PyCharm 2020.1ヘルプ

Jupyterノートブックサーバーの管理

PyCharmでは、以下を使用してコードセルを実行できます。

  • 管理対象サーバー - 現在のプロジェクト用にPyCharmによって自動的に起動されるJupyterサーバー。PyCharmを閉じると終了します。

  • 構成済みサーバー - URLとトークンを指定して接続するJupyterサーバー。

Jupyterサーバーを起動する

Jupyterサーバーを実行するには、コードセルを実行するだけです。セル実行を開始すると、PyCharmは、使用可能な任意のポート(デフォルトでは8888ポート)を使用してローカルホスト上のJupyterサーバーを起動します。Jupyter サーバーツールウィンドウに切り替えて、サーバーの構成の詳細をプレビューできます。

Jupyter server is running. Jupyter tool window

サーバーが起動すると、Jupyterツールバーのサーバーのリストに管理対象サーバーとして表示されます。カーネルのリストで、自動的に作成されたサーバーカーネルを確認することもできます。このカーネルはPyCharmプロジェクトインタープリターに基づいています。

Jupyter notebook toolbar; Managed server is connected

    Jupyterサーバーを停止する

    実行中のサーバーを停止するには、Jupyter サーバーツールウィンドウに切り替えて the Stop button アイコンをクリックするか、Jupyter クイック・リストで対応するコマンドを選択します。サーバーログウィンドウでステータスをプレビューします。

    Stopping the server

    サーバーをシャットダウンすると、現在のセッションは終了します。次回 Run server icon アイコンまたはJupyter クイック・リストを使用してサーバーを起動すると、以前のすべてのセッションとすべてのノートブックの実行結果が失われます。

      カーネルを再起動する

      サーバー全体をシャットダウンして他のノートブックに影響を与えずに計算をリフレッシュすることをお勧めします。現在実行中のカーネルを再起動するには、JupyterノートブックツールバーKernels をクリックし、メニューからカーネルを再起動コマンドを選択して、サーバーログウィンドウでステータスをプレビューします。

      .
      Restarting the current kernel

        ノートブックのコードセルは特定のJupyterサーバー上で実行できます。

        Jupyterサーバーを構成する

        管理対象サーバーを起動すると、デフォルトでは現在のプロジェクトインタープリターと自動的に選択されたポートが使用されます。ただし、PyCharmインスタンスで利用可能な他のインタープリターを選択して代替ポートを指定することはできます。URLとトークンがわかっていれば、設定済みのサーバーに接続することもできます。

        1. サーバー設定を開くには、JupyterサーバーのリストからJupyter サーバーの構成を選択します。Configure a Jupyter server

        2. サーバーオプションを設定します。

          • デフォルトのJupyterサーバーをカスタマイズするには、Jupyter サーバーダイアログで管理対象サーバーを選択し、Python インタープリターリストからローカルPythonインタープリターを選択します。

            Select an interpreter for the managed server

          • 自動的に検出されたポートを変更するには、その番号をポートフィールドに入力します。

            Specifying the port number for the managed server

          • 実行中のJupyterサーバーに接続するには、Jupyter サーバーダイアログで構成済みサーバーを選択し、URLとトークンを含むサーバーのパスを指定します。

            Configure a Jupyter server. Settings dialog

        3. 構成が完了したら、適用およびOKをクリックします。

        4. 次に、構成済みサーバーに明示的に切り替えるには、Jupyterツールバーのサーバーのリストから現在の Jupyter サーバーに切り替えるを選択します。

          Switch to the current Jupyter Server
        5. 任意のコードセルを実行して管理対象サーバーを実行するか、または実行中の構成済みサーバーに接続します。

        6. 次の警告が表示された場合は、新しく設定されたサーバーのカーネルが現在のプロジェクトインタープリターと一致しません。例:インストールされているパッケージのセットが異なる可能性があります。

          Warning requesting to register interpreter as a kernel

          対応するリンクをクリックして、設定したサーバーにプロジェクトインタープリターをカーネルとして登録できます。その後、設定したサーバーのカーネルのリストにそれが表示されます。

          Two kernels are registered for the configured server
        最終更新日: 2020年6月23日

        関連ページ:

        Jupyterノートブックコードセルの実行とデバッグ

        Jupyterノートブックファイルのコードフラグメントは、実行可能なセルとして構造化されています。各セルはコメントでマークされており、ガターのアイコンをクリックすることで独立して実行できます。すべてのセルを一度に実行するには、Jupyterツールバーのをクリックします。コードセルを実行するターゲット...

        Pythonインタープリターを構成する

        PyCharmでPythonコードを使用するには、少なくとも1つのインタープリターを構成する必要があります。Pythonインタープリターを1つだけ使用することに限定されません。いくつかを実装することができます。その際、特定のプロジェクトに使用するインタープリターを選択します。When you con...

        Jupyterノートブックのサポート

        With Jupyter Notebook integration available in PyCharm , you can easily edit, execute, and debug notebook source code and examine execution outputs in...

        対話的なウィジェットを使用する

        PyCharmは、ノートブックカーネルで実行されているPythonコードとブラウザーで実行されているJavaScriptを統合する対話的なウィジェットをサポートしています。対話型ウィジェットの多様性と詳細については、Jupyterウィジェットのドキュメントを参照してください。Jupyterノートブッ...