PyCharm 2019.1ヘルプ

Pythonインタープリターを設定する

PyCharmでは、単一のPythonインタープリターを使用することに限定されません。いくつかを実装することができ、そうすることで特定のプロジェクトにどのインタープリターを使用するかを選択できます。

PyCharmは以下をサポートします:

Pythonインタープリターは以下のレベルで設定できます:

  • 現在のプロジェクト : 現在選択されているPythonインタープリターが現在のプロジェクトに使用されます。

    このレベルでPythonインタープリターを設定することを以下に説明します。新しいインタープリターを作成するか、既存のインタープリターの 1つを使用することができます。

  • 新規プロジェクト : 選択したPythonインタープリターがデフォルトのプロジェクトの代わりに新しいプロジェクトに使用されます。

    セクション純粋なPythonプロジェクトを作成するを参照してください。

新しいプロジェクトインタープリターを作成する

現在のプロジェクトに新しいインタープリターを追加するには:

  1. どちらかの方法でPython インタープリターの追加ダイアログを開きます。

    • エディターにいるとき、最も便利な方法はステータス・バーPython インタープリターウィジェットを使うことです: ウィジェットをクリックしてインタープリターの追加 ...を選択

    • 設定/環境設定ダイアログ(Ctrl+Alt+S)にいる場合は、プロジェクト<プロジェクト名> | プロジェクト・インタープリターを選択してください。 The Configure project interpreter アイコンをクリックして追加を選択します。

  2. 追加するインタープリタータイプを選択して、特定の設定を実行します。

    Python インタープリターの追加ダイアログの左側のペインでVirtualenv 環境を選択します。以下のアクションは、仮想環境が以前に存在していたかどうかによって異なります。

    新しい環境が選択されている場合:

    1. テキストフィールドに新しい仮想環境の場所を指定するか、Virtual environment location をクリックしてファイルシステム内の場所を探します。新しい仮想環境を配置するディレクトリーは空でなければならないことに注意してください。

    2. リストから基本インタープリターを選択するか、Choose the base interpreter をクリックしてファイルシステムで基本インタープリターを見つけます。

    3. グローバルなsite-packagesディレクトリーを継承したい場合は、グローバル site-packages を継承するチェックボックスを選択してください。このチェックボックスはvirtualenv(英語)ツールの --system-site-packages オプションに対応しています。

    4. 必要に応じてすべてのプロジェクトで使用可能にするチェックボックスを選択してください。

    既存の環境が選択されている場合:

    1. 必要なインタープリターを指定します。リストを使用するか、Select an interpreter をクリックしてファイルシステム内でインタープリターを見つけます。

    2. 必要に応じて、チェックボックスすべてのプロジェクトで使用可能にするを選択してください。

    タスクを完了するには、OKをクリックします。

    詳細は仮想環境を構成するを参照してください。

    ユーザベースのバイナリディレクトリーを PATH 環境変数に追加した場合、追加のオプションを設定する必要はありません:pipenv実行ファイルへのパスは自動検出されます。

    Path to the pipenve executable is autodetected

    タスクを完了するには、OKをクリックします。

    PATH 変数を変更していない場合、PyCharmはエラーメッセージPipenv実行ファイルが見つかりませんを表示します。pipenvインストール手順の説明に従って適切な実行可能パスを見つけて、ターゲット文字列を入力します。実行可能なPipenvフィールドに実行可能パスを入力します(例: C:\Users\jetbrains\AppData\Roaming\Python\Python37\Scripts\pipenv.exe (Windows)または /Users/jetbrains/.local/bin/pipenv (macOS))。

    OKをクリックして変更を保存し、タスクを完了します。

    詳細はPipenv環境を構成するを参照してください。

    Python インタープリターの追加ダイアログの左側のペインでConda 環境を選択します。以下のアクションは、Conda環境が以前に存在していたかどうかによって異なります。

    新しい環境が選択されている場合:

    1. テキストフィールドに新しいConda環境の場所を指定するか、Conda environment location をクリックしてファイルシステム内の場所を探します。新しいConda環境を配置するディレクトリーは空でなければならないことに注意してください。

    2. リストからPythonのバージョンを選択します。

    3. テキストフィールドにConda実行可能ファイルの場所を指定するか、Conda executable location をクリックして、Condaインストールディレクトリー内の場所を探します。

    4. 必要に応じてすべてのプロジェクトで使用可能にするチェックボックスを選択してください。

    既存の環境が選択されている場合:

    1. 必要なインタープリターを指定します。リストを使用するか、Select an interpreter をクリックしてファイルシステム内でインタープリターを見つけます(たとえば、C:\Users\jetbrains\Anaconda3\python.exe)。

    2. 必要に応じて、チェックボックスすべてのプロジェクトで使用可能にするを選択してください。

    タスクを完了するには、OKをクリックします。

    詳細はConda仮想環境を構成するを参照してください。

    Python インタープリターの追加ダイアログの左側のペインでシステム・インタープリターを選択します。
    Adding a system interpreter

    インタープリターフィールドに、必要なインタープリター実行可能ファイルへの完全修飾パスを入力するか、Browse icon をクリックして表示されるPython インタープリターの選択ダイアログで、目的のPython実行可能ファイルを選択してOKをクリックします。システムインタープリターのパッケージをインストール、削除、およびアップグレードするには管理者権限が必要です。インテンションアクションを介してインタープリターパッケージをインストールしようとすると、次のエラーメッセージが表示されることがあります。

    System Interpreter warning message
    プロンプトが表示されたら、プロジェクトに仮想環境を使用することを検討してください。

    タスクを完了するには、OKをクリックします。

    詳細はシステムインタープリターを設定するを参照してください。

    Python インタープリターの追加ダイアログの左側のペインで、SSHインタープリターをクリックします。右側のペインで新規サーバー構成を選択してから、サーバー情報(ホスト、ポート、およびユーザー名)を指定します。
    adding an interpreter via SSH
    または、既存サーバー構成を選択して、使用可能なデプロイ構成をリストから選択することもできます。
    Existing SSH configuration
    必要に応じて、The Browse button をクリックして、選択したデプロイ構成の接続設定マッピング、および除外パスを確認します。インタープリターの設定を続行するには、次へをクリックします。

    次のダイアログ・ウィンドウで、ターゲット・サーバーに接続するための認証の詳細を入力します。

    specifying authentication details

    パスワードまたはキー・ペア (OpenSSLまたはPuTTY)を選択し、パスワードまたはパスフレーズを入力します。

    次へをクリックして、最終的な設定手順に進みます。

    次のダイアログウィンドウで、目的のPythonへのパスが解釈されていることを確認します。デフォルトを受け入れるか、別のものを指定することができます。ローカルプロジェクトとサーバー間のパスマッピングを構成する必要があります。これを行うには、フォルダーの同期フィールドの横にある The Browse button をクリックし、ローカルプロジェクトフォルダーのパスとリモートサーバー上のフォルダーへのパスを入力します。

    Setting SSH mappings

    最低のチェックボックスを選択して、リモートサーバーへのローカル変更の自動アップロードを有効にすることもできます。

    詳細はSSHを使ってリモートインタープリターを設定するを参照してください。

    Python インタープリターの追加ダイアログの左側のペインで、Vagrantをクリックします。
    Add an interpreter

    フィールドVagrant インスタンス・フォルダーの横にある参照ボタン The Browse button をクリックし、目的のVagrantインスタンスフォルダーを指定します。

    この結果、VagrantホストURLへのリンクが表示されます。

    Python インタープリター・パスフィールドには、目的のPython実行可能ファイルへのパスが表示されます。デフォルトを受け入れるか、別のものを指定することができます。OKをクリックします。設定済みのリモートインタープリターがリストに追加されます。

    詳細はVagrantを使ってリモートインタープリターを設定するを参照してください。

    ダイアログの左側のペインで、WSLをクリックします。

    Adding a WSL interpreter

    Linuxディストリビューションを選択し、選択したLinuxディストリビューション内のpython実行可能ファイルへのパスを指定します。

    詳細はWSLを使ってリモートインタープリターを設定するを参照してください。

    表示されるダイアログで、Dockerオプションを選択し、ドロップダウンリストからDockerサーバーを選択し(サーバーがない場合は新規...をクリック)、イメージ名を指定します。

    Pythonインタープリターのパスはデフォルト値を持つ必要があります:

    Choose a docker

    タスクを完了するには、OKをクリックします。

    詳細はDockerを使ってリモートインタープリターを設定するを参照してください。

    表示されるダイアログで、Docker Composeオプションを選択し、ドロップダウンリストからDockerサーバー、Docker Composeサービス(ここでは web)、設定ファイル(ここでは docker-compose.yml)、およびイメージ名(ここでは python)を選択します。

    webを選んだのはなぜですか?この選択は、Docker-Composeベースのインタープリターを構成した後、選択したコンテナーの動作を変更する通常の実行構成を作成できるようになるという事実によって説明されます。コンテナー内のコードをデバッグする場合は、ここで選択する必要があります。作成ファイル内の他のすべてのコンテナーは、常にこのファイルとともに起動されますが、PyCharmからの動作に影響を与えることはできません。コマンドラインからコマンド docker-compose up を起動した場合と同じように動作します。

    次に、PyCharmがあなたのDocker-Compose設定を開始してスキャンしてインデックスを作成するのを待ちます:

    Configure remote Python interpreter

    タスクを完了するには、OKをクリックします。

    詳細はDocker Composeを使ってリモートインタープリターを設定するを参照してください。

リモート Pythonインタープリターが追加されると、まずPyCharmヘルパーがリモートホストにコピーされます。PyCharmヘルパーは、パッケージングタスク、デバッガ、テスト、その他のPyCharm機能をリモートで実行するために必要です。次に、バイナリライブラリーのスケルトンが生成され、ローカルにコピーされます。また、すべてのPythonライブラリーソースは、リモートホスト上のPythonパスから収集され、生成されたスケルトンとともにローカルにコピーされます。解決と補完が正しく機能するためには、スケルトンとすべてのPythonライブラリーソースをローカルに格納する必要があります。PyCharmは、リモートを実行するたびにリモートヘルパーのバージョンを確認するため、PyCharmバージョンを更新すると、新しいヘルパーが自動的にアップロードされ、リモートインタープリターを再作成する必要はありません。SFTPサポートは、ヘルパーをサーバーにコピーするために必要です。

既存のプロジェクトインタープリターを設定する

Python インタープリターウィジェットを使用するか、プロジェクト設定/環境設定を使用して、いつでもプロジェクトインタープリターを切り替えることができます。

Pythonインタープリターウィジェットを使用してプロジェクトインタープリターを変更する

Python インタープリターウィジェットはステータス・バーにあります。これは、プロジェクトインタープリターを切り替える最も便利で早い方法です。クリックして目的のインタープリターを選択するだけです。

Project interpreter widget

プロジェクト設定でプロジェクトインタープリターを変更する

  1. 設定/環境設定ダイアログ(Ctrl+Alt+S)で、プロジェクト<プロジェクト名> | プロジェクト・インタープリターを選択します。

  2. 利用可能なインタープリターのリストを展開してすべて表示 リンクをクリックしてください。または、The Configure project interpreter アイコンをクリックしてすべて表示を選択します。

  3. 目的のインタープリターを選択してください。

    View interpreters

    PyCharmが古いPythonバージョンのサポートを中止すると、対応するプロジェクトインタープリターはサポートされていないとマークされます。

  4. 必要に応じて、Edit をクリックして代わりのインタープリター名を入力することもできます。

    Changing interpreter's name
    名前フィールドで指定されたPythonインタープリター名は、使用可能なインタープリターのリストに表示されるようになります。変更を適用するには、OKをクリックします。

最終更新日: 2019年7月15日

関連事項

関連ページ:

システムインタープリターを設定する

システムのPythonインタープリターを設定するには、次の手順を実行します。どちらかの方法でPython インタープリターの追加ダイアログを開きます。エディターにいるとき、最も便利な方法はステータス・バーのPython インタープリターウィジェットを使うことです: ウィジェットをクリックしてインター...

Python

PyCharmでPythonを使用するには、少なくとも1台のPythonインタープリターをインストールしてください。サポートされるバージョン:Python 2: バージョン2.7、Python 3: バージョン3.5からバージョン3.7まで、PyCharmはPython 3.7の以下の機能を統合して...

Pipenv環境を構成する

Pipenvは、Pythonプロジェクトのための仮想環境を作成するために必要なすべての手段を提供するツールです。パッケージをインストールまたはアンインストールするときにPipfileファイルを介して自動的にプロジェクトパッケージを管理します。Pipenvは、確定的なビルドを生成し、作業環境のスナップ...

SSHを使ってリモートインタープリターを設定する

この機能はProfessionalエディションでのみサポートされています。このエディションは有償で、優れた機能を提供します。詳細は比較表を参照してください。前提条件:PyCharmはsshセッションを介してリモートインタープリターを実行するため、sshサーバーはリモートホスト上で実行する必要がありま...

Vagrantを使ってリモートインタープリターを設定する

この機能はProfessionalエディションでのみサポートされています。このエディションは有償で、優れた機能を提供します。詳細は比較表を参照してください。PyCharmは、PyCharm設定のプラグインページでVagrantチェックボックスをクリアすることで、バンドルされたプラグインでVagran...

WSLを使ってリモートインタープリターを設定する

この機能はProfessionalエディションでのみサポートされています。このエディションは有償で、優れた機能を提供します。詳細は比較表を参照してください。Linux用Windows Subsystem(WSL)を使用して、Linuxディストリビューションで利用可能なPythonインタープリターを操...