PyCharm 2020.2 ヘルプ

ステップ 1. 最初の Python プロジェクトを作成して実行する

Demonstration of the basic workflow

始める前に

次の前提条件が満たされていることを確認してください。

  • PyCharm Community または Professional を使用しています。

  • Python 自体をインストールしました。macOS または Linux を使用している場合、コンピューターにはすでに Python がインストールされています。python.org(英語) から Python を取得できます。

Python プロジェクトの作成

PyCharm の使用を開始するには、Python スクリプトを書いてみましょう。

プロジェクトを開始しましょう:ようこそ画面を使用している場合は、新規プロジェクトの作成をクリックしてください。既にプロジェクトを開いている場合は、ファイル | 新規プロジェクトを選択してください。

Welcome screen

このチュートリアルでは、単純な Python スクリプトを作成するため、純粋な Python を選択します。このテンプレートは、私たちのために空のプロジェクトを作成します。

Create a new project

プロジェクトの場所を選択します。これを行うには、ロケーションフィールドの横にあるthe Browse buttonボタンをクリックし、プロジェクトのディレクトリを指定します。

また、このチュートリアル用に新しい Python ファイルを作成するため、main.py ウェルカムスクリプトを作成するチェックボックスをオフにします。

Python のベストプラクティスは、各プロジェクトの virtualenv を作成することです。これを行うには、Python インタープリター : 新規 Virtualenv 環境ノードを展開し、新しい仮想環境の作成に使用するツールを選択します。Virtualenv ツールを選択し、新しい仮想環境に使用する場所とベースインタープリターを指定しましょう。必要に応じて、以下の 2 つのチェックボックスを選択します。

基本インタープリターを構成するときは、Python 実行可能ファイルへのパスを指定する必要があります。PyCharm がマシン上で Python を検出しない場合、python.org から最新の Python バージョンをダウンロードするか、Python 実行可能ファイルへのパスを指定する(非標準のインストールの場合)かの 2 つのオプションを提供します。

Downloading Python when creating a new project

次に、新規プロジェクトダイアログの下部にある作成ボタンをクリックします。

既にプロジェクトを開いている場合は、作成をクリックすると、PyCharm は新しいプロジェクトを現在のウィンドウで開くか新しいプロジェクトで開くかを確認します。現在のウィンドウで開くを選択します - これは現在のプロジェクトを終了しますが、後で再オープンすることができます。詳細については、複数のプロジェクトを開くを参照してください。

Python ファイルの作成

プロジェクトツールウィンドウでプロジェクトルートを選択してから、メインメニューからファイル | 新規 ... を選択するか、Alt+Insert を押します。

Create a Python file

ポップアップからオプション Python ファイルを選択し、新しいファイル名を入力します。

Creating a new Python file

PyCharm は新しい Python ファイルを作成し、編集用に開きます。

New Python file

ソースコードの編集

最初に生成した Python ファイルを見てみましょう。

入力を開始するとすぐに、ペアプログラマのような PyCharm があなたの肩越しに、行を補完させる方法を提案するはずです。例:Python クラスを作成したいとします。キーワードの入力を開始すると、候補リストが表示されます。

Create class completion

キーワード class を選択し、クラス名(ここでは Car )を入力します。

PyCharm は欠落したコロンについてすぐに通知し、次にインデントを行います。

Create class analysis

スクロールバーのストライプに注意してください。マウスポインターをストライプの上に置くと、PyCharm に詳細な説明を含むバルーンが表示されます。

PyCharm はコードをオンザフライで分析するため、結果はすぐにスクロールバーの上部にあるインスペクションインジケーターに表示されます。このインスペクションの表示は信号機のように機能します。緑色の場合、すべてが正常であり、コードを続行できます。黄色のライトは、いくつかの小さな問題を意味しますが、コンパイルには影響しません。しかし、ライトが赤の場合、重大なエラーがあることを意味します。

関数 __init__ の作成を続けましょう : 左波括弧を入力するだけで、PyCharm はコード構造全体(必須パラメーター self、波括弧とコロンを閉じる)を作成し、適切な字下げを行います:

Create class

例として、このコードを使用しましょう : (自分で入力することも、ヘルプのコードブロックの右上にあるコピーボタンを使用することもできます)。

class Car: def __init__(self, speed=0): self.speed = speed self.odometer = 0 self.time = 0 def say_state(self): print("I'm going {} kph!".format(self.speed)) def accelerate(self): self.speed += 5 def brake(self): self.speed -= 5 def step(self): self.odometer += self.speed self.time += 1 def average_speed(self): if self.time != 0: return self.odometer / self.time else: pass if __name__ == '__main__': my_car = Car() print("I'm a car!") while True: action = input("What should I do? [A]ccelerate, [B]rake, " "show [O]dometer, or show average [S]peed?").upper() if action not in "ABOS" or len(action) != 1: print("I don't know how to do that") continue if action == 'A': my_car.accelerate() elif action == 'B': my_car.brake() elif action == 'O': print("The car has driven {} kilometers".format(my_car.odometer)) elif action == 'S': print("The car's average speed was {} kph".format(my_car.average_speed())) my_car.step() my_car.say_state()

アプリケーションの実行

エディターを右クリックし、コンテキストメニューからスクリプト Ctrl+Shift+F10 を実行することを選択できますが、より良い解決策をお勧めします。スクリプトにはメイン関数が含まれているため、ガターにアイコンRun icon in the left gutterがあります。マウスポインターをその上に置くと、使用可能なコマンドが表示されます。

Running a script

このアイコンをクリックすると、利用可能なコマンドのポップアップメニューが表示されます。Car を実行を選択してください:

Run command

実行ツールウィンドウにコンソールが表示されます。

Run Tool window

PyCharm でコードを実行する方法の設定の詳細については、実行ノードの節を参照してください。

実行 / デバッグ構成

今すぐスクリプトを実行すると、PyCharm によって一時的な 実行 / デバッグ構成が作成されました。最初にこの設定を保存しましょう。エディターの右上にある実行構成ドロップダウンにジャンプし、構成の保存を選択してください。

Edit Run/Debug configuration

その後、構成の編集を選択して、ここで何が起こっているかを参照してください。

Run/Debug Configuration

PyCharm でプログラムを実行する方法を変更したい場合は、コマンドラインパラメーター、作業ディレクトリなど、さまざまな設定を行うことができます。詳細は実行 / デバッグ構成を参照してください。

この実行構成を使用してスクリプトを開始する場合は、ドロップダウンの横にあるRunボタンを使用します。

要約

PyCharm での最初のスクリプトの完成、おめでとうございます ! PyCharm を使って行ったことを繰り返してみましょう。

  • プロジェクトを作成しました。

  • プロジェクトにファイルを作成しました。

  • ソースコードを作成しました。

  • このソースコードを実行してください。

  • 実行 / デバッグ構成を保存しました。

次のステップでは、PyCharm でプログラムをデバッグする方法を学びます

最終更新日 :

関連ページ:

ようこそ画面

PyCharm は、プロジェクトが開かれていないときにようこそ画面を表示します。例:PyCharm を初めて実行したとき、または開いているプロジェクトの唯一のインスタンスを閉じたとき。この画面から、新しいプロジェクトを作成したり、PyCharm Eduで学習パスを開始したり、既存のプロジェクトをバー...

複数のプロジェクトを開く

この機能は PyCharm のEducationalエディションでは利用できません。PyCharm は、複数のプロジェクトを同時に処理するための以下のオプションを提案しています。各プロジェクトは独自のウィンドウで開きます。プロジェクトは独立しており、クリップボード操作以外の情報は共有できません。すべ...

実行ツールウィンドウ

実行ツールウィンドウには、アプリケーションで生成された出力が表示されます。複数のアプリケーションを実行している場合は、それぞれが実行 / デバッグ構成が適用された後に名前が付けられたタブに表示されます。アプリケーションをre-runすると、新しい出力によってタブの内容が上書きされます。アプリケーショ...

ステップ 2. 最初の Python アプリケーションである PyCharm をデバッグする

問題の原因を突き止める :前のチュートリアルでCarスクリプトを作成して実行したことを覚えていますか?それをもう少し遊んで、関数を次のように変更してみましょう。 def average_speed(self): return self.odomet...