、このコマンドを使用します。
ソースに移動F4このコマンドは、エディターで選択した変数またはフィールドのソースコードを開き、対応する行にキャレットを配置します。
型ソースへジャンプShift+F4

選択した変数またはフィールドのクラスの定義に移動するには、このコマンドを使用します。

配列として表示

このコマンドは、NumPy(英語)配列を表す変数に使用できます。

NumPyをダウンロード(英語)して、Pythonインタープリターにインストールする必要があることに注意してください。

このパッケージをインストールすると、スライス、フォーマット、およびカラーリングツールを使用して、NumPy配列とその部分のグラフィカルビューを取得できます。

View as array

このコマンドは、pandasデータフレーム(英語)もサポートしています。

変数型

各変数の左側にあるアイコンは、そのタイプを示します。

  • array : 配列

  • primitive : プリミティブ

  • value : オブジェクト

最終更新日: 2020年8月19日

関連ページ:

フレーム

フレームペインでは、アプリケーションのスレッドのリストにアクセスできます。スレッドを調べるには、ペイン上部のリストからスレッドを選択します。スレッドのステータスとタイプは、スレッド名の横にある特別なアイコンとテキストのメモで示されます。スレッドごとに、スタックフレームを表示し、フレームを調べ、フレー...

監視式

監視式ペインでは、現在のスタックフレームのコンテキストで任意の数の変数または式を評価できます。値はアプリケーションのステップごとに更新され、アプリケーションが中断されるたびに表示されます。変数ペインのコンテキストメニューから式の評価コマンドを使用すると、一度に1つの式を表示できますが、監視式ペインに...

デバッガタブ

§デバッガータブは、次の領域に分かれています。フレーム、変数、監視式、最終更新日: 2020年8月17日デバッグツールウィンドウフレーム

式の評価

PyCharmを使用すると、別々の変数の値を表示できるだけでなく、メソッド呼び出し、演算子式、ラムダ式、匿名クラスなどのより複雑な式も評価できます。式は、デバッグツールウィンドウのフレームペインで現在選択されているスタックフレームのコンテキストで評価されます。特定のオペレーティングシステムでは、キー...