PhpStorm 2020.3 ヘルプ

テスト結果を調べる

PhpStorm がテストの実行を完了すると、テストランナータブの実行ツールウィンドウに結果が表示されます。

右側のコンソールには、現在のテストセッションの出力が表示されます。テストの実行に関する詳細情報と、テストが失敗したか無視された理由を確認できます。

テスト結果のリストの上にあるテストランナーツールバーを使用すると、成功したテストと無視されたテストを表示 および非表示にしたり、各テストの実行、エクスポートインポート、およびテスト結果のソートにかかった時間を表示したりできます。

Test runner in the Run tool window

IDE は、テストランナータブの各テストの横に、テストのステータスを示すアイコンを表示します。

アイコン 説明
Test error テストエラー。このステータスは、テスト済みのソースコードから例外を発生させたテストに割り当てられます。
Test failed テストに失敗しました。少なくとも 1 つの子テストが失敗した場合、そのすべての親テストが失敗としてマークされます。
Test ignored

テストが無視されました。

PHP のコンテキストでは、このアイコンはスキップされたテストを示します。

テストは次の 2 つの状況でスキップできます。

  • 意図的に @requires(英語) アノテーションで定義されています。

  • テストが依存している別のテストが失敗したとき。テスト間の依存関係は @depends(英語) アノテーションを通して示されています。

Test in progress テスト中です。
Test passed テストは正常に終了しました。
Terminated

テストは終了しました。このステータスは、停止されたテストに割り当てられます。

少なくとも 1 つのテストがこのステータスを受け取ると、すべての未完了のテストとその親テストに終了のマークが付けられます。

テスト結果の並べ替えとフィルタリング

失敗したテストのみに集中する場合、またはテスト結果を再編成する場合は、テストランナーツールバーの次のオプションを使用します。

  • 成功したテストを非表示にするには、the Show Passed button 合格を表示オプションを無効にします。

  • 無視されたテストを非表示にするには、the Show Ignored button 無視対象を表示オプションを無効にします。

  • the Sort Alphabetically button をクリックして、テスト結果をアルファベット順に並べ替えます。

  • the Sort by Duration button をクリックして、テスト結果を期間でソートします。

テスト実行の追跡

PhpStorm では、現在のテストの実行を監視できます。テストスイートに複数のテストが含まれている場合、テストのリストが展開され、1 つずつ実行されるテストメソッドが表示されます。

  • テストの実行を監視するには、テストランナーツールバーの  the Settings button をクリックし、実行中のテストを追跡オプションを有効にします。

    Track test execution

テスト結果を管理する

  • テストランナーツールバーの the Settings button をクリックし、次のオプションを有効にします。

    • スタックトレースへスクロール : テストが失敗する前に大量の出力(たとえば、ロギング)を生成した場合、このオプションは、テストランナータブでテストを選択すると、出力コンソールをアサーションエラーに自動的にスクロールします。

    • 例外のソースを開く : このオプションをオンにしてテストランナータブで失敗したテストメソッドをダブルクリックすると、エディターは(テストメソッド宣言にスクロールする代わりに)例外がスローされた行にスクロールします。

    • シングルクリックで移動 : 選択したテストのコードをエディターで自動的に開きます。

    • 自動テストの遅延を設定する : このノードをポイントすると、ファイルの保存と再実行のテストの間に利用可能な遅延のリストが表示されます。選択した値がチェックマークを取得します。

    • 終了時に最初の不合格テストを選択 : テストセッションが完了すると、リストで最初に失敗したテストが自動的に選択されます。

統計の表示

  • テストの実行時間を表示するには、テストランナーツールバーの the Settings button をクリックし、インライン統計情報を表示オプションを有効にします。

    Test runner in the Run tool window

テスト宣言にジャンプ

  • テストランナータブのリストから必要なテストを選択し、F4 を押します。

以前のテストの結果を表示する

PhpStorm は、最新の 10 件のテストの結果を自動的に保存します。最近のテストのリストを開くには:

  • テストランナーツールバーの Test History アイコンをクリックし、リストから必要なテストを選択します。

    テストごとに、リストには実行構成名とタイムスタンプが表示されます。

    Viewing results of previous tests

    テスト結果を保持したり、チームと共有したりする場合は、テスト結果をファイルにエクスポートすることもできます。

テスト結果のエクスポートとインポート

テスト結果をファイルにエクスポートする

  1. テストランナーツールバーの Export Test Results をクリックします。

  2. ファイルを保存する形式を選択します: HTMLXML(後でこのファイルを PhpStorm にインポートする場合は、この形式を使用します)、またはカスタム、XSL テンプレートを適用する(このオプションの横にある Browse button をクリックして、*.xsl コードスタイル定義ファイルを選択します)。

  3. 出力ファイルの名前とその場所を指定します。

  4. エクスポート後にブラウザーでファイルを開く場合は、エクスポートしたファイルをブラウザーで開くチェックボックスをオンにします。OK をクリックします。

テスト結果のインポート

  1. 以前にエクスポートしたファイルをロードするには、テストランナーツールバーの Import Tests from File をクリックします。

  2. 開いたダイアログで、テスト結果を含む .xml ファイルを選択し、開くをクリックします。

関連ページ:

実行 / デバッグ構成を操作する

PhpStorm でコードを実行またはデバッグするには、実行 / デバッグ構成を使用できます。各実行 / デバッグ構成は、名前付きの実行 / デバッグ起動プロパティのセットを表します。PhpStorm を使用して実行、デバッグ、またはテストの操作を実行するときは、常にそのパラメーターを使用して、既存の構成のいずれかに基づいてプロセスを開始します。PhpStorm には、さまざまな実行、デバッグ、テストの問題に対して、いくつかの実行 / デバッグ構成タイプが付属しています。特定のタイプの独自の実行...

テストを実行する

単一テストの実行テストを開始する前に特定のアクションを必要とせず、追加のオプションを構成したくない場合は、次のオプションを使用してテストを実行できます。キャレットをテストクラスに配置して、そのクラスのすべてのテストを実行するか、テストメソッドに配置し、を押します。または、テストクラスまたはテストメソッドの横にあるガターアイコンをクリックします。ガターアイコンは、テストの状態に応じて変化します。ガターアイコンは、新しいテストをマークします。ガターアイコンは、成功したテストを示します。ガターアイコ

PHPUnit

PhpStorm は、PHPUnit テストフレームワークとの統合による PHP アプリケーションの単体テストをサポートしています。始める前に:ローカル PHP インタープリターを構成するおよびリモート PHP インタープリターの構成の説明に従って、PHP インタープリターが PHP ページの PhpStorm に設定されていることを確認してください。PHPUnit をダウンロードしてインストールする:開始する前に、Composer がマシンにインストールされ、Composer 依存関係マネージ...