PyCharm 2019.1ヘルプ

セル

セルを使った基本操作

表のセルの値を変更し、必要に応じてファイルをアップロードすることができます。

アクション

ショートカット

説明

編集

F2

セル値を編集します。または、セルを選択して新しい値を入力します。変更を確定するには、Enterを押します。

最大化して編集

Shift+Enter

編集用にセルを拡張します。変更を確定するには、Ctrl+Enterを押します。

新しい行を追加

Ctrl+Enter

通常の編集モードで新しい行を追加します(F2)。

選択の復元

Ctrl+Alt+Z

前のセル値を復元します。

最大化

Ctrl+Shift+Alt+M

選択したセルを展開します。

最大化されたセルに新しい行を追加する

Enter

最大化編集モード(Shift+Enter)で新しい行を追加します。変更を確定するには、Ctrl+Enterを押します。

デフォルト値を設定

Ctrl+Alt+D

現在のセル値をデフォルト値に設定します。デフォルト値を設定する方法について詳しくは、セルにデフォルト値を設定するを参照してください。

Set the default value

NULL値を設定してください

Ctrl+Alt+N

現在のセル値をNULL値に設定します。デフォルト値を設定する方法について詳しくは、セルにデフォルト値を設定するを参照してください。

Set the NULL value

ファイルの読み込み

ファイルをフィールドにアップロードします。セルを右クリックしてファイルの読み込みを選択します。

編集

F2 または Shift+Enter

SQL、HTML、XML、またはその他のサポートされている言語のフラグメントとしてセル内の値を編集します。

Edit a value in the cell as a fragment of a supported language

値補完

Ctrl+Space

候補リストを開きます。値補完を起動するには、セルの編集を開始して Ctrl+Spaceを押します。リストには、現在の列の入力と一致する値が含まれています。

選択内容に同じ内容のセルを追加する

Alt+J

同じ内容の最も近いセルを選択範囲に追加します。選択範囲からセルを削除するには、Shift+Alt+Jを押します。

選択範囲をセルからテーブルに拡張する

Ctrl+W

選択範囲をセルからテーブルに拡張します。

  • 1回押すと、選択範囲が列に拡大されます。

  • 2回押すと、選択が列から行に切り替わります。

  • 3回押すと、選択範囲がテーブル全体に拡大されます。

セルを比較する

Ctrl+Shift+D

1つのテーブル内の2つまたは3つのセルの内容を比較します。最大3つのセルを選択して Ctrl+Shift+Dを押します。あるいは、選択を右クリックしてセルの比較を選択します。

Compare cells

セルにデフォルト値を設定する

新しい行が作成され、一部のセルに値が指定されていない場合、それらのセルはそれぞれのデフォルト値(Ctrl+Alt+D)またはNULL値(Ctrl+Alt+N)で埋められます。

セルにデフォルト値を設定すると、コンテキストメニューから対応するアクションを使用できます(デフォルトの設定null セット)。

  1. データベースツールウィンドウ(表示 | ツール・ウィンドウ | データベース)で、データソースツリーを展開します。

  2. テーブルを右クリックして、「テーブルの変更(Ctrl+F6)」を選択します。

  3. タブで、編集したい列をダブルクリックします。

  4. デフォルトフィールドに、列のセルのデフォルト値を指定します。NULL値を許可するには、nullではないチェックボックスをオフにします。

クイックドキュメントビューを使用する

クイックドキュメントビューには、選択したセルの値に関する詳細が表示されます。例:セルに長いテキストが含まれている場合は、テキスト全体が表示されます。セルにイメージが含まれている場合は、イメージのプレビューが表示されます。また、現在のレコードで参照されているレコードだけでなく、現在のレコードで参照されているレコードも表示できます。

オブジェクト

ドキュメンテーション・ビュー

ロングテキスト

セルに長いテキストが含まれている場合は、テキスト全体が表示されます。

Quick documentation view for long texts

イメージ

セルにイメージが含まれている場合は、イメージのプレビューが表示されます。

Quick documentation view for images

レコード

レコードのクイックドキュメントビューには、現在のレコードで参照されているレコードと現在のレコードを参照しているレコードが表示されます。

Quick documentation view for an image

転置ビューに切り替えることができます。転置ビューでは、行と列が入れ替わります。

転置表示に切り替えるには、転置ビューをクリックします。テーブル内の転置ビューの詳細については、テーブルを転置するを参照してください。

§
Transposed view for records

複数のセル値を同時に編集する

  1. 編集したいセル範囲を選択します。

  2. 新しい値を入力してください。変更は選択したすべてのセルに適用されます。

  3. 値を確認するには、Enterを押します。編集を中止するには、Escapeを押します。

ファイルにLOBを保存する

バイナリラージオブジェクト(英語) (BLOBまたはLOB)をセルからファイルに保存できます。

  1. LOBを含むセルを右クリックして、LOB の保存を選択します。

  2. 保存ダイアログで、ファイルの名前と場所を指定してOKをクリックします。

最終更新日: 2019年7月15日