PyCharm 2020.2ヘルプ

デプロイされたファイルとフォルダーをローカルバージョンと比較する

PyCharmプロジェクト内のファイルとフォルダーとサーバー上のそれらのバージョン間の対応は、デプロイサーバーマッピングを介して設定されます。簡単にするために、サーバーが実際にマシンにインストールされている場合でも、PyCharmプロジェクト内のファイルまたはフォルダーはローカルと呼ばれ、サーバー上のファイルまたはフォルダーはリモートと呼ばれます。詳細については、Webサーバーとの同期を構成するを参照してください。

サーバーにアクセスする

  1. メインメニューからツール | デプロイ | リモート・ホストの参照または表示 | ツール・ウィンドウ | リモート・ホストを選択してリモートホストツールウィンドウを開きます。

  2. リストから必要なデプロイサーバーを選択します。ツールウィンドウには、サーバールートの下にあるファイルとフォルダーのツリービューが表示されます。リストに該当するサーバーがない場合は、the Browse buttonをクリックし、表示されるデプロイダイアログで、必要なサーバーへのアクセスを構成します

サーバー上のファイルとフォルダーをローカルバージョンと比較する

各リモートファイルまたはフォルダーは、1つだけのローカルファイルまたはフォルダーにマップされます。リモートファイルまたはフォルダーごとに、PyCharmがローカルバージョンを検出するため、いつでも差分ビューアーで比較できます。

リモートファイルをローカルバージョンと比較する

  1. リモートホストツールウィンドウツール | デプロイ | リモート・ホストの参照または表示 | ツール・ウィンドウ | リモート・ホスト)を開き、リストから必要なデプロイサーバーを選択します。

  2. ファイルを選択して、そのコンテキストメニューからローカルバージョンと比較を選択します。

  3. 開いたファイルの差分ビューアーダイアログで、違いを調べ、必要に応じて Replace from right ボタンを使用して適用します。詳しくはファイル間の相違の表示を参照してください。

リモートフォルダーとそのローカルバージョンを比較する

  1. リモートホストツールウィンドウツール | デプロイ | リモート・ホストの参照または表示 | ツール・ウィンドウ | リモート・ホスト)を開き、リストから必要なデプロイサーバーを選択します。

  2. フォルダーを選択して、選択のコンテキストメニューからローカルとの同期を選択します。

  3. 開いたフォルダーの差分ビューアーで、必要に応じて違いを確認し、ファイルを同期します。差分ビューアーで2つのフォルダーを比較するを参照してください。

ローカルファイルとフォルダーをサーバー上のバージョンと比較する

ローカルファイルまたはフォルダーは無制限の数のリモート版にマップできるため、PyCharmはローカルファイルまたはフォルダーのリモートバージョンを、デフォルトのデプロイサーバーを介してマップされた場合にのみ一意に識別できます。そのようなデフォルトのデプロイサーバーが指定されていない場合は、関連する構成を手動で選択する必要があります。サーバーグループは一貫性を保つ目的でのみサーバー選択リストに表示されることに注意してください。現在、ローカルファイルをサーバーグループにデプロイされたファイルと比較することはできません。

ローカルファイルとそのリモートバージョンを比較する

  1. プロジェクトツールウィンドウでファイルを選択してください。

  2. コンテキストメニューで、デフォルトサーバーが指定されている場合はデプロイ | <既定のサーバーアクセス構成>のデプロイバージョンと比較を選択します。それ以外の場合は、デプロイ先と同期を選択し、リストから関連するサーバーを選択します。

  3. ファイルの差分ビューアーダイアログが開きるため、必要に応じて Apply from right icon ボタンを使用して違いを調べ、適用します。詳しくはファイル間の相違の表示を参照してください。

ローカルフォルダーとそのリモートバージョンを比較する

  1. プロジェクトツールウィンドウでフォルダーを選択してください。

  2. デフォルトのサーバーが指定されている場合は、選択のコンテキストメニューから<既定のデプロイサーバーにデプロイされた状態で同期>を選択します。それ以外の場合は、デプロイ先と同期を選択してから、リストから該当するサーバーを選択します。

  3. 開いたフォルダーの差分ビューアーで、必要に応じて違いを確認し、ファイルを同期します。差分ビューアーで2つのフォルダーを比較するを参照してください。

ローカルで変更されたファイルとリモートのバージョンを比較する

  1. ローカルで変更されたファイルを表示するには、ローカルの変更ビューに切り替えます。

  2. ファイルを右クリックして、コンテキストメニューからデプロイ | デプロイ先と比較を選択し、リストからターゲットデプロイサーバーを選択します。デフォルトのサーバーグループが指定されている場合は、<デフォルトデプロイサーバー>にデプロイされたものと比較も選択できます。

詳細はバージョン管理下のファイルを管理するを参照してください。

VZリポジトリと同期したファイルとリモートバージョンを比較する

  1. Ctrl+T を押すか、メインメニューからVCS | <VCS> | 更新を選択して、ローカルファイルの内容をVCSリポジトリと同期させます。

  2. バージョン管理ツールウィンドウ Alt+9更新情報タブに切り替えます。

  3. ファイルを右クリックして、コンテキストメニューからデプロイ | デプロイ先と比較を選択し、リストからターゲットデプロイサーバーを選択します。デフォルトのサーバーが指定されている場合は、<デフォルトデプロイサーバー>にデプロイされたものと比較も選択できます。

差分ビューアーでの2つのフォルダーの比較と同期

PyCharmは、リモートフォルダー内のファイルとそのローカルバージョンをファイルサイズ、コンテンツ、またはタイムスタンプと比較するための専用のフォルダーの差分ビューアーを提供します。差異を調べるだけでなく、このツールはフォルダーの内容を同期させるためのインターフェースも提供します。

  • アイテムリストには、ローカルフォルダーとリモートフォルダーの内容が表示されます。ツールバーボタンを使用して、表示するアイテムのセットを絞り込んだり広げたりします。例:ローカルまたはリモートにのみ存在するファイル、等しいファイル、異なるファイル、同期から除外されたファイルなどを表示または非表示にします。

  • リモートフォルダーの内容は常に右側のペインに表示され、ローカルバージョンの内容は常に左側のペインに表示されます。

  • 選択したファイルの内容が下部ペインに表示され、相違点が色で強調表示されます。差分ビューアーのリモートファイルは read-only ステータスになります。つまり、差分ビューアーで直接アップデートすることはできません。ファイルのローカルバージョンに必要な変更をすべて加えて、更新されたファイルをサーバーにアップロードします。

2つのフォルダーを比較する

  1. 比較のためのパラメータを指定します。次で比較リストで、可能なオプション(内容、サイズ、またはタイムスタンプ)の1つを選択します。

  2. フォルダーの内容をフィルタリングします。これを行うには、フィルターフィールドにフィルタリング文字列を入力し、Enter を押して適用します。任意の数の文字を表すためにアスタリスク * ワイルドカードを使用することは大歓迎です。

  3. 比較する別のフォルダーのペアに切り替えるには、それらへの完全修飾パスを更新します。パス読み取り専用フィールドの横にある the Browse button をクリックし、開いたダイアログで必要なフォルダーを選択します。

  4. 検出された差分ペインのファイルの違いを調べましょう。

    Comparing folders

2つのフォルダーの内容を同期する

  1. アイテムのペアごとに、*フィールドのアイコンが、適用するアクションを指定します。必要な処置が設定されるまで、フィールドのアイコンをクリックします。

    • Icon arrow right ファイルがアップロードされ、おそらくリモートバージョンを上書きします。

    • Icon arrow left ファイルがダウンロードされ、おそらくローカルバージョンを上書きします。

    • Icon equal は、選択された比較基準に関してファイルが同一に扱われます。デフォルトでは何も実行されません。

    • Icon not equal は、選択された比較基準に従ってファイルが異なります。デフォルトでは何も実行されません。差分ビューアー差分ペインの相違点を調べ、アイコンをクリックして目的の動作を変更します。

    • Close ファイルはローカルまたはリモートのみに存在し、削除されます。

  2. 以下のいずれか 1 つを実行します:

    • 現在選択されている項目を同期するには、ツールバーの選択したものを同期化 ボタン Resume icon をクリックします。

    • すべての項目を同期するには、ツールバーのすべて同期化ボタン Rerun icon をクリックします。

最終更新日: 2020年8月19日

関連ページ:

ローカルサーバー構成を作成する

ローカルサーバー構成では、開発を行ってから、ソースをサーバーにコピーします。ローカルサーバーは、ローカルフォルダーまたはマウントされたフォルダーで実行されているサーバーであり、そのドキュメントルートはプロジェクトルートの親ではありません。この設定でサーバーへのアクセスを構成するには、次のように指定す...

Webサーバーとの同期を構成する

PyCharmはin-place、ローカル、およびリモートサーバーを区別しますが、PyCharmのコンテキストにおけるこれらの用語の意味は、それらの一般的な意味とは少し異なります。インプレースサーバー構成では、Webサーバーがコンピューターで実行されており、プロジェクトはドキュメントルート(たとえば...

ファイル、フォルダー、テキストソースを比較する

PyCharmを使用すると、任意の2つのファイル、フォルダー、テキストソース、またはデータベースオブジェクトの間、およびローカルファイルとそのリポジトリバージョン間の違いを確認できます。2 つのファイルの比較:PyCharmはファイルの差分ビューアーに差分を表示します:変更を適用するには、シェブロン...

フォルダーの差分ビューアー

プロジェクトツールウィンドウ | フォルダーのコンテキストメニュー | ディレクトリとの比較プロジェクトツールウィンドウ | 選択した2つのフォルダーのコンテキストメニュー | ディレクトリの比較プロジェクトツールウィンドウ | フォルダーのコンテキストメニュー | デプロイ先と同期リモートホストツ...

インプレースサーバー構成を作成する

インプレースサーバー構成では、Webサーバーがコンピューターで実行されており、プロジェクトはドキュメントルート(たとえば、/htdocsフォルダー)にあり、サーバーで直接開発を行います。インプレースサーバーのドキュメントルートは、プロジェクトルートの親です。ドキュメントルートは、WebルートまたはW...

プロジェクトツールウィンドウ

このツールウィンドウを使用すると、プロジェクトをさまざまな観点から見て、新しい項目(ディレクトリ、ファイル、クラスなど)の作成、エディターでのファイルの開き、目的のコードフラグメントへの移動などのタスクを実行できます。このツールウィンドウのほとんどの機能には、コンテンツペインのコンテキストメニューコ...