PyCharm 2019.3ヘルプ

SSHを使用してインタープリターを構成する

前提条件

  • PyCharmはsshセッションを介してリモートインタープリターを実行するため、sshサーバーはリモートホスト上で実行する必要があります。

  • ソースをリモートコンピューターにコピーする場合は、リモートサーバー構成の作成の項で説明したように、デプロイ設定を作成します。

SSH資格情報によるリモート Pythonインタープリターの設定

SSH資格情報を介してリモート Pythonインタープリターを構成する

  1. Python(英語)をコンピューターにダウンロードしてインストールしたことを確認してください。

  2. どちらかの方法でPython インタープリターの追加ダイアログを開きます。

    • エディターに開いているファイルがある場合、最も便利な方法は、ステータスバーPython インタープリターウィジェットを使用することです。ウィジェットをクリックして、インタープリターの追加 ...を選択する

    • Ctrl+Alt+S を押すか、WindowsおよびLinuxの場合はファイル | 設定を、macOSの場合はPyCharm | 環境設定を選択して、設定/環境設定ダイアログを開きます。

      設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sで、プロジェクト<プロジェクト名> | プロジェクト・インタープリターを選択します。 The Configure project interpreter アイコンをクリックして、追加を選択します。

  3. Python インタープリターの追加ダイアログの左側のペインで、SSHインタープリターをクリックします。

  4. 右側のペインで新規サーバー構成を選択し、サーバー情報(ホスト、ポート、およびユーザー名)を指定します。

    adding an interpreter via SSH
    または、既存サーバー構成を選択して、使用可能なデプロイ構成をリストから選択することもできます。
    Existing SSH configuration
    必要に応じて、the Browse button をクリックして、選択したデプロイ構成の接続設定マッピング、および除外パスを確認します。インタープリターの設定を続行するには、次へをクリックします。

  5. 次のダイアログ・ウィンドウで、ターゲット・サーバーに接続するための認証の詳細を入力します。

    specifying authentication details

    パスワードまたはキー・ペア (OpenSSLまたはPuTTY)を選択し、パスワードまたはパスフレーズを入力します。

    次へをクリックして、最終的な設定手順に進みます。

  6. 次のダイアログウィンドウで、目的のPythonインタープリターへのパスを確認します。デフォルトを受け入れるか、別のデフォルトを指定できます。ローカルプロジェクトとサーバー間のパスマッピングを構成する必要があります。これを行うには、フォルダーの同期フィールドの横にある the Browse button をクリックし、ローカルプロジェクトフォルダーへのパスとリモートサーバー上のフォルダーへのパスを入力します。

    Setting SSH mappings

    最低のチェックボックスを選択して、リモートサーバーへのローカル変更の自動アップロードを有効にすることもできます。

  7. sudoを使用してSSHインタープリターを実行するには、sudoを介してroot権限でこのインタープリターを使用してコードを実行するチェックボックスを選択します。root権限はリモートインタープリターを起動するためにのみ有効になります。現在のユーザー権限でファイルがリモートサーバーにコピーされます。

  8. インタープリターの追加を完了するために完了をクリックしてください。rootユーザーとしてインタープリターを追加する場合は、パスワードを入力するように求められます。

    Provide a sudo password

    PyCharmを再起動してもこのインタープリターのパスワードを使用し続けるには、パスワードを記憶するを選択します。root権限で追加されたインタープリターは利用可能なインタープリターのリストでsudoでマークされています。

    Sudo interpreters

最終更新日: 2020年1月21日

関連ページ:

リモートサーバー構成の作成

リモートサーバーは、別のコンピューター(リモートホスト)上で動作するサーバーです。サーバー上のファイルは、FTP / SFTP / FTPSプロトコルを介してアクセスできます。この設定でサーバーへのアクセスを構成するには、以下を指定する必要があります。接続設定:サーバーホスト、ポート、およびユーザー...

エディターの基本

PyCharmエディターは、コードの作成、読み取り、変更に使用するIDEの主要部分です。エディターは次の領域で構成されています。スクロールバーは現在のファイルのエラーと警告を表示します。パンくずリストは、現在のファイルのコード内を移動できます。ガターには、行番号と注釈が表示されます。タブには、現在開...

ユーザーインターフェースの概要

PyCharmでプロジェクトを開くと、デフォルトのユーザーインターフェースは次のようになります。プラグインのセットと構成設定によっては、IDEの外観と動作が異なる場合があります。エディター:フォーカス:エディターを使用してコードを読み書きします。詳しくは、エディターの基本を参照してください。ナビゲー...

設定/環境設定ダイアログ

WindowsとLinux用のmacOS用現在のプロジェクトに関連する設定はアイコンでマークされています。設定ダイアログでは、PyCharmの動作と外観を制御できます。ダイアログの左上部分にある検索フィールドを使用して、目的のオプションを見つけます。あるいは、検索ボックスにあるカテゴリの階層リスト(...

Vagrantを使用してインタープリターを構成する

PyCharmは、PyCharm設定 のページのVagrantチェックボックスをクリアすることにより、完全に無効にできるプラグインが付属したVagrant機能を実装します。次の前提条件が満たされていることを確認します(PyCharmの外)。OracleのVirtualBoxがコンピューターにインスト...

Dockerを使用してインタープリターを構成する

導入:PyCharmとDockerの統合により、Dockerコンテナーにデプロイされたさまざまな構成の開発環境でアプリケーションを実行できます。前提条件:次の前提条件が満たされていることを確認してください。ページDockerドキュメントに記載されているように、Dockerがインストールされています。...