PyCharm 2018.2ヘルプ

PyCharmのカスタマイズ

プロジェクト設定は、リソース、ファイルの色、バージョン管理オプション、コードスタイルなどの環境設定のセットを指します。プロジェクト設定は、 .idea フォルダの下に一連の xml ファイルとして保存されます。

次の2つのレベルでプロジェクト設定を構成できます。

  • テンプレートプロジェクトのレベル。テンプレートプロジェクト用に定義された設定は、作成したプロジェクトに適用されます。
  • プロジェクト・レベル。このレベルで定義された設定は、現在のプロジェクトにのみ適用されます。

PyCharmでは、設定と構造を2つのレベルで設定できます。プロジェクトレベルとIDEレベル。

プロジェクトレベルの設定と構造

プロジェクト・レベルの設定と構造は、現在のプロジェクトにのみ適用されます。これらの設定は、他のプロジェクトファイルとともに .idea ディレクトリに保存されます。

プロジェクトがバージョン管理下にある場合は、プロジェクト固有の設定(プロジェクトフォルダ内の .idea フォルダ)をバージョン管理下に保存することをお勧めします。ただし、ユーザー固有の設定を保存する workspace.xml および tasks.xmlは例外です。

このJetBrains.gitignore on GitHub(英語)を参照すると、何を無視すべきかを知ることができます。

プロジェクトレベルの設定にアクセスする

  • WindowsおよびLinuxではファイル | 設定、macOSではPyCharm | 環境設定を選択します。

    または、 Ctrl+Alt+Sを押すか、ツールバーの icons general settings svg アイコンを使用します。

IDEレベルの設定と構造

IDEレベルの設定と構造は、現在のプロジェクトと、その後に作成するすべての新規プロジェクトに適用されます。 IDEレベルの設定のリストにはオプションが少なくなっていますが、エディタ設定の変更、カスタムスコープの作成、インスペクションの設定、VCS固有の設定の設定などが可能です。

既存のプロジェクト間でIDE設定を共有する場合は、設定リポジトリーまたは設定の同期プラグインを使用できます。 設定をJARアーカイブにエクスポートするを使用して、後で他のIDEインスタンスにインポートすることもできます。ただし、すでに設定リポジトリーまたは同期プラグインを使用している場合は、設定のインポートが正しく機能しない場合があります。

IDEレベルの設定にアクセスする

  • メインメニューから、WindowsおよびLinuxではファイル | 新しいプロジェクトの設定、macOSではファイル | 新規プロジェクトの設定を選択します。

デフォルト設定を復元する

PyCharmのデフォルト設定を復元するには、IDEが動作していないときに設定ディレクトリ(idea.config.path)を削除します。ディレクトリは次の場所にあります。

<システムドライブ> \ Users \ <ユーザーアカウント名> \: <製品> <バージョン>

〜/ライブラリ/ Preferences / <製品> <バージョン>

Library フォルダはFinderに隠れている可能性があります。

〜/: <PRODUCT> <VERSION>

詳細は、IDEが設定、キャッシュ、プラグイン、ログを保存するために使用するディレクトリ(英語)を参照してください。

最終変更日: 2018年9月17日

関連事項