PyCharm 2020.2ヘルプ

キーボードショートカットの構成

PyCharmには定義済みのキーマップがいくつか含まれており、頻繁に使用するショートカットをカスタマイズできます。

キーマップ構成を表示するには、設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S を開き、キーマップを選択します。

Keymap settings

PyCharmは、環境に基づいて事前定義されたキーマップを自動的に提案します。使用しているOSと一致することを確認するか、使用している別のIDEまたはエディターからのショートカットと一致するもの(Emacsなど)を選択してください。

定義済みのキーマップは変更できません。ショートカットを変更すると、PyCharmは、現在選択されているキーマップのコピーを作成します。このコピーを構成できます。 The Show Scheme Actions icon をクリックして、選択したキーマップを複製し、名前を変更、削除、またはデフォルト値に戻します。

キーマップ自体は、対応するキーボードとマウスのショートカット、および省略形を含むアクションのリストです。名前でアクションを見つけるには、検索フィールドにそれを入力します。アクションのショートカットがわかっている場合は、The Find Action by Shortcut icon をクリックしてショートカット検索ダイアログのキーの組み合わせを押します。

キーボードショートカットを追加する

  1. 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sキーマップページで、アクションを右クリックしてキーボード・ショートカットの追加を選択します。

  2. キーボード・ショートカットの入力ダイアログで、必要なキーの組み合わせを押します。

  3. (オプション)2つの連続したキーの組み合わせを含む複雑なショートカットを定義するには、2 番目のストロークチェックボックスを選択します。

  4. ショートカットを保存するには、OKをクリックします。

押したキーの組み合わせはキーボード・ショートカットの入力ダイアログに表示され、既存のショートカットと競合する場合は警告が表示されます。

マウスショートカットを追加する

  1. 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sキーマップページで、アクションを右クリックしてマウス・ショートカットの追加を選択します。

  2. マウス・ショートカットの入力ダイアログで、マウスポインタを中央の領域に移動し、必要に応じてクリックまたはスクロールします。

  3. ショートカットを保存するには、OKをクリックします。

実行されたマウス操作はマウス・ショートカットの入力ダイアログに表示され、既存のショートカットと競合する場合は警告が表示されます。

略語を追加

省略形を使用して、ショートカットなしで素早くアクションを見つけることができます。例: Ctrl+Shift+A キーを押して色およびフォントにジャンプアクションの名前を入力すると、現在のキャレット位置にある要素の色とフォントの設定をすばやく変更できます。このアクションに略語(JCFなど)を割り当てた場合は、完全なアクション名の代わりにそれを入力できます。

  1. 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sキーマップページで、アクションを右クリックして略語の追加を選択します。

  2. 略語ダイアログで、希望の略語を入力してOKをクリックします。

アクションのショートカットをデフォルトにリセットする

アクションのショートカットを変更、追加、または削除した場合、初期設定にリセットできます。

  • 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sキーマップページで、アクションを右クリックしてショートカットのリセットを選択します。

ユーザー定義のキーマップの場所

すべてのユーザー定義のキーマップは、PyCharm構成ディレクトリのkeymapsサブディレクトリの個別の構成ファイルに保存されます。

構文
%APPDATA%\JetBrains\<product><version>\keymaps
サンプル
C:\Users\JohnS\AppData\Roaming\JetBrains\PyCharm2020.2\keymaps
構文
~/Library/Application Support/JetBrains/<product><version>/keymaps
サンプル
~/Library/Application Support/JetBrains/PyCharm2020.2/keymaps
構文
~/.config/JetBrains/<product><version>/keymaps
サンプル
~/.config/JetBrains/PyCharm2020.2/keymaps

各キーマップファイルには、親キーマップに対する相違点のみが含まれています。

これらのファイルを使用して、カスタムキーマップをチームメンバーと共有したり、IDEインスタンス間で共有したりできます。対応するキーマップファイルをコピーし、別のPyCharmのインストールにキーマップのディレクトリにそれを置きます。

グローバルOSショートカットとの競合

定義済みのキーマップは、可能性のあるすべてのプラットフォーム、バージョン、および設定を網羅しているわけではありません。一部のショートカットは、グローバルなシステムの動作やサードパーティ製ソフトウェアのショートカットと競合する可能性があります。これらの競合を修正するには、競合しているショートカットを再割り当てまたは無効にします。

PyCharmは競合を検出し、ポップアップメッセージで通知します。

Notification on conflicting shortcuts

ショートカットを変更するをクリックしてキーマップ設定ダイアログを開き、必要な調整を行うことができます。

Adjust conflicting shortcuts

macOSとUbuntuの既知のショートカットの競合のいくつかの例を以下に示します。また、システムでファンクションキーが有効になっていることを確認することをお勧めします。

OSショートカットシステムアクションPyCharmアクション (デフォルトのキーマップ)
macOS⌃Space前の入力ソースを選択する基本コード補完
Ctrl+Shift+Aターミナルでmanページのインデックスを検索アクションの検索
Ctrl+Click とドラッグ右マウス・ボタン・クリックします選択したテキストをコピーしてドラッグする
UbuntuCtrl+Alt+Sシェードウィンドウ設定
Ctrl+Alt+Lロック画面コードの再フォーマット
Ctrl+Alt+Tターミナルの起動囲む
Ctrl+Alt+F12tty12仮想コンソールを開くファイル・パス
Ctrl+Alt+Left
Ctrl+Alt+Right
ワークスペース間の切り替えナビゲーション操作の取り消し/やり直し
Alt+F7ウィンドウを移動する使用箇所の検索
Alt+F8サイズ変更ウィンドウ式の評価
最終更新日: 2020年8月19日