PyCharm 2020.2 ヘルプ

色とフォントの構成

開発者として、エディターのソースコード、検索結果、デバッガー情報、コンソールの入出力など、多くのテキストリソースを使用します。色とフォントスタイルは、このテキストの書式設定に使用され、一目で理解しやすくなります。

PyCharm は、好適な色とフォントを定義するカラースキームを使用しています。

Default color schemes for Python

事前定義された配色を使用するか、あなたの好みに合わせてカスタマイズすることができます。スキームを共有することも可能です。

配色を選択

  1. 設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S で、エディター | カラースキームの切り替えを選択します。

  2. 配色を選択するには、スキームリストを使用します。

    Select the color scheme

デフォルトでは、次の定義済みの配色があります。

  • クラシックライト : macOS Light および Windows 10 Light テーマ用に設計されたクラシックなライトの配色

  • Darcula : Darcula テーマ用に設計された配色

  • ハイコントラスト : 視力多様性のあるユーザー向けに設計された配色(ハイコントラストテーマ)。

  • IntelliJ Light : IntelliJ Light テーマ用に設計された配色

配色をカスタマイズする

定義済みの配色をカスタマイズできますが、カスタムの色とフォントの設定を複製することをお勧めします。

配色を複製する

  1. 設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S で、エディター | カラースキームの切り替えを選択します。

  2. 配色を選択してthe Settings iconをクリックしてから複製をクリックします。

  3. (オプション)カスタムスキームの名前を変更するには、the Settings iconをクリックして名前変更を選択します。

色とフォントの設定を定義するには、エディター | カラースキームの切り替えノードを展開します。設定はセクションに分かれています。例:一般セクションは、ガター、行番号、エラー、警告、ポップアップ、ヒントなどの基本的なエディターの色を定義します。言語デフォルトセクションには、デフォルトでサポートされているすべてのプログラミング言語に適用される、共通の構文ハイライト設定が含まれています。ほとんどの場合、言語デフォルトを構成し、必要に応じて特定の言語に合わせて調整するだけで十分です。要素の継承された色設定を変更するには、次の値を継承チェックボックスをオフにします。

Language Defaults section under Color Scheme settings

セマンティックハイライト

デフォルトでは、カラースキームは、ソースコード内の予約語やその他の記号(演算子、キーワード、提案、文字列リテラルなど)の構文のハイライトを定義します。多くのパラメーターとローカル変数を持つ関数またはメソッドがある場合、一目で互いに区別するのは難しい場合があります。セマンティックハイライトを使用して、各パラメーターとローカル変数に異なる色を割り当てることができます。

セマンティックハイライトを使用可能にする

  1. 設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S で、エディター | カラースキームの切り替え | 言語デフォルト | セマンティックハイライトを選択します。

  2. 必要に応じてセマンティックハイライトチェックボックスを選択し、色範囲をカスタマイズします。

Semantic highlighting

配色を共有する

特定の配色に慣れている場合は、あるインストールからエクスポートして別のインストールにインポートできます。配色を他の開発者と共有することもできます。

配色を XML としてエクスポート

PyCharm はあなたの配色設定を .icls 拡張子を持つ XML ファイルとして保存することができます。その後、ファイルを別のインストールにインポートすることができます。

  1. 設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S で、エディター | カラースキームの切り替えを選択します。

  2. スキームリストから配色を選択し、The Settings iconをクリックしてからエクスポートをクリックして IntelliJ IDEA カラースキーム (.icls) を選択します。

  3. ファイルの名前と場所を指定して保存します。

配色をプラグインとしてエクスポートする

プラグインは、他の人がインストールできるようにプラグインリポジトリにアップロードできます。この形式には、メタデータ、フィードバック、ダウンロード統計、バージョン管理など、XML ファイルに比べていくつかの利点があります(プラグインの新しいバージョンをアップロードすると、ユーザーに通知されます)。

  1. 設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S で、エディター | カラースキームの切り替えを選択します。

  2. スキームリストから配色を選択し、The Settings iconをクリックしてからエクスポートをクリックして配色プラグイン .jar を選択します。

  3. カラースキームプラグインを作成するダイアログで、バージョン詳細とベンダー情報を指定します。次に OK をクリックします。

配色をインポートする

  1. 設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S で、エディター | カラースキームの切り替えを選択します。

  2. スキームリストから配色を選択し、The Settings iconをクリックしてからインポートスキームをクリックします。

フォント

デフォルトのフォントをカスタマイズするには、設定 / 環境設定 Ctrl+Alt+Sエディター | フォントページを開きます。このフォントはデフォルトで使用され、すべての配色で継承されます。

配色フォントをカスタマイズする

現在のスキームに異なるフォントを設定できます。

  1. 設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S で、エディター | カラースキームの切り替え | 色スキームフォントを選択します。

  2. デフォルトの代わりに配色フォントを使用するチェックボックスを選択します。

コンソールフォントをカスタマイズする

デフォルトでは、コンソール内のテキストは配色と同じフォントを使用します。コンソールで別のフォントを使用するには:

  1. 設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S で、エディター | カラースキームの切り替え | コンソールフォントを選択します。

  2. デフォルトの代わりにコンソールフォントを使うチェックボックスを選択します。

生産性のヒント

現在のシンボルの配色設定を確認する

  • 必要な記号にキャレットを置き、Ctrl+Shift+A を押して、色およびフォントにジャンプアクションを見つけて実行します。

これにより、キャレットのシンボルに関連する配色設定が開きます。

エディターで現在使用されているフォントを確認する

  1. Ctrl+Shift+A を押して、フォントを表示などのクエリの入力を開始します。

  2. リストからエディターが使用するフォントを表示アクションを選択し、Enter を押して実行します。

    フォントのリストを含むエディターが使用するフォントダイアログが開きます。

最終更新日 :