PyCharm 2020.3 ヘルプ

Conda 仮想環境を構成する

PyCharm は、Conda(英語) を使用した Python の仮想環境の作成をサポートしています。次の手順は、サポートされているすべてのオペレーティングシステムに適用されます。このページの上部にあるプラットフォームスイッチャーを使用して、オペレーティングシステムに固有のショートカットを表示します。

Creating a Conda environment

Conda 環境を作成するには

  1. Anaconda(英語) または Miniconda(英語) がダウンロードされてコンピューターにインストールされていること、およびその実行可能ファイルへのパスがわかっていることを確認してください。

    詳細については、インストール手順(英語)を参照してください。

  2. Ctrl+Alt+S を押してプロジェクト設定 / 環境設定を開きます。

  3. 設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S で、プロジェクト <プロジェクト名> | Python インタープリターを選択します。The Configure project interpreter アイコンをクリックして、追加を選択します。

    Selecting the Add command to create a new Python interpreter
  4. Python インタープリターの追加ダイアログの左側のペインで Conda 環境を選択します。以下のアクションは、Conda 環境が以前に存在していたかどうかによって異なります。

    新しい環境が選択されている場合:

    1. テキストフィールドに新しい Conda 環境の場所を指定するか、Conda environment location をクリックしてファイルシステム内の場所を探します。新しい Conda 環境を配置するディレクトリは空でなければならないことに注意してください。

    2. リストから Python のバージョンを選択します。

    3. テキストフィールドに Conda 実行可能ファイルの場所を指定するか、Conda executable location をクリックして Conda インストールディレクトリ内の場所を見つけます。基本的に、マシンに Conda をインストールするときに使用したパスを探しています。

    4. 必要に応じてすべてのプロジェクトで使用可能にするチェックボックスを選択してください。

    既存の環境が選択されている場合:

    1. インタープリターリストを展開して既存のインタープリターを選択します。あるいは、Select an interpreter をクリックして、ファイルシステム内の Conda 実行可能ファイルへのパス(例: C:\Users\jetbrains\Anaconda3\python.exe)を指定します。

    2. 必要に応じて、チェックボックスすべてのプロジェクトで使用可能にするを選択してください。

  5. タスクを完了するには、OK をクリックします。

PyCharm は、environment.yml ファイルに基づいてプロジェクトの Conda 環境を作成できます。

environment.yml ファイルを使用して Conda 環境を作成する

  1. environment.yml ファイルを含むソースファイルで任意のディレクトリを開きます。メインメニューからファイル | 開くを選択し、ディレクトリを選択します。

  2. このプロジェクト用に Conda 環境が作成されていない場合、PyCharm はそれを作成することを提案します。

    Create a Conda environment using the requirements.txt file

  3. 提案されたオプションを保持するか、代替の Conda 実行可能ファイルを指定します。OK をクリックしてタスクを完了します。

OK をクリックすると、PyCharm は環境を作成し、必要なすべてのパッケージをインストールします。

Conda 環境を作成するという提案を無視すると、PyCharm はプロジェクトの Python インターパーターを作成しないことに注意してください。.py ファイルを開くと、プロジェクトインタープリターを構成するためのオプションを含む警告が表示されます。

Warning with options for configuring a project interpreter

構成済みの Python インタープリター(ただし Docker-based を除く)のいずれかについて、以下を行うことができます。

関連ページ:

インタープリターパスのインストール、アンインストール、アップグレード

PyCharm は、選択されたインタープリターにパスを追加することを可能にします。これらのパスは環境変数に追加されます。また、PyCharm はこれらのパスのインデックスを作成し、コードのオブジェクト(たとえば、パッケージのインポート)を解決します(潜在的に)。インタープリターのパスを表示するにはプロジェクト設定の Python インタープリターページで、ボタンをクリックします。一覧で、すべて表示... をクリックします。利用可能なインタープリターが Python インタープリターダイアログに表示され...

パッケージのインストール、アンインストール、アップグレード

PyCharm は、特定の Python インタープリターの Python パッケージをインストール、アンインストール、アップグレードする方法を提供します。デフォルトでは、PyCharm は pip を使用してプロジェクトパッケージを管理します。Conda 環境では、conda パッケージマネージャーを使用できます。Python インタープリターの Python パッケージを管理するには、プロジェクト設定 / 環境設定で Python インタープリターページを選択するか、ステータスバーの Pytho...

Pipenv 環境を構成する

Pipenv は、Python プロジェクトの仮想環境を作成するために必要なすべての手段を提供するツールです。パッケージをインストールまたはアンインストールすると、Pipfile ファイルを介してプロジェクトパッケージが自動的に管理されます。Pipenv は、確定的なビルドを生成し、作業環境のスナップショットを作成するために使用される Pipfile.lock ファイルも生成します。これは、プロジェクトの要件とパッケージのバージョンが重要な場合に、セキュリティに敏感なデプロイに特に役立ちます。pipen...

WSL を使用してインタープリターを構成する

Linux 用 Windows Subsystem(WSL)を使用して、Linux ディストリビューションで利用可能な Python インタープリターを操作することができます。準備ステップを実行する Python をコンピューターにダウンロードしてインストールしたことを確認してください。画面の左下隅にある Windows ボタンをクリックし、の入力を開始します。システムが WSL でうまく動作するように、Windows を最新の使用可能なバージョンにアップグレードしてください。Linux 用の Wi...