dotTrace 2018.2 Help

新機能

dotTrace 2018.2

  • パフォーマンスと安定性が向上しました。
  • .NETプロセスのフィルタを含める。任意の.NETプロセスのプロファイリングを設定する場合、インクルードフィルタを設定することができます。dotTraceは、フィルタに一致するプロセスにのみアタッチします。

dotTrace 2018.1

  • パフォーマンスを向上させた。このリリースのdotTraceは、主に安定性とパフォーマンスの向上に重点を置いていました。

dotTrace 2017.3

  • 非同期呼び出しのサポート。非同期コードの欠点は、プロファイルを作成してそのパフォーマンスを分析することは非常に難しいことです。dotTrace 2017.3は、非同期コードの解析を大幅に簡素化します。 await 内のすべての async コールノードをマークし、対応する await 時間とそのノードにある継続コードをグループ化します。これは、異なる呼び出しスタックを検索するのではなく、非同期呼び出しのすべての「パーツ」をすばやく1か所で見つけることができることを意味します。
  • タイムラインビューアの予測パフォーマンス。これで、タイムラインビューアでアプリケーションのパフォーマンスを「予測」することができます。特定のメソッドを呼び出しツリーから除外するだけで、dotTraceはそのようなメソッドがないかのようにスナップショット全体を再計算します。
  • メソッドとサブシステムのバックトレース (タイムラインビューア)呼び出しツリーに切り替えることなく、メソッドとサブシステムの特定のメソッドのバックトレースをすぐに表示できます。
  • ユーザーアセンブリをシステムとしてマークします。特定のユーザアセンブリをシステムとしてマークすることができます。その後、システムモジュールからメソッドに適用されるすべてのルールは、このユーザーアセンブリのメソッドにも適用されます。メソッドの時間がメソッドとサブシステムで計算され、システムコールがフォールディングする方法。

dotTrace 2017.3

  • 非同期呼び出しのサポート。非同期コードの欠点は、プロファイルを作成してそのパフォーマンスを分析することは非常に難しいことです。dotTrace 2017.3は、非同期コードの解析を大幅に簡素化します。 await 内のすべての async コールノードをマークし、対応する await 時間とそのノードにある継続コードをグループ化します。これは、異なる呼び出しスタックを検索するのではなく、非同期呼び出しのすべての「パーツ」をすばやく1か所で見つけることができることを意味します。
  • タイムラインビューアの予測パフォーマンス。これで、タイムラインビューアでアプリケーションのパフォーマンスを「予測」することができます。特定のメソッドを呼び出しツリーから除外するだけで、dotTraceはそのようなメソッドがないかのようにスナップショット全体を再計算します。
  • メソッドとサブシステムのバックトレース (タイムラインビューア)呼び出しツリーに切り替えることなく、メソッドとサブシステムの特定のメソッドのバックトレースをすぐに表示できます。
  • ユーザーアセンブリをシステムとしてマークします。特定のユーザアセンブリをシステムとしてマークすることができます。その後、システムモジュールからメソッドに適用されるすべてのルールは、このユーザーアセンブリのメソッドにも適用されます。メソッドの時間がメソッドとサブシステムで計算され、システムコールがフォールディングする方法。

dotTrace 2017.2

  • コールツリー内のナビゲーションパス。コールツリーをナビゲートするとき、どのようにして特定の関数に到達したのかを理解するのは常に問題がありました。dotTrace 2017.2を使用すると、問題は解決されます。コールツリービューには、左ガターのすべてのトランジションが表示されます。
  • コマンドラインからのタイムラインプロファイリング。コマンドラインプロファイラは、最終的にタイムラインプロファイリングタイプをサポートします。
  • ユニットテストにおける子プロセスのプロファイル
    これで、単体テストで子プロセスのプロファイリングを簡単なチェックボックスで有効にすることができます: 複雑なプロファイリング設定はもはや必要ありません!
  • キャッシュファイルをクリアします。これで、dotTrace Home Preferencesのボタンを使用して、スナップショットキャッシュファイルを強制的に削除できます。これにより、既存のスナップショットの読み込みが遅くなりますが、ディスク領域が解放されます。

dotTrace 2017.1

dotTrace 2016.3

  • Visual Studio 2017 RCの初期サポート。
  • タイムラインビューアのサブシステム。タイムラインビューアは、Performance Viewerの最大の機能の1つ、サブシステムを取得します。サブシステムの仕組みは非常に単純です。ほとんどの場合、各サブシステムは特定の名前空間またはアセンブリ内で行われた呼び出しをグループ化するだけです。ユーザーとシステムコード、WPF、LINQ、コレクション、文字列など、さまざまなコンポーネント間で特定の呼び出しサブツリーの時間をどのように分散させるかをすばやく評価する必要がある場合に非常に役立ちます。
  • ネイティブメモリ割り当てを分析しますネイティブメモリ割り当てイベントフィルタを使用すると、どのメソッドが割り当てを行っているかを確認し、ネイティブメモリに関連するすべての問題を分析できます。
  • アプリケーションのデバッグ出力を分析しますデバッグ出力フィルタは、高度なデバッグに非常に役立ちます。選択すると、アプリケーションがデバッグ出力に書き込むイベントのみがタイムラインに表示されます。 Debug.Write システム法で解析した。
  • イベントウィンドウイベントツールウィンドウには、単にイベントログが表示されます。ファイル操作、JIT、SQL照会など、プロファイルされたアプリケーションで発生したイベントのリスト
  • .NETコアアプリケーションのプロファイリング。コンピュータに.NET Coreツールがインストールされている場合、追加の操作を行うことなく.NET Coreアプリケーションをプロファイルできます。
  • コールスタックウィンドウの複数の改善 .

dotTrace 2016.2

dotTrace 2016.1

  • Visual Studioのスレッド図。
    Visual Studioに統合されたdotTraceビューアは、スタンドアロンのスレッド図とまったく同じスレッド図を取得するので、スレッド、時間範囲を選択したり、スレッドのアクティビティやフィルタされた時間間隔を表示することができます。
  • スレッド図のスマートツールチップ。スレッドダイアグラムの任意のスレッドにマウスカーソルを置くと、この特定の時点でこのスレッドが何をしていたのかに関する詳細情報が表示されます:どのメソッドが実行されたのか、スレッドがどのファイルで処理されたのか(ファイルI / O)、およびその他のデータ。
  • パフォーマンスビューアでプレーンリスト全体をクリップボードにコピーします。これで、プレーンリストの内容全体をクリップボードにコピーすることができます。
  • Reporter.exeツールで生成されたレポートのプロファイルデータ。スナップショットからパフォーマンスデータを取得するために使用されるReporter.exeツール(例えば、プロファイリング自動化およびCI用)は、XMLレポートに追加データを追加するようになりました。 /add_process_info オプションを有効にしてレポートを作成すると、レポートにはプロファイルされたプロセスの実行可能ファイルへのパスが含まれます。この情報は、複数の子プロセスを持つアプリケーションをプロファイリングする際に非常に役立ちます。

dotTrace 10

dotTrace 6.2

  • 実行コンフィギュレーションのプロファイリング。Visual Studioに統合されたdotTraceは、より多くのプロファイリング機能を提供します。これで、スタートアッププロジェクトだけでなく、スタートアッププロジェクト、任意の実行可能ファイル、または任意の静的メソッドなど、「実行コンフィギュレーション」のプロファイルを作成できます。
  • 着信HTTPリクエストのプロファイリング。タイムラインビューアは新しい着信HTTPリクエストフィルタを提供します。特定のHTTPリクエストがどれくらいの期間処理されたかに関する正確なデータを取得できます。

dotTrace 6.1.1

dotTrace 6.1

dotTrace 6.0

  • アプリケーションに関する一時的な呼び出しスタックとスレッド状態データを収集する全く新しいタイムラインプロファイリングメソッド。
  • 再設計されたUI。現在、dotTraceインターフェースは、dotTraceのホームウィンドウ、パフォーマンスビューア、タイムラインビューアの3つの主要コンポーネントで構成されています。
  • Profiling sessions are configured and started in a new dotTrace Home window.
  • より柔軟なサブシステム。サブシステム時間の処理方法を指定することができます。別々に表示するか、呼び出しサブシステムの時間に含めるか、まったく考慮しないかを指定できます。
  • 子プロセスのフィルタリング。プロファイルされないアプリケーションの子プロセスを指定できます。

dotTrace 5.5

  • サブシステム ビューを使用してボトルネックを検索する新しい便利な方法
  • スナップショット内の関心のあるポイント間を素早くナビゲートするブックマーク
  • 改良されたフィルター
  • 再設計された概要
  • パフォーマンスの向上

dotTrace 5.0

dotTrace 4.5

dotTrace 4.0

  • 新しいパフォーマンスプロファイリング機能:
    • .NET フレームワーク 4.0アプリケーションのプロファイリング
    • .NET Compactで構築されたWindows Mobileアプリケーションのプロファイリングフレームワーク 3.5。
    • Silverlight 4アプリケーションのプロファイリング
    • IIS 7またはIIS 7.5で展開されたWebアプリケーションのプロファイリング
    • 任意の.NETプロセスのプロファイリング
    • アプリケーションのリモートプロファイリング
    • プロファイリングアプリケーション line-by-line
    • 実行時間を測定する新しい方法:wall time (performance counter)
    • 高い正確性オプションを使用すると、プロファイラ内で費やされた時間を考慮に入れることができます。
    • 同じ名前のスレッドをマージします。
  • パフォーマンススナップショットの操作の改善点:
    • 最大数百ギガバイトのサイズのスナップショットを処理します。
    • 新しいプレゼンテーションビュー:概要
    • 名前の一致を含む検索とナビゲーションの速度が向上しました。
    • Improved navigation between found function calls.
    • 業績予想
    • Adding textual annotations to functions.
    • 拡張フィルター。
    • ズームしたい機能やクラスのための選択的なライン・バイ・ライン・プロファイリング。
    • Improved source code preview.
  • Microsoft Visual Studioとの統合:
    • Visual Studio 2005、2008、および2010との統合
    • Visual Studioからプロファイルを作成するときに、より多くのアプリケーションタイプをサポートします。
    • Visual Studio、JetBrains ReSharper(英語)、およびdotTraceを使用して単体テストをプロファイリングします。
  • エディション:
    • 2つのエディション:標準Professional
最終更新日: 2018年9月4日