PhpStorm 2024.1 ヘルプ

Vagrant: 再現可能な開発環境の使用

Vagrant(英語) は、仮想マシンのライフサイクルを管理するために使用されるコマンドラインユーティリティです。

PhpStorm は、Vagrant との完全な統合を提供し、Vagrant 仮想環境の構成、仮想マシンの動作の制御、プロジェクト内からの Vagrant コマンドの実行を可能にします。

Vagrant を使用する場合、次の定義が満たされます。

  • Vagrantfile: Vagrant 環境を定義し、仮想ボックスのすべての構成を格納し、仮想マシンの操作方法を Vagrant に指示するメイン構成ファイル。

  • 仮想ボックス : 事前構成された仮想マシンを含む仮想サンドボックス。Vagrant は、Oracle の VirtualBox、VMWare、AWS などの仮想ボックスのさまざまなプロバイダーと連携します。

  • インスタンス : 仮想マシン。

前提条件

  1. JetBrains マーケットプレイスからプラグインをインストールする説明に従って、Vagrant プラグインをインストールして有効にします。

  2. Vagrant(英語) および Oracle の VirtualBox(英語) アプリケーションをインストールします。

  3. コンピューターで仮想化が有効になっていることを確認します。

Vagrant ファイルを初期化する

Vagrant の使用を開始するには、Vagrantfile(英語) を初期化する必要があります。

以下のいずれか 1 つを実行します:

  • 埋め込まれたターミナルAlt+F12)を開き、次のコマンドを実行します: vagrant init

  • メインメニューでツール | Vagrant | プロジェクトルートで init に移動し、開いたウィンドウからターゲットのルートフォルダーを選択します。

プロジェクトツールウィンドウ Alt+1 で、プロジェクトファイルビューに切り替え、Vagrantfile をダブルクリックして、埋め込みエディターで開きます。

Vagrantfile にはすでに事前定義された構成があることがわかります。config.vm.box = "..." 行は、プロジェクトで使用される仮想ボックスを指定します。

仮想ボックスを指定する

例として、ubuntu/trusty64 ボックスを指定します。基本的な Ubuntu 仮想マシンが含まれています。必要に応じて、他の仮想ボックスを指定できます。使用可能な仮想ボックスのリストを見つけるには、Vagrant ボックスの発見(英語)を参照してください。

以下のいずれか 1 つを実行します:

  • Vagrantfile を開き、config.vm.box = "base" 行を次のように変更します: config.vm.box = "ubuntu/trusty64"

  • 設定ダイアログ(Ctrl+Alt+S)で、ツール | Vagrant を選択します。Box ウィンドウで、the Add button ボタンをクリックして、以下を指定します。

    • ボックス名 : ubuntu/trusty64

    • ボックス URL : https://app.vagrantup.com/ubuntu/boxes/trusty64

Vagrantfile の初期化が完了し、仮想ボックスが指定されたら、仮想マシンをデプロイして実行する準備が整います。

インスタンスを起動する

以下のいずれか 1 つを実行します:

  • 埋め込まれたターミナルAlt+F12)を開き、次のコマンドを実行します: vagrant up

  • メインメニューで、ツール | Vagrant | アップに移動します。

実行中のマシンへの SSH

仮想マシンが起動されると、バックエンドで実行されます。実行中のマシンに SSH で接続するには:

  • 埋め込まれたターミナルAlt+F12)を開き、次のコマンドを実行します: vagrant ssh

インスタンスを制御するための Vagrant コマンド

インスタンスを制御するには、Vagrant コマンドを使用します。これらは、ターミナルAlt+F12)またはメインメニューから実行できます。

この記事では、仮想マシンを操作するための最も重要なコマンドのみを示します。使用可能な Vagrant コマンドの完全なリストを見つけるには、コマンドラインインターフェース(英語)を参照してください。

  • 中断 : インスタンスを一時停止すると、すべてのプロセスが一時停止し、仮想マシンの現在の状態が保存されます。

    ターミナルvagrant suspend を実行するか、メインメニューからツール | Vagrant | 中断を選択します。

  • 再開 : インスタンスを再開すると、以前に中断された仮想マシンが起動します。

    ターミナルvagrant resume を実行するか、メインメニューからツール | Vagrant | 再開を選択します。

  • 再ロード : Vagrantfile に変更を加え、現在の仮想環境とその構成を再ロードするために Vagrant が必要な場合は、インスタンスを再ロードする必要があります。

    ターミナルvagrant reload を実行するか、メインメニューからツール | Vagrant | 再ロードを選択します。

  • シャットダウン : インスタンスをシャットダウンすると、実行中の仮想マシンが停止します。

    ターミナルvagrant halt を実行するか、メインメニューからツール | Vagrant | 停止を選択します。

  • 破棄 : 以前に作成した環境に関連するすべてを削除する必要がある場合は、仮想マシンを破棄することが重要です。インスタンスの作成中にプロビジョニングされたすべてのリソースが削除されます。

    ターミナルvagrant destroy を実行するか、メインメニューからツール | Vagrant | 破棄を選択します。