PyCharm 2020.2 ヘルプ

コード補完

このセクションでは、コーディングプロセスのスピードアップを可能にするコンテキスト対応コード補完のさまざまなテクニックについて説明します。

基本補完

基本コード補完は、可視性スコープ内のクラス、メソッド、およびキーワードの名前を完成させるのに役立ちます。コード補完を呼び出すと、PyCharm はコンテキストを分析し、現在のキャレット位置から到達可能な選択肢を提案します(提案にはライブテンプレートも含まれます)。

基本コード補完がフィールド、パラメーター、または変数宣言の一部に適用されている場合、PyCharm は項目タイプに応じて可能な名前のリストを提案します。

基本コード補完を 2 回目に呼び出すと、クラス、関数、モジュール、変数の名前が表示されます。

基本補完を呼び出す

  1. 名前の入力を開始します。

  2. Ctrl+Space を押すか、メインメニューからコード | コード補完 | 基本を選択してください。

    以下のイメージは、次の場合の基本的なコード補完を示しています。

    • メソッド :

      Completing Method

    • 辞書 :

      Completing Dicts

    • Django テンプレート:

      Completing Filter

    • Python 文字列リテラルのファイルパス補完:

      Path completion
      Path completion

  3. 必要に応じて、Ctrl+Space を 2 回押します(または Ctrl+Alt+Space を押します)。

    これは、クラス、関数、モジュール、および変数の名前を表示します。

    Class name completion

スマート補完

スマートコード補完は候補リストをフィルタリングし、現在のコンテキストに適用可能なタイプのみを表示します。

スマート補完を呼び出す

  1. 入力を開始します。デフォルトでは、PyCharm は入力時に自動的にコード補完ポップアップを表示します。自動補完が無効になっている場合は、Ctrl+Shift+Space を押すか、メインメニューからコード | コード補完 | スマート入力を選択します。

  2. Ctrl+Shift+Space を押すか、メインメニューからコード | コード補完 | スマート入力を選択してください。

    現在のコンテキストに最も適した提案が強調表示されます。

    Smart type completion
  3. 必要に応じてもう一度 Ctrl+Shift+Space を押してください。

ステートメント補完

ステートメント補完 Ctrl+Shift+Enter を使用して、構文的に正しいコード構成を作成できます。必要な構文要素を挿入し、次のステートメントの入力を開始できる位置に移動します。

メソッド宣言を補完する

  • メソッド宣言の入力を開始し、左括弧の後に Ctrl+Shift+Enter を押します。

    PyCharm は、必須パラメーター self を使用してメソッド宣言を自動的に完了します。Python クラスでメソッド宣言の入力を開始すると、PyCharm はパラメーターリストの括弧を開いた後に self を挿入します。この動作は、エディター設定のスマートキーページで構成できます。

    Statement completion for a method

コード構成を補完する

  • コード構成の入力を開始し、Ctrl+Shift+Enter を押します。

    PyCharm は、構成を自動的に完了し、必要な句読点を追加します。キャレットは次の編集位置に配置されます。

    Completing code construct

コレクション内の完全なステートメント

  • PyCharm は、複数行コレクションリテラルの改行の前に自動的に末尾のコンマを挿入します。dict リテラルでは、キーと値の間にコロンを挿入します。 Ctrl+Shift+Enter を押して、ステートメントの補完を呼び出します。

    Completing a current statement in collections

    一部の不完全なコレクションリテラルの構文に関する言語のあいまいさのため、dict リテラルの最初のキーの後、または括弧で囲まれたタプルの最初の項目の後にコロンが挿入されることに注意してください。

ヒッピー補完

ヒッピー補完は、目に見える範囲でテキストを分析し、現在のコンテキストから提案を生成する補完エンジンです。それは現在開いているファイルのどれからでもどんな単語でも完成させるのに役立ちます。

キャレットの文字列を既存の単語に展開する

  1. 最初の文字列を入力し、次のいずれかを実行します。

    • Alt+/ を押すか、コード | コード補完 | 循環的に単語を展開を選択して、キャレットの前に一致する単語を検索します。

    • Alt+Shift+/ を押すか、コード | コード補完 | 循環的に単語を展開 (後方) を選択して、キャレットの後ろにある他の開いているファイルで一致する単語を検索します。

    提案された最初の値が表示され、プロトタイプがソースコードで強調表示されます。

    Expand word
  2. 提案を受け入れるか、Alt キーを押しながら希望の単語が見つかるまで / を押し続けます。

    Hippie completion

後置コード補完

後置コード補完を使うと、コードを書くときの後方キャレットジャンプを減らすことができます。既にタイプされた式は、ドット、式のタイプ、およびそのコンテキストの後に入力する接尾辞に基づいて別のものに変換できます。

  • 利用可能な後置テンプレートの完全なリストを表示するには、設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sエディター | 一般 | 後置補完に移動します。

  • 接尾辞テンプレートを展開するには、Tab , Space または Enter を選択します。

後置でステートメントを変換する

  • 式を入力し、ドットの後に接尾辞を入力します(例: .if:)。

    function m(arg) { arg.if }

    最初の式は if ステートメントでラップされます。

    function m(arg) { if (arg) { } }

特定の接尾辞補完テンプレートを無効にするには、設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sエディター | 一般 | 後置補完を選択します。

接尾辞テンプレートを拡張するには、Tab , Space または Enter を選択できます。

たとえば、事前定義された後置テンプレートを編集して、長いキーを短いキーに置き換えたり、適用可能な式のタイプのリストを拡張したりできます。PyCharm の制限により、Python のカスタム後置テンプレートを作成することはできません。

F-string 完成

通常の文字列リテラルで波括弧を開くと、PyCharm は f-string と同じ補完候補を提供します。提案されたオプションの 1 つを選択すると、欠落している f プレフィックスと終了波括弧を追加することにより、IDE はリテラルを f-string に自動的に変換します。

F-string completion

コード補完設定を構成する

コード補完オプションを構成するには、設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sエディター | 一般 | コード補完に移動します。

次の設定を選択できます。

項目

説明

大 / 小文字を区別する 補完候補で大文字と小文字を区別するかどうかを選択します。最初の文字を大文字にするか、すべての文字を大文字にするかを選択します。
単一の候補を自動的に挿入 基本補完やスマートな補完の提案が 1 つしかない場合に、コードを自動的に補完するかどうかを選択します。
候補をアルファベット順にソートする

候補リスト内のアイテムを、関連性で並べ替えるのではなく、アルファベット順に並べ替える場合に選択します。

この動作は、候補リストのicons.actions.more.svgをクリックして名前でソートオプションを切り替えることにより、いつでも変更できます。

入力時に候補を表示する 明示的に補完を呼び出さなくても、候補リストが自動的に呼び出されるようにする場合に選択します。このオプションはデフォルトで有効になっています。
スペース、ドット、その他のコンテキスト依存キーを押して選択した候補を挿入する 選択した候補を挿入する場合は、言語、コンテキストなどに依存する特定のキーを入力して選択します。
ドキュメントのポップアップを次で表示

選択リストの各項目のポップアップを自動的に表示し、現在、ルックアップリストで強調表示されているクラス、メソッド、またはフィールドのドキュメントを表示する場合に選択します。

右側のフィールドで、ポップアップが表示されるまでの遅延(ミリ秒)を指定します。

補完のヒントとテクニック

候補リストを絞り込む

  • 単語の任意の部分(途中のどこかからの文字も含む)を入力するか、ドット区切りの後にコード補完を呼び出すことにより、候補リストを絞り込むことができます。PyCharm は、任意の位置に入力した文字を含む候補を表示します。

    これはワイルドカードの使用を不要にします:

    codeCompletionWildcard.png

    CamelCase または snake_case 名の場合は、最初の文字のみを入力してください。PyCharm は自動的に頭文字を認識して照合します。

提案を受け入れる

次のいずれかの方法で、リストから提案を受け入れることができます。

  • Enter を押すか、リスト項目をダブルクリックして、キャレットの左側に挿入します。

  • Tab を押して、キャレットから右にある文字を置き換えます。

  • Ctrl+Shift+Enter を使用して、現在のコード構成を構文上正しいものにします(括弧のバランス、欠落している中括弧とセミコロンの追加など)。

特定のキーを使用して、選択した補完候補を挿入することもできます。設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sエディター | 一般 | コード補完を選択し、スペース、ドット、その他のコンテキスト依存キーを押して選択した候補を挿入するオプションを選択します。これらのキーは、言語、コンテキストなどに依存します。

リファレンスを表示する

  • 候補リストの項目を選択するときに Ctrl+Shift+I を押すと、定義を使用できます。

    Quick definition
  • 候補リストの項目を選択するときに Ctrl+Q を押すと、クイック情報ビューを使用できます。

    Quick documentation

コード階層を表示する

候補リストからエントリを選択すると、コード階層を表示できます。

  • Ctrl+H - 型階層の表示

  • Ctrl+Shift+H - メソッドの階層を表示します。

機械学習支援コード補完を使用する

機械学習モデルを利用して、候補リストで最も適切なアイテムを上位にランク付けできます。

これを行うには、設定 / 環境設定ダイアログで Ctrl+Alt+Sエディター | 一般 | コード補完に移動し、機械学習アシスト補完機械学習に基づいたランク補完の提案オプションを有効にします。

    トラブルシューティング

    コード補完が機能しない場合は、次のいずれかの理由が考えられます。

    • 省電力モードがオンです(ファイル | 省電力モード)。これをオンにすると、エラー強調表示、オンザフライインスペクション、コード補完などのバックグラウンド操作を排除してラップトップの電力消費を最小限に抑えられます。

    • ファイルがコンテンツルートに存在しないため、コード補完に必要なクラス定義とリソースを取得できません。

      詳細はコンテンツルート内のフォルダーの構成を参照してください。

    • 補完候補リストに表示するクラスと関数を含むファイルは、プレーンテキストファイルとしてマークされています。

    • 補完候補リストに表示したい関数を含む外部ライブラリは、依存関係またはグローバルライブラリとして追加されません。

    最終更新日 :

    関連ページ:

    ライブテンプレート

    ライブテンプレートを使用して、ループ、条件、さまざまな宣言、印刷ステートメントなどの一般的な構成をコードに挿入します。コードスニペットを展開するには、対応するテンプレートの省略形を入力して を押します。 を押し続けると、テンプレート内の 1 つの変数から次の変数にジャンプします。 を押し...

    ファイルタイプの関連付けを設定する

    PyCharm はデフォルトのファイルタイプのセットを認識します。そのようなファイルは、対応する言語の構文に従って解析および強調表示されます。PyCharm が認識できないファイルタイプで作業している場合(たとえば、それが独自開発のファイルタイプである場合)、カスタムファイルタイプを作成することもで...

    スマートキー

    このページを使用して、特定のスマートキーを有効または無効にし、自動的に呼び出すアクションを定義します。ホームはキャレットを最初の非空白文字に移動するこのチェックボックスが選択されている場合、 を押すと、キャレットは現在の行の最初の非空白文字に配置されます。 を押すと、キャレットがスマートホームポ...

    コード参照情報

    このセクションでは、シンボルの定義を表示し、ドキュメント参照を表示し、ビューパラメーター情報機能を使用する方法について説明します。定義 :PyCharm では、タグ、クラス、フィールド、メソッド、関数などのシンボルがプロジェクトでどのように定義されているかを確認することができます。この目的のために、...

    コンテンツルート内のフォルダーの構成

    コンテンツルート内では、PyCharmはソースコードを含むフォルダーと、検索、解析、監視などの際に無視されるフォルダーを区別できます。さまざまなタイプのフォルダーを区別するには、コンテンツルートのフォルダーをソースフォルダーまたは除外フォルダーとしてマークします。ソースルートには、実際のソースファイ...

    自動インポート

    インポートされていないクラスを参照すると、PyCharm はこのファイルを見つけてインポートのリストに追加できます。設定に応じて、単一のクラスまたはパッケージ全体をインポートできます。import 文が imports セクションに追加されますが、キャレットは現在の位置から移動せず、現在の編集セッシ...