PyCharm 2020.1ヘルプ

SSHを使用してインタープリターを構成する

前提条件

  • PyCharmはsshセッションを介してリモートインタープリターを実行するため、sshサーバーはリモートホスト上で実行する必要があります。

  • ソースをリモートコンピューターにコピーする場合は、リモートサーバー構成を作成する項で説明したように、デプロイ設定を作成します。

SSH資格情報によるリモート Pythonインタープリターの設定

SSH資格情報を介してリモート Pythonインタープリターを構成する

  1. Python(英語)をコンピューターにダウンロードしてインストールしたことを確認してください。

  2. Ctrl+Alt+S を押してプロジェクト設定/環境設定を開きます。

  3. 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sで、プロジェクト<プロジェクト名> | プロジェクト・インタープリターを選択します。 The Configure project interpreter アイコンをクリックして、追加を選択します。

  4. Python インタープリターの追加ダイアログの左側のペインで、SSHインタープリターをクリックします。

  5. 右側のペインで新規サーバー構成を選択し、サーバー情報(ホスト、ポート、およびユーザー名)を指定します。

    adding an interpreter via SSH
    または、既存サーバー構成を選択して、使用可能なデプロイ構成をリストから選択することもできます。
    Existing SSH configuration
    必要に応じて、the Browse button をクリックして、選択したデプロイ構成の接続設定マッピング、および除外パスを確認します。インタープリターの設定を続行するには、次へをクリックします。

  6. 次のダイアログ・ウィンドウで、ターゲット・サーバーに接続するための認証の詳細を入力します。

    specifying authentication details

    パスワードまたはキー・ペア (OpenSSLまたはPuTTY)を選択し、パスワードまたはパスフレーズを入力します。

    次へをクリックして、最終的な設定手順に進みます。

  7. 次のダイアログウィンドウで、目的のPythonインタープリターへのパスを確認します。デフォルトを受け入れるか、別のデフォルトを指定できます。ローカルプロジェクトとサーバー間のパスマッピングを構成する必要があります。これを行うには、フォルダーの同期フィールドの横にある the Browse button をクリックし、ローカルプロジェクトフォルダーへのパスとリモートサーバー上のフォルダーへのパスを入力します。

    Setting SSH mappings

    最低のチェックボックスを選択して、リモートサーバーへのローカル変更の自動アップロードを有効にすることもできます。

  8. sudoを使用してSSHインタープリターを実行するには、sudoを介してroot権限でこのインタープリターを使用してコードを実行するチェックボックスを選択します。root権限はリモートインタープリターを起動するためにのみ有効になります。現在のユーザー権限でファイルがリモートサーバーにコピーされます。

  9. インタープリターの追加を完了するために完了をクリックしてください。rootユーザーとしてインタープリターを追加する場合は、パスワードを入力するように求められます。

    Provide a sudo password

    PyCharmを再起動してもこのインタープリターのパスワードを使用し続けるには、パスワードを記憶するを選択します。root権限で追加されたインタープリターは利用可能なインタープリターのリストでsudoでマークされています。

    Sudo interpreters

最終更新日: 2020年7月2日