PyCharm 2024.1 ヘルプ

AI Assistant

AI Assistant は、ソフトウェア開発に AI を活用した機能を提供します。コードの説明、コードの断片に関する質問への回答コードの提案の提供ドキュメントの生成メッセージのコミットなどを行うことができます。

AI Assistant プラグイン(英語)はバンドルされておらず、PyCharm ではデフォルトで有効になっていません。

プラグインをインストールし、JetBrains AI サービスライセンスを取得し、プラグインのインストール時に JetBrains AI 利用規約(英語)JetBrains AI 利用規定(英語)に明示的な同意を与えない限り、AI Assistant はアクティブにならず、コードにアクセスできません。

JetBrains AI サービスのライセンス

AI Assistant プラグインは、JetBrains AI サービスを利用しています。このサービスは、製品ユーザーであるユーザーをさまざまな大規模言語モデル (LLM(英語)) に透過的に接続し、多くの JetBrains 製品内で AI を活用した特定の機能を有効にします。

AI Assistant ライセンスは、JetBrains AI サービス Web サイトで取得できます。ライセンスを取得する前に、限定トライアルにサインアップできます (有償および個人用の有料 PyCharm ライセンスを持つユーザーのみ利用可能)。AI Assistant ライセンスまたは無料トライアルは、JetBrains アカウント(英語)にリンクされます。

ライセンスプランと利用可能な機能の詳細については、JetBrains AI サービス Web サイトのよくある質問 (FAQ) を参照してください。

ライセンスに関してサポートが必要な場合は、サポートチームにお問い合わせください。

AI Assistant プラグインを有効にする

AI Assistant プラグインをインストールする

  1. 右側のツールバーで AI Assistant icon AI Assistant のインストールをクリックして AI Assistant インストールツールウィンドウを開き、プラグインのインストールをクリックします。

    AI Assistant installation tool window

    または、設定 | プラグイン | マーケットプレースを開いて検索フィールドに「AI Assistant」と入力し、インストールをクリックします。

    AI Assistant in the list of available plugins in the marketplace
  2. PyCharm を再起動してライセンスをアクティブ化します

AI Assistant ライセンスを有効化する

AI Assistant ライセンスを取得したら、AI Assistant を有効にするために PyCharm でライセンスをアクティブ化する必要があります。

  1. 右側のツールバーで AI Assistant をクリックして AI Assistant を開き、サブスクリプションを有効にするをクリックします。

    または、メインメニューのヘルプ | 登録に移動します。

  2. JetBrains アカウントにログインしていない場合は、AI Assistant を選択し、JetBrains Account にログインをクリックします。

    Licenses dialog with an option to log in to JetBrains account

    JetBrains アカウント (英語) Web サイトが開いたら、資格情報を入力します。認証後、ページを閉じて PyCharm に戻ります。

  3. 同じライセンスダイアログで、JetBrains Account で有効化をクリックして AI Assistant ライセンスをアクティブ化します。

    Licenses dialog with AI Assistant activation option
  4. ライセンスをアクティブ化した後、右側のツールバーで、AI AssistantAI Assistant の使用を開始するの順にクリックします。

    Start using AI Assistant

企業レベルでの AI Assistant の有効化と無効化の詳細については、「企業向けに AI Assistant を有効にする方法」を参照してください。

AI Assistant はいつでも無効にできます。

無料トライアルを開始

ライセンスを取得する前に、限定トライアルにサインアップできます(有償および個人用の有料 PyCharm ライセンスを持つユーザーのみ利用可能)。

  1. JetBrains アカウントにログインしていない場合は、AI Assistant を選択し、JetBrains Account にログインをクリックします。

    Licenses dialog with an option to log in to JetBrains account

    JetBrains アカウント (英語) Web サイトが開いたら、資格情報を入力します。認証後、ページを閉じて PyCharm に戻ります。

  2. 右側のツールバーで、 AI Assistant無料トライアルを開始の順にクリックします。

    Start Free Trial option in the AI Assistant tool window

    トライアルの現在のステータスは、設定 | ツール | AI Assistant で確認するか、右下隅の AI Assistant をクリックして確認できます。

    Progress bar that indicates the amount of trial volume left

AI Assistant 機能を使用する

AI Assistant を使用する方法は次のとおりです。

コードとデータの処理方法

AI 機能を使用する場合、PyCharm はリクエストとコードの一部を LLM ( 大規模言語モデル (英語)) プロバイダーに送信する必要があります。入力したプロンプトに加えて、ファイルの種類、使用されているフレームワーク、LLM にコンテキストを提供するために必要なその他の情報などの追加の詳細が送信される場合があります。

さらに、PyCharm ビルドは AI Assistant プラグインを使用して、ユーザーと LLM 間の完全な通信 (テキストとコードフラグメントの両方) を含む、AI 機能の使用箇所に関する詳細データのオプトイン収集を実行します。このデータは極秘に保管され、JetBrains は製品改善の目的のみに使用します。これは外部関係者と共有されることはなく、コードやテキストを生成する ML モデルのトレーニングに使用されたり、いかなる形式でも他のユーザーに公開されたりすることはありません。詳細なデータ収集を制御するオプションは、IDE 設定のツール | AI Assistant | データの共有 | 詳細なデータ収集を許可するにあり、デフォルトでは無効になっています。

データ収集ポリシーの詳細については、データの収集と使用に関するポリシー(英語)を参照してください。

外部サービスに送信されたデータを確認する

AI Assistant は、LLM プロバイダーに送信されるプロンプトを記録します。これらは ai-assistant-requests.md ファイルで確認できます。

AI Assistant リクエストログを開く

  1. メインメニューで、移動 | どこでも検索に移動するか、Shift を 2 回押して検索ウィンドウを開きます。

  2. AI Assistant リクエストを開くエディターにログインと入力し、Enter を押します。

    Action in Search Everywhere for opening AI Assistant requests log
  3. 開いた ai-assistant-requests.md ファイル内のログを確認します。

    ログは現在の PyCharm セッション中に保存されます。

AI Assistant リクエストログをクリーンアップする

  1. メインメニューで、移動 | どこでも検索に移動するか、Shift を 2 回押して検索ウィンドウを開きます。

  2. AI Assistant 要求ログ全体をクリーンアップするには、AI Assistant リクエストログをクリーンアップすると入力して Enter を押します。

    Action in Search Everywhere for cleaning up AI Assistant requests log

    現在のプロジェクトのリクエストログのみをクリーンアップするには、現在のプロジェクトの AI Assistant 要求ログをクリーンアップすると入力して Enter を押します。

関連ページ:

プロンプトを使用してコードの説明、リファクタリング、変更の提案を行う

事前に作成されたプロンプトを使用して、コードの説明、リファクタリング、コード内の問題の検出を行います。PyCharm は、プロジェクトで使用される言語やテクノロジーなど、プロジェクト固有のコンテキストを提供する独自のカスタムプロンプトを定義して、AI アクションメニューに追加することもできます。コードの説明:コードフラグメントを選択し、右クリックしてコンテキストメニューを開きます。あるいは、コードフラグメントを選択してを押します。AI アクションを選択し、次にコードの説明をするを選択します。...

AI とチャットする

AI Assistant ツールウィンドウを使用して、LLM (大規模言語モデル) と会話したり、プロジェクトについて質問したり、タスクを反復したりできます。AI Assistant は、プロジェクトで使用されている言語とテクノロジー、ローカルの変更、バージョン管理システムのコミットを考慮します。ファイル、クラス、要素の使用状況を検索できます。新しいチャットを始める右側のツールバーで AI Assistant をクリックして AI Assistant を開きます。入力フィールドに質問を入力し、を押し...

エディターで AI を使用する

エディターでコードを生成する:コードを生成し、エディターでプロンプトを直接使用します。変更したいコードの一部を選択するか、エディター内の任意の場所にキャレットを置いて、を押します。または、右クリックしてコンテキストメニューを開き、AI アクションを選択してからコードの生成を選択します。入力フィールドにプロンプトを入力し、を押します。生成されたコードは別の AI の差分タブで開きます。生成が完了するまで待ちます。右上隅で、提案された変更を確認する方法を選択します。統合ビューでは、結果が 1 つ...

AI でドキュメントを生成

AI Assistant を使用すると、LLM(大規模言語モデル)を使用して申告用のドキュメントを生成できます。コードフラグメントを選択し、右クリックしてコンテキストメニューを開きます。を押します。AI アクションを選択し、次にドキュメントを書くを選択します。AI Assistant がドキュメントを生成します。VCS コミットに対する AI 支援を利用する AI を使用してファイルを別の言語に変換する...

VCS コミットに対する AI 支援を利用する

コミットメッセージを生成する:AI Assistant は、差分を LLM (大規模言語モデル) に送信し、変更を説明するコミットメッセージを生成します。を押して、コミットツールウィンドウを開きます。コミットメッセージを AI Assistant で生成をクリックします。必要に応じてメッセージを編集します。コミットメッセージ生成プロンプトをカスタマイズするを押して設定を開き、を選択します。組み込みアクションセクションで、コミットメッセージの生成を選択します。

AI Assistant を無効にする

ソースコードをサードパーティーと共有したくない場合は、AI Assistant の使用を制限できます。現在のプロジェクトの AI Assistant を無効にする PyCharm で現在開いているプロジェクトの AI Assistant を無効にすることができます。右下隅の「AI Assistant」をクリックします。このプロジェクトに対して無効にするオプションを選択してください。ツールバーの AI Assistant アイコンとコンテキストメニューの AI アクションは引き続き表示されますが、使...