PyCharm 2020.3 ヘルプ

Cython のスピードアップ

Python 拡張機能のインストール

PyCharm のデバッガーは Python で書かれています。Python はインタープリター言語です。つまり、コードが実行されているときに命令を機械コードに変換する必要があります。

この費用の時間(英語)であり、コンパイルされたコードほど高速ではありません。ありがたいことに、Python は Cython(英語) を通じてコンパイルされた C 拡張をサポートしています。PyCharm には C バージョンのデバッガーコードが同梱されています。これをコンパイルすると、PyCharm でのデバッグを高速化できます。

コードベースが大きい場合は、この高速化拡張機能を使用するのが妥当です。

追加のスピードアップを得るために必要なアクションは、プラットフォームによって異なります。

*NIX

ユーザーがデバッガーセッションを開始すると、通知ポップアップが表示されます。ユーザーはそこにあるインストールリンクをクリックするだけです。

Install Cython extensions
macOS と Windows

何もする必要はありません。あらかじめコンパイルされた拡張機能をバンドルしているため、すでに使用しています。

トラブルシューティング

報告された問題 考えられる原因 ソリューション

次のエラーメッセージが表示されます。

Python.h: no such file or directory .

Python 開発者用のヘッダーファイルと静的ライブラリがありません。

パッケージマネージャーを使用して、Python dev システム全体のヘッダーファイルと静的ライブラリをインストールしてください。

例: 次のコマンドを使用できます。

  • Python 2.x の場合:

    sudo apt-get install python-dev

  • Python 3.5 の場合:

    sudo apt-get install python3-dev

  • Python 3.6 の場合:

    sudo apt-get install python3.6-dev

  • Python 3.7 の場合:

    sudo apt-get install python3.7-dev

  • Python 3.8 の場合:

    sudo apt-get install python3.8-dev

次のエラーメッセージが表示されます。

Command 'gcc' failed with exit status 1 .

C コンパイラーが不足しています。

デバッガー用の Cython 拡張機能を構築するために C コンパイラーをインストールします。

PyCharm UI なしで Cython スピードアップを使用する

Cython のスピードアップを手作業でコンパイルしたい場合は、PyCharm UI を使うべきではありません。

Ubuntu では、次のコマンドを使用します。

/usr/bin/python3 /<PYCHARM_INSTALLATION_PATH>/plugins/python/helpers/pydev/setup_cython.py build_ext --inplace

<PYCHARM_INSTALLATION_PATH> は、C:\Program Files\JetBrains\PyCharm 2019.3 など、PyCharm インストールディレクトリへのパスです。

パスは、特定のローカルシステムに合わせて調整する必要があります。

関連ページ:

プログラムのステップスルー

ステップは、プログラムの段階的な実行を制御するプロセスです。PyCharm は、戦略に応じて使用される一連のステップアクションを提供します(たとえば、次の行に直接移動するか、途中で呼び出されたメソッドを入力する必要があるかなど)。ステップボタンは、デバッグツールウィンドウのツールバーにあります。ステップオーバー:現在のコード行をステップオーバーし、ハイライトされた行にメソッド呼び出しが含まれている場合でも、次の行に移動します。メソッドの実装はスキップされ、呼び出し元メソッドの次の行に直接移動し...

リモート PyCharm によるデバッグ

PyCharm を使用すると、Web サーバーや専用のテストマシンなど、他のコンピューターにあるインタープリターを使用してアプリケーションをデバッグすることができます。PyCharm には、リモートでデバッグする 2 つの方法があります。リモートインタープリターを介して。ケース: このアプローチを使用して、リモートマシンで使用可能な拡張デバッグ機能を活用します。要件: ローカルマシンからリモートサーバーへの SSH アクセス。Python リモートデバッグサーバー設定を使用します。ケース: このア...