PhpStorm 2020.1ヘルプ

Composer依存関係マネージャー

PhpStormはComposer(英語)依存マネージャーと統合されています。これにより、Packagist(英語)のパッケージをプロジェクトの依存関係として宣言し、IDEから管理することができます。

PhpStorm provides comprehensive coding assistance for working with composer.json as well as the dedicated user interface for running common Composer commands:

上記のコマンドを実行すると、PhpStormはComposerログコンソールを介して出力を表示します。

If you wish to use the full range of Composer commands(英語) in a PhpStorm project, you can configure and run Composer as an 外部command-lineツール

Composerをダウンロードしてインストールする

Composerのインストールについて詳しくは、Composerの公式ドキュメント(英語)を参照してください。

If you work in a local environment, Composer commands in PhpStorm are run via the configured local PHP interpreter. You can download and install Composer manually as a system-wide standalone tool, or have PhpStorm download it automatically when you create a new Composer project, initialize Composer, or invoke other Composer commands in an existing project.

Additionally, PhpStorm enables you run Composer commands via any configured remote PHP interpreter.

Composerプロジェクトを管理する

In PhpStorm, you can create new projects based on the Composer package of your choice or work with existing Composer projects. PhpStorm will resolve the dependencies and use the information from the composer.json file to automatically apply the certain configuration options.

新しいComposerプロジェクトを作成する

When you create a new Composer project, PhpStorm creates a project based on the Composer package of your choice, resolves the dependencies and installs them under the project's vendor directory.

  1. PhpStormのようこそ画面でファイル | 新規プロジェクトを選択するか、新規プロジェクトの作成をクリックします。

    新規プロジェクトダイアログが開きます。

    Creating a new Composer project
  2. ダイアログで、プロジェクトのパラメータを指定します。

    • プロジェクトのタイプと場所を選択してください:

      • 左側のペインで、Composer プロジェクトを選択します。

      • 右側のペインのロケーションフィールドに、プロジェクトを作成するフォルダーを指定します。

    • Composerコマンドの実行方法を選択します。
      • To run commands via a globally installed composer executable, choose 'composer' 実行可能ファイル and specify its location in the field.

      • To run commands via the local composer.phar archive, choose composer.phar . Then, either specify the location of the existing composer.phar file in the field or select the getcomposer.org から composer.phar をダウンロードする checkbox to download a new instance of the file. The downloaded composer.phar file will be saved under the project root folder.

        次に、PHP インタープリターリストから設定されたローカルPHPインタープリターの1つを選択します。詳細は、ローカルPHPインタープリターを構成するを参照してください。

      必要に応じて、コマンド・ライン・パラメーターフィールドに追加のコマンドラインパラメータを入力します。

    • パッケージ領域で、リストからパッケージを選択し、インストールするバージョンリストから該当するバージョンを選択します。パッケージを検索するには、パッケージをフィルター検索フィールドを使用します。

  3. 作成をクリックします。選択したパッケージとともにcreate-project(英語) Composerコマンドが呼び出されます。結果として、Composerプロジェクトが作成され、その構成と構造は選択したパッケージに依存します。その後、作成されたPhpStormプロジェクトが開きます。

既存のプロジェクトでComposerを初期化する

When you initialize Composer in a project, a composer.json file is created. This file lists the project dependencies and other metadata and is automatically set as the project default.

  1. メインメニューからツール | Composer | Composer 初期化を選択します。

    Composer 設定ダイアログが開きます。

    the Composer Settings dialog
  2. Composerコマンドの実行方法を選択します。
    • To run commands via a globally installed composer executable, choose 'composer' 実行可能ファイル and specify its location in the field.

    • To run commands via the local composer.phar archive, choose composer.phar . Then, either specify the location of the existing composer.phar file in the field or select the getcomposer.org から composer.phar をダウンロードする checkbox to download a new instance of the file. The downloaded composer.phar file will be saved under the project root folder.

      次に、PHP インタープリターリストから設定されたローカルPHPインタープリターの1つを選択します。詳細は、ローカルPHPインタープリターを構成するを参照してください。

    • リモートインタープリターを介してコマンドを実行するには、リモートインタープリターを選択してください。

      • CLI インタープリターリストから、使用するリモートインタープリターを選択するか、または the Browse button をクリックしてリモート PHP インタープリターの構成の説明に従って新しいものを設定します。

        ほとんどの場合、PhpStormはパスマッピングを自動的に検出します。必要に応じて、パス・マッピングフィールドの the Browse button をクリックして、開いたプロジェクトパスマッピングの編集で手動で指定できます。

      • 実行可能なComposerフィールドに、Composer実行可能ファイルの名前を入力します。 the Browse buttonをクリックして、表示されるサーバー上のパスを選択ダイアログで実行可能ファイルを見つけることができます。

  3. Click OK to close the Composer 設定 dialog. PhpStorm creates a stub of the composer.json file and opens it in the editor:

    the composer.json file stub

    Complete the code or accept the generated values. For details on working with the composer.json file, refer to Composer.json:プロジェクトのセットアップ(英語)

既存のComposerプロジェクトを開く

When you open an existing Composer project, PhpStorm uses the information contained in the composer.json file to automatically apply the certain configuration options, for example the project's content roots and PHP 言語レベル

  1. Click Open on the Welcome screen or choose ファイル | 開く from the main menu, then choose the folder where your Composer project is stored.

    PhpStormは通知を表示します:

    ps_composer_notification_composer_json_detected.png
  2. Click Composerの設定を初期化します。 In the Composer dialog that opens, specify the location of the composer.json file. If PhpStorm detects an existing file, the composer.json のパス field will be filled automatically:

    ps_composer_path_detected.png
  3. プロジェクト設定を構成します。

    • By default, all packages under the vendor/*/* directory are excluded from the project and added as write-protected libraries. To protect them from editing, leave the パッケージをライブラリとして追加する checkbox selected. Otherwise, if you want to edit Composer packages under vendor/*/* , clear the パッケージをライブラリとして追加する checkbox.

    • Make sure the composer.json と IDE 設定を同期する checkbox is selected to automatically detect the PHP language level and configure project Source and Test roots based on the configuration from composer.json .

      PhpStormはPSR-0 / PSR-4ソースルートとそれらの名前空間プレフィックスを認識しています。 autoload セクションに基づいてソースルート the Source root icon を設定し、autoload-dev セクションに基づいてテストルート the Tests root icon を設定します。PhpStormは require セクションの php 設定に基づいてPHP言語レベルも検出します。

      Because composer.json contains the most up-to-date information about the project configuration, this automatic synchronization ensures that the Source and Test folders exactly match the project structure, and the correct PHP language level is set automatically.

      PSRとオートロードの詳細については、ComposerオフィシャルWebサイト(英語)を参照してください。同期設定の例と詳細については、PhpStormブログ投稿(英語)を参照してください。コンテンツ・ルートの設定の詳細については、コンテンツ・ルートを参照してください。

    OKをクリックして、指定したプロジェクト設定を適用し、ダイアログを閉じます。

  4. Composerコマンドの実行を設定する:

    • 以下のいずれか 1 つを実行します:

      • 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sで、言語とフレームワーク | PHP | Composerに移動します。

      • If you have a single composer.json file in your project, select ツール | Composer | インストール from the main menu to open the Composer 設定 dialog.

    • Composerコマンドの実行方法を選択します。
      • To run commands via a globally installed composer executable, choose 'composer' 実行可能ファイル and specify its location in the field.

      • To run commands via the local composer.phar archive, choose composer.phar . Then, either specify the location of the existing composer.phar file in the field or select the getcomposer.org から composer.phar をダウンロードする checkbox to download a new instance of the file. The downloaded composer.phar file will be saved under the project root folder.

        次に、PHP インタープリターリストから設定されたローカルPHPインタープリターの1つを選択します。詳細は、ローカルPHPインタープリターを構成するを参照してください。

      • リモートインタープリターを介してコマンドを実行するには、リモートインタープリターを選択してください。

        • CLI インタープリターリストから、使用するリモートインタープリターを選択するか、または the Browse button をクリックしてリモート PHP インタープリターの構成の説明に従って新しいものを設定します。

          ほとんどの場合、PhpStormはパスマッピングを自動的に検出します。必要に応じて、パス・マッピングフィールドの the Browse button をクリックして、開いたプロジェクトパスマッピングの編集で手動で指定できます。

        • 実行可能なComposerフィールドに、Composer実行可能ファイルの名前を入力します。 the Browse buttonをクリックして、表示されるサーバー上のパスを選択ダイアログで実行可能ファイルを見つけることができます。

  5. プロジェクトの依存関係をインストールします。

    You can also open the composer.json file in the editor and click the Install shortcut link on top of the editor panel.

プロジェクトのデフォルトのcomposer.jsonを指定する

You can have several composer.json files in one PhpStorm project. For each composer.json , actions are invoked from its context menu in the editor or in the Project view, or using the shortcut links on top of the editor panel. You can also appoint the デフォルトのcomposer.json for your PhpStorm project. Composer actions for it are invoked from the ツール | Composer main menu item.

  1. 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sで、言語とフレームワーク | PHP | Composerに移動します。

  2. Specify the location of the default composer.json . If you have a single Composer configuration file in your PhpStorm project, the composer.json のパス field is filled automatically.

  3. By default, all packages under the vendor/*/* directory are excluded from the project and added as write-protected libraries. To protect them from editing, leave the パッケージをライブラリとして追加する checkbox selected.

    Otherwise, if you want to edit Composer packages under vendor/*/* , clear the パッケージをライブラリとして追加する checkbox.

  4. Make sure the composer.json と IDE 設定を同期する checkbox is selected to automatically detect the PHP language level and configure project Source and Test roots based on the configuration from composer.json .

    PhpStormはPSR-0 / PSR-4ソースルートとそれらの名前空間プレフィックスを認識しています。 autoload セクションに基づいてソースルート the Source root icon を設定し、autoload-dev セクションに基づいてテストルート the Tests root icon を設定します。PhpStormは require セクションの php 設定に基づいてPHP言語レベルも検出します。

    Because composer.json contains the most up-to-date information about the project configuration, this automatic synchronization ensures that the Source and Test folders exactly match the project structure, and the correct PHP language level is set automatically.

    PSRとオートロードの詳細については、ComposerオフィシャルWebサイト(英語)を参照してください。同期設定の例と詳細については、PhpStormブログ投稿(英語)を参照してください。コンテンツ・ルートの設定の詳細については、コンテンツ・ルートを参照してください。

composer.jsonを操作する

The composer.json file describes the dependencies of your project and may also contain other metadata. PhpStorm provides comprehensive coding assistance for working with composer.json and lets you perform many Composer-related tasks directly from the code editor.

composer.jsonファイルを作成する

You can create composer.json files manually. If Composer hasn't yet been initialized in the project, a newly created composer.json will be automatically set as the project default.

  1. 以下のいずれか 1 つを実行します:
    • プロジェクトツールウィンドウ Alt+1で、新しいファイルを作成するディレクトリを選択し、メインメニューからファイル | 新規を選択します。

    • 対応するディレクトリを右クリックし、コンテキストメニューから新規を選択します。

    • Alt+Insertを押します。

  2. In the popup menu, select composer.jsonファイル . PhpStorm creates a stub of the composer.json file and opens it in the editor.

composer.jsonでコード補完を使用する

  • Inside composer.json , press Ctrl+Space to use code completion when providing both the names of the sections and their content, for example:

    • ライセンスの種類と最低安定バージョン

    • autoload および autoload-dev セクションの名前空間とパス

    • require および require-dev セクションの必須のPHPバージョンと拡張機能、およびパッケージの名前とバージョン。

    Code completion in composer.json

composer.jsonのクイックドキュメントを使用する

  • Inside composer.json , press Ctrl+Q to view quick documentation for the element at caret.

    Viewing quick documentation for a Composer package

composer.jsonレコードからプロジェクトエンティティに移動する

  • Inside composer.json , position the caret at an entity such as an installed package, a class or a method within a script, a file path, or a url. Then do any of the following:

    • メインメニューでナビゲート | 宣言または使用箇所を選択

    • Ctrl+B 押下

    または、Ctrl+Click レコード。

    Code navigation in composer.json

依存性の管理

To install, update, or uninstall project dependencies, you need to update the records in the require or require-dev sections in composer.json and then run the corresponding Composer command.

依存関係のインストール

  1. Inside composer.json , add the desired dependency record to the require or require-dev section. Press Ctrl+Space to get code completion both for the package name and version.

    Adding a dependency in composer.json
  2. 以下のいずれか 1 つを実行します:

    • エディターパネルの上部にある インストールショートカットリンクをクリックします。

    • インストールされていないComposerパッケージ インスペクションが有効になっている場合、PhpStormは、現在インストールされていない宣言済みの依存関係を強調表示します。 Alt+Enter を押して、特定の依存関係をインストールするか、すべての依存関係を一度にインストールするかを選択します。

      Install a package via the quick-fix

When a new package is installed, PhpStorm creates a new subfolder under vendor and stores the package inside. If the composer.lock(英語) file. present in the current directory, the exact packages versions listed in it are installed. Otherwise, if the composer.lock file is missing, Composer will create it after installing the packages, thus locking your project to their specific versions.

依存関係の更新

You can update packages to their latest versions individually, or update all the packages listed in the require and require-dev sections of composer.json at once.

  • 新しいパッケージバージョンが利用可能になった場合、またはパッケージバージョンの要件が変更された場合、PhpStormはエディターのガターの the Update Package button アイコンを介してこれを示します。また、現在インストールされているバージョンとパッケージを更新できるバージョンに関するヒントも提供します。

    the Update Package button をクリックしてパッケージを更新します。

    Package update is available
  • To update all packages, click the 更新 shortcut link on top of the composer.json editor panel.

依存関係をアンインストールする

  1. Remove the package record from the require or require-dev section of composer.json

  2. Click the 更新 shortcut link on top of the composer.json editor panel.

Composerスクリプトを作成して実行する

With Composer, you can create and run scripts(英語), which are used for executing some custom code or package-specific commands during the Composer execution process.

Composerスクリプトを定義する

  • Inside the scripts section of composer.json , create an event(英語) property, and list the desired scripts inside it. Each script can be a PHP callback defined as a static method, a command-line executable command, or a reference to an existing script(英語).

    Use code completion Ctrl+Space to get suggestions for event names(英語), classes' and static methods' names, and binaries installed under vendor/bin . To add a reference to an existing script, prepend it with the @ symbol.

    Create a Composer script

Composerスクリプトの名前を変更する

  1. キャレットをスクリプトの定義または使用箇所に配置します。

  2. メインメニューまたはコンテキストメニューからリファクタリング | 名前の変更を選択して名前変更リファクタリングを呼び出すか、Shift+F6を押します。

  3. 開いた名前変更ダイアログで、スクリプトに希望する名前を入力します。

    Rename a Composer script
  4. 検索ツールウィンドウで可能な変更を確認するには、プレビューをクリックします。リファクタリングをクリックして続行します。

composerスクリプトを実行する

  • 実行するスクリプトの横のガターで The Run button をクリックします。リストから実行<script name>を選択します。

  • 実行するスクリプト内を右クリックし、コンテキストメニューから実行<script name>を選択します。

  • 実行するスクリプトにキャレットを置き、Alt+Enter を押して、実行<script name> インテンションアクションを選択します。

    the Run Composer Script intention action

スクリプトが実行されると、PhpStormは自動的に専用の一時Composerスクリプトの実行/デバッグ構成を作成します。必要に応じて永続的な実行/デバッグ構成として保存してくださいを使用できます。

Composerスクリプトの実行/デバッグ構成を作成する

You can execute Composer scripts by using run configurations of the Composerスクリプト type. With the run configuration, you can execute a script at any point, add it to the サービスツールウィンドウ , or a compound configuration. Refer to 実行/デバッグ構成の操作 for details.

  1. 以下のいずれかを行います。

    • エディターで、目的のスクリプトレコード内を右クリックし、コンテキストメニューから<設定名>を作成するを選択します。

      Create a run configuration from the editor
    • または、メインメニューから実行 | 構成の編集を選択してから Add icon をクリックし、リストからComposerスクリプトを選択します。

      Add new Composer Script run configuration
  2. 実行/デバッグ構成パラメーターを指定します。

    • composer.json のパス : in this field, provide the path to composer.json that contains the desired script's definition.

    • スクリプト : このリストから、実行する定義済みのComposerスクリプトの1つを選択します。

    • コマンド・ライン・パラメーター : このフィールドに、追加のコマンドラインパラメータを入力します。これらのパラメーターは、CLI引数としてCLIハンドラーに渡されます。PHPハンドラー内では、$event->getArguments() 呼び出しを介して配列として取得できます。

一時的なComposerスクリプトの実行/デバッグ構成を保存する

When you execute a Composer script from the editor, PhpStorm automatically creates a temporary run/debug configuration with the script parameters. A temporary run/debug configuration works the same way as a permanent run/debug configuration. You can change its settings using the 実行/デバッグ構成 dialog and optionally save it as permanent.

  • 実行/デバッグ構成セレクターで、<設定名>を保存を選択します。

    Save a temporary run configuration
  • 実行/デバッグ構成ダイアログで、構成を選択し、the Save buttonをクリックします。

実行/デバッグ構成を使用してComposerスクリプトを実行する

  • 実行/デバッグ構成セレクターで、目的の実行構成を選択します。次に、メインツールバーの Run button をクリックするか、Shift+F10を押します。

  • Alt+Shift+F10を押し、リストから希望の実行構成を選択して、Enterを押します。

    Run configuration popup

Composerログを表示する

the Composer Log console

Composerログを開く

  • 最初にComposerコマンドを実行した後、イベント・ログ通知メッセージのログに表示する ショートカットリンクをクリックします。

    the Composer Log notification message
  • Open composer.json in the editor and click the ログの表示 shortcut link on top of the editor panel.

折りたたまれたComposerログメッセージを見る

Composerコマンドが正常に実行された場合、Composerログはその実行の詳細をフォールドします。

  • ガターの the Expand button をクリックして、メッセージを展開します。

  • 省略記号の上にマウスを置くと、メッセージがツールチップで表示されます。

    the folded Composer Log message

When プロジェクトでデフォルトのcomposer.jsonを指定する , you can enable PhpStorm's settings synchronization with composer.json . Composerログ will highlight such a change in the settings as it occurs. Click the Settings button in the gutter it to quickly navigate to the corresponding ディレクトリ , PHP , or テスト・フレームワーク settings pages.

追加のComposerコマンドを実行する

PhpStormは、一連の追加のComposerコマンド用のユーザーインターフェースを提供します。

  • From the composer.json context menu, select Composer | <コマンド名>

  • Open composer.json in the editor, click the Settings button on top of the composer.json editor panel, and choose the desired command from the list.

  • デフォルトのcomposer.jsonのコマンドを実行するには、メインメニューから ツール | Composer | <コマンド名> を選択します。

Composerの実行が設定されていない場合は、Composer 設定ダイアログが開き、Composerコマンドの実行方法を選択するように促されます。
  • To run commands via a globally installed composer executable, choose 'composer' 実行可能ファイル and specify its location in the field.

  • To run commands via the local composer.phar archive, choose composer.phar . Then, either specify the location of the existing composer.phar file in the field or select the getcomposer.org から composer.phar をダウンロードする checkbox to download a new instance of the file. The downloaded composer.phar file will be saved under the project root folder.

    次に、PHP インタープリターリストから設定されたローカルPHPインタープリターの1つを選択します。詳細は、ローカルPHPインタープリターを構成するを参照してください。

  • リモートインタープリターを介してコマンドを実行するには、リモートインタープリターを選択してください。

    • CLI インタープリターリストから、使用するリモートインタープリターを選択するか、または the Browse button をクリックしてリモート PHP インタープリターの構成の説明に従って新しいものを設定します。

      ほとんどの場合、PhpStormはパスマッピングを自動的に検出します。必要に応じて、パス・マッピングフィールドの the Browse button をクリックして、開いたプロジェクトパスマッピングの編集で手動で指定できます。

    • 実行可能なComposerフィールドに、Composer実行可能ファイルの名前を入力します。 the Browse buttonをクリックして、表示されるサーバー上のパスを選択ダイアログで実行可能ファイルを見つけることができます。

検証

Run this command to perform several validity checks against the composer.json file, which is recommended before committing composer.json to a VCS. Validation results are displayed in the Composerログ console.

The equivalent CLI command is validate(英語).

コマンドを実行する前に、検証設定ダイアログで必要なオプションを選択します。

  • アンバウンドバージョンの制約を許可する : 選択した場合、上限のないバージョン制約(たとえば * , >3.1)が許可されます。これにより、依存関係の将来のバージョンへの更新が可能になることに注意してください。これは、依存関係の予期しない変更の場合に下位互換性の課題を引き起こす可能性があります。

    CLIコマンドの同等のオプションは --no-check-allです。

  • composer.lockが最新であるかどうかを確認する : If selected, the version constraints listed in composer.lock will be checked against the ones listed in composer.json . If the version constraints do not match, it is recommended to fix this by updating packages. After the packages are updated to the required versions, the composer.lock and the composer.json files will be synchronized.

    CLIコマンドの同等のオプションは --no-check-lockです。

  • パッケージがPackagist対応であるかどうかを確認する : If selected, the package's composer.json will be checked against the Packagist(英語) publishing requirements. Generally, for a package to be Packagist-ready, the name , description , and require sections in its composer.json file must be specified. Refer to the Packagistのドキュメント(英語) for details on publishing packages.

    CLIコマンドの同等のオプションは --no-check-publishです。

  • パッケージの依存関係を検証する : If selected, the composer.json files of all installed dependencies of the current package will also be validated.

    CLIコマンドの同等のオプションは --with-dependenciesです。

オートローダーのダンプ

このコマンドを実行すると、オートロードされたクラスのリストが生成されます。リストがすでに存在する場合、新たに生成されます。これは、プロジェクトに新しいクラスを導入し、それをオートロードされたクラスのリストに含める必要がある場合に便利です。Composerでクラスをオートロードする方法の詳細については、Composerのドキュメント(英語)を参照してください。

同等の CLIコマンドはdump-autoload(英語)です。

コマンドを実行する前に、オートローダー生成設定 ダイアログで必要なオプションを選択します。

  • スクリプトの実行をスキップする : If selected, the scripts defined in the scripts section of the composer.json file are not executed.

    CLIコマンドの同等のオプションは --no-scriptsです。

  • オートローダーの最適化 (PSR-0/4オートローダをクラスマップに変換) : If selected, Composer will scan the given PSR-0/4 autoloading directories/files for the php and inc files and generate a single autoload_classmap key-value array to speed up autoloading. Note that if the number of classes is large, running this command can be time-consuming.

    CLIコマンドの同等のオプションは --optimizeです。

  • クラスマップからクラスをオートロード : 選択すると、クラスマップにリストされているクラスだけが自動ロードされます。ComposerはクラスマップにリストされていないクラスのフォールバックPSR-4ディレクトリを検索しません。これには必然的に既存のクラスマップが必要になるため、Composerはオートローダーの最適化 (PSR-0/4オートローダをクラスマップに変換) コマンドも実行してそれを生成しますが、これは時間のかかるプロセスです。

    CLIコマンドの同等のオプションは --classmap-authoritativeです。

  • 見つかった/見つからないクラスのキャッシングにAPCuを使用する : 選択すると、APCu(英語)によるキャッシュが有効になります。クラスマップ内にクラスが見つかった(または見つからない)場合、対応するレコードはAPCuにキャッシュされ、次の要求ですぐに取り出すことができます。

    CLIコマンドの同等のオプションは --apcuです。

  • autoload-dev 依存関係を使用不可にする : これを選択すると、オートロードされた名前空間と autoload-dev セクションにリストされているファイルは、オートロードされたクラスリストには含まれません。

    CLIコマンドの同等のオプションは --no-devです。

依存関係の変更を確認する

このコマンドを実行して、パッケージの依存関係のコードにローカル変更があるかどうかを確認します。

The equivalent CLI command is status(英語).

キャッシュのクリア

Run this command to delete the Composer's cache directory, which contains the downloaded packages. By default, the cache directory is set to C:\Users\<user>\AppData\Local\Composer on Windows, and to ~/.composer/cache on Linux and macOS. Refer to the Composerのドキュメント(英語) for details.

同等の CLIコマンドはclear-cache(英語)です。

ライセンスの一覧表示

このコマンドを実行すると、インストールされているすべてのパッケージの名前、バージョン、およびライセンスタイプが表示されます。

The equivalent CLI command is licenses(英語).

診断

Run this command to perform automated checks for the most common Composer problems (for example connectivity issues, Composer/PHP version used, disk space available, composer.json validity). If the problem is not identified, refer to the Composerトラブルシューティングガイド(英語)

The equivalent CLI command is diagnose(英語).

更新のシミュレーション

Run this command to simulate updating the dependencies without actually running composer update . In doing so, you can verify whether all dependencies are resolved successfully and preview the changes while keeping everything intact.

同等の CLIコマンドは--dry-runを更新(英語)です。

自己更新

Run this command to update Composer itself (that is the composer.phar file) to the latest version.

同等の CLIコマンドはself-update(英語)です。

コマンドラインからComposerを実行する

コマンドラインモードは、Composerコマンドの全範囲を提供します。このモードでComposerを使用するには、外部コマンドラインツールとして設定する必要があります。コマンドラインツールの操作の詳細については、PHPコマンドラインツールを参照してください。

Composerのいくつかのインスタンスを設定し、Composer初期化の間に関連するプロジェクトを指定することで、そのプロジェクトを別のプロジェクトに切り替えることができます。

コマンドラインツールとしてComposerを設定する

  1. 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sで、ツール | コマンド・ライン・ツールのサポートに移動します。

  2. ツールバーの the Add button をクリックします。

  3. コマンド・ライン・ツールダイアログで、リストからComposerを選択し、その可視性レベル(プロジェクトまたはグローバル)を指定します。

    the Command Line Tools dialog
  4. OKをクリックすると、ダイアログが開きます。

    Specify how you want to launch Composer by choose one of the options: composer.pharまたはphpスクリプト or composer executable. Depending on your choice, specify the paths to the PHP installation folder and composer.phar or to the composer executable file.

  5. OKをクリックして変更を適用し、コマンド・ライン・ツールのサポートページに戻ります。必要に応じて、the Edit button をクリックしてツールのプロパティを編集するか、または the Edit Source button をクリックしてコマンドセットをカスタマイズします。詳細はツールのカスタマイズを参照してください。

Composerコマンドを実行する

  • メインメニューからツール | コマンドの実行を選択するか、Ctrl を2回押します。

    開いたなんでも実行ウィンドウで、<c> <command> 形式でコマンドの呼び出しを入力します。

    コマンドの実行結果は実行ツール・ウィンドウに表示されます。

    Running a composer command

コマンドを終了する

最終更新日: 2020年6月29日

関連ページ:

ローカルPHPインタープリターを構成する

Alocal PHP interpreteris a PHP engine installed on your computer opposite to aremote PHP interpreterthat can be installed on a remote host or in a vir...

リモート PHP インタープリターの構成

The termremote PHP interpreterdenotes a PHP engine installed on a remote host or in a virtual environment. The termremote PHP interpreteris used as th...

Docker

Dockerを使用すると、開発者はアプリケーションをコンテナー内にデプロイして、実稼働環境と同じ環境でコードをテストできます。PhpStormは、Dockerプラグインを使用してDockerサポートを提供します。プラグインはバンドルされ、デフォルトで有効になっています。プラグインはデフォルトでアクテ...

プロジェクトツールウィンドウ

表示 | ツール・ウィンドウ | プロジェクトこのツールウィンドウを使用すると、プロジェクトをさまざまな観点から見て、新しい項目(ディレクトリ、ファイル、クラスなど)の作成、エディターでのファイルの開き、目的のコードフラグメントへの移動などのタスクを実行できます。このツールウィンドウのほとんどの機能...

名前の変更リファクタリング

基本:名前変更リファクタリングでは、コード内のすべての参照が自動的に修正されたシンボルやファイルの名前を変更できます。PhpStormで使用できる名前変更リファクタリングは次のとおりです。クラスの名前変更。以下の使用箇所が名前変更されます:インポートステートメント、クラスの修飾名、メソッドの名前変更...

実行/デバッグ構成の作成および編集

ナビゲーションバーが表示されると(表示 | 外観 | ナビゲーション・バー)、使用可能な実行/デバッグ構成が実行エリアの実行/デバッグ構成セレクタに表示されます。PhpStormは、実行/デバッグ構成を処理するためのツールとして実行/デバッグ構成ダイアログを提供します:設定プロファイルを作成するか、...