PhpStorm 2019.3ヘルプ

Composer依存マネージャー

PhpStormはComposer(英語)依存マネージャーと統合されています。これにより、Packagist(英語)のパッケージをプロジェクトの依存関係として宣言し、IDEから管理することができます。

PhpStormは、共通のComposerコマンド専用のユーザーインターフェースを提供します。

上記のコマンドを実行すると、PhpStormはComposerログ コンソールを介して出力を表示します。

PhpStormプロジェクトでComposerコマンドの全範囲(英語)を使用する場合は、Composerを外部command-lineツールとして構成および実行できます。

Composerのダウンロードとインストール

Composerのインストールについて詳しくは、Composerの公式ドキュメント(英語)を参照してください。

ローカル環境で作業している場合、PhpStormのComposerコマンドは設定されたローカルPHPインタープリターを介して実行されます。Composerをシステム全体のスタンドアロンツールとして手動でダウンロードしてインストールすることも、新しいComposerプロジェクトの作成時、Composerの初期化時、または既存のプロジェクトで他のComposerコマンドの呼び出し時にPhpStormに自動的にダウンロードさせることもできます。

さらに、PhpStormを使用すると、設定済みのリモート PHPインタープリターを介してComposerコマンドを実行できます。

新しいComposerプロジェクトの作成

新しいComposerプロジェクトを作成すると、PhpStormは選択したComposerパッケージに基づいてプロジェクトを作成し、依存関係を解決してプロジェクトの vendor ディレクトリーにインストールします。

  1. PhpStormのようこそ画面でファイル | 新規プロジェクトを選択するか、新規プロジェクトの作成をクリックします。

    新規プロジェクトダイアログが開きます。

    Creating a new Composer project
  2. ダイアログで、プロジェクトのパラメータを指定します。

    • プロジェクトのタイプと場所を選択してください:

      • 左側のペインで、Composer プロジェクトを選択します。

      • 右側のペインのロケーションフィールドに、プロジェクトを作成するフォルダーを指定します。

    • Composerコマンドの実行方法を選択します。
      • グローバルにインストールされた composer 実行可能ファイルを介してコマンドを実行するには、'composer' 実行可能ファイルを選択し、フィールドにその場所を指定します。

      • ローカルの composer.phar アーカイブを介してコマンドを実行するには、composer.pharを選択します。次に、フィールドに既存の composer.phar ファイルの場所を指定するか、getcomposer.org から composer.phar をダウンロードするチェックボックスを選択してファイルの新しいインスタンスをダウンロードします。ダウンロードした composer.phar ファイルはプロジェクトのルートフォルダーに保存されます。

        次に、PHP インタープリターリストから設定されたローカルPHPインタープリターの1つを選択します。詳細は、ローカルPHPインタープリターの設定を参照してください。

      必要に応じて、コマンド・ライン・パラメーターフィールドに追加のコマンドラインパラメータを入力します。
    • パッケージ領域で、リストからパッケージを選択し、インストールするバージョンリストから該当するバージョンを選択します。パッケージを検索するには、パッケージをフィルター検索フィールドを使用します。

  3. 作成をクリックします。選択したパッケージとともにcreate-project(英語) Composerコマンドが呼び出されます。結果として、Composerプロジェクトが作成され、その構成と構造は選択したパッケージに依存します。その後、作成されたPhpStormプロジェクトが開きます。

既存のプロジェクトでComposerを初期化する

プロジェクトでComposerを初期化すると、composer.json ファイルが作成されます。このファイルには、プロジェクトの依存関係とその他のメタデータが表示されます。

  1. メインメニューからツール | Composer | Composer 初期化を選択します。

    Composer 設定ダイアログが開きます。

    the Composer Settings dialog
  2. Composerコマンドの実行方法を選択します。
    • グローバルにインストールされた composer 実行可能ファイルを介してコマンドを実行するには、'composer' 実行可能ファイルを選択し、フィールドにその場所を指定します。

    • ローカルの composer.phar アーカイブを介してコマンドを実行するには、composer.pharを選択します。次に、フィールドに既存の composer.phar ファイルの場所を指定するか、getcomposer.org から composer.phar をダウンロードするチェックボックスを選択してファイルの新しいインスタンスをダウンロードします。ダウンロードした composer.phar ファイルはプロジェクトのルートフォルダーに保存されます。

      次に、PHP インタープリターリストから設定されたローカルPHPインタープリターの1つを選択します。詳細は、ローカルPHPインタープリターの設定を参照してください。

    • リモートインタープリターを介してコマンドを実行するには、リモートインタープリターを選択してください。

      • CLI インタープリターリストから、使用するリモートインタープリターを選択するか、または icons general ellipsis をクリックしてリモート PHPインタープリターの設定の説明に従って新しいものを設定します。

        ほとんどの場合、PhpStormはパスマッピングを自動的に検出します。必要に応じて、パス・マッピングフィールドの the Browse button をクリックして、開いたプロジェクトパスマッピングの編集ダイアログで手動で指定できます。

      • 実行可能なComposerフィールドに、Composer実行可能ファイルの名前を入力します。 the Browse buttonをクリックして、表示されるサーバー上のパスを選択ダイアログで実行可能ファイルを見つけることができます。

  3. OKをクリックして、Composer 設定ダイアログを閉じます。PhpStormは、composer.json ファイルのスタブを作成し、エディターで開きます。

    the composer.json file stub

    コードを完成するか、生成された値を受け入れます。 composer.json ファイルの操作の詳細については、Composer.json:プロジェクトのセットアップ(英語)を参照してください。

composer.json エディターパネル上部のショートカットリンクを使用して、プロジェクトの依存関係を素早くインストールまたは更新し、Composerログを開き、追加のコマンドにアクセスします。

1つのPhpStormプロジェクトに複数の composer.json ファイルを置くことができます。各 composer.jsonについて、アクションは、エディターまたはプロジェクトビューのコンテキストメニュー、またはエディターパネルの上部にあるショートカットリンクを使用して呼び出されます。

PhpStormで既存のComposerプロジェクトを開く

既存のComposerプロジェクトを開くと、PhpStormは composer.json ファイルに含まれている情報を使用して、プロジェクトのコンテンツ・ルートPHP 言語レベルなどの特定の設定オプションを自動的に適用します。

  1. ようこそ画面で開くをクリックするか、メインメニューからファイル | 開くを選択し、Composerプロジェクトが保存されているフォルダーを選択します。

    PhpStormは通知を表示します:

    ps_composer_notification_composer_json_detected.png
  2. Composerの設定を初期化するをクリックします。開いているComposerダイアログで、composer.json ファイルの場所を指定します。PhpStormが既存のファイルを検出すると、composer.json のパスフィールドは自動的に入力されます。

    ps_composer_path_detected.png

  3. プロジェクト設定を構成します。

    • デフォルトでは、vendor/*/* ディレクトリー下のすべてのパッケージはプロジェクトから除外され、write-protectedライブラリーとして追加されます。編集から保護するには、 パッケージをライブラリーとして追加する チェックボックスを選択したままにします。それ以外の場合は、vendor/*/*でComposerパッケージを編集する場合は、パッケージをライブラリーとして追加するチェックボックスをオフにします。

    • composer.json と IDE 設定を同期するチェックボックスが選択されていることを確認して、PHP言語レベルを自動的に検出し、composer.jsonの設定に基づいてプロジェクトのソースとテストのルートを設定します。

      PhpStormはPSR-0 / PSR-4ソースルートとそれらの名前空間プレフィックスを認識しています。 autoload セクションに基づいてソースルート the Source root icon を設定し、autoload-dev セクションに基づいてテストルート the Tests root icon を設定します。PhpStormは require セクションの php 設定に基づいてPHP言語レベルも検出します。

      composer.json と IDE 設定を同期するチェックボックスが選択されていることを確認して、PHP言語レベルを自動的に検出し、composer.jsonの設定に基づいてプロジェクトのソースとテストのルートを設定します。

      composer.json にはプロジェクト構成に関する最新の情報が含まれているため、この自動同期によってSourceフォルダーとTestフォルダーがプロジェクト構造と完全に一致し、正しいPHP言語レベルが自動的に設定されます。

      composer.json と IDE 設定を同期するチェックボックスが選択されていることを確認して、PHP言語レベルを自動的に検出し、composer.jsonの設定に基づいてプロジェクトのソースとテストのルートを設定します。

      PSRとオートロードの詳細については、ComposerオフィシャルWebサイト(英語)を参照してください。同期設定の例と詳細については、PhpStormブログ投稿(英語)を参照してください。コンテンツ・ルートの設定の詳細については、コンテンツ・ルートを参照してください。

    OKをクリックして、指定したプロジェクト設定を適用し、ダイアログを閉じます。

  4. Composerコマンドの実行を設定する:

    • 以下のいずれか 1 つを実行します:

      • 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sで、言語とフレームワーク | PHP | Composerに移動します。

      • プロジェクトに単一の composer.json ファイルがある場合は、メインメニューから ツール | Composer | インストール を選択してComposer 設定ダイアログを開きます。

    • Composerコマンドの実行方法を選択します。
      • グローバルにインストールされた composer 実行可能ファイルを介してコマンドを実行するには、'composer' 実行可能ファイルを選択し、フィールドにその場所を指定します。

      • ローカルの composer.phar アーカイブを介してコマンドを実行するには、composer.pharを選択します。次に、フィールドに既存の composer.phar ファイルの場所を指定するか、getcomposer.org から composer.phar をダウンロードするチェックボックスを選択してファイルの新しいインスタンスをダウンロードします。ダウンロードした composer.phar ファイルはプロジェクトのルートフォルダーに保存されます。

        次に、PHP インタープリターリストから設定されたローカルPHPインタープリターの1つを選択します。詳細は、ローカルPHPインタープリターの設定を参照してください。

      • リモートインタープリターを介してコマンドを実行するには、リモートインタープリターを選択してください。

        • CLI インタープリターリストから、使用するリモートインタープリターを選択するか、または icons general ellipsis をクリックしてリモート PHPインタープリターの設定の説明に従って新しいものを設定します。

          ほとんどの場合、PhpStormはパスマッピングを自動的に検出します。必要に応じて、パス・マッピングフィールドの the Browse button をクリックして、開いたプロジェクトパスマッピングの編集ダイアログで手動で指定できます。

        • 実行可能なComposerフィールドに、Composer実行可能ファイルの名前を入力します。 the Browse buttonをクリックして、表示されるサーバー上のパスを選択ダイアログで実行可能ファイルを見つけることができます。

  5. プロジェクトの依存関係をインストールします。

    • プロジェクトに単一の composer.json ファイルがある場合は、メインメニューからツール | Composer | インストール を選択します。

    • それ以外の場合、複数の composer.json ファイルがある場合は、関連するファイルのコンテキストメニューからComposer | インストール を選択します。PhpStormプロジェクトでデフォルトのcomposer.jsonを指定するも参照してください。

    composer.json ファイルをエディターで開き、エディターパネルの上部にある インストール ショートカットリンクをクリックすることもできます。

PhpStormプロジェクトでデフォルトのcomposer.jsonを指定する

1つのPhpStormプロジェクトに複数の composer.json ファイルを含めることができます。 composer.jsonごとに、エディターまたはプロジェクトビューのコンテキストメニューから、あるいはエディターパネル上部のショートカットリンクを使用して、アクションが呼び出されます。PhpStormプロジェクトにデフォルトのcomposer.jsonを指定することもできます。そのためのComposerアクションは、メインメニューのツール | Composerから呼び出されます。

  1. 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sで、言語とフレームワーク | PHP | Composerに移動します。

  2. デフォルトの composer.jsonの場所を指定します。PhpStormプロジェクトに1つのComposer設定ファイルがある場合、composer.json のパスフィールドは自動的に入力されます。

  3. デフォルトでは、vendor/*/* ディレクトリー下のすべてのパッケージはプロジェクトから除外され、write-protectedライブラリーとして追加されます。編集から保護するには、パッケージをライブラリーとして追加する チェックボックスを選択したままにします。

    それ以外の場合は、vendor/*/*でComposerパッケージを編集する場合は、 パッケージをライブラリーとして追加する チェックボックスをオフにします。

  4. composer.json と IDE 設定を同期するチェックボックスが選択されていることを確認して、PHP言語レベルを自動的に検出し、composer.jsonの設定に基づいてプロジェクトのソースとテストのルートを設定します。

    PhpStormはPSR-0 / PSR-4ソースルートとそれらの名前空間プレフィックスを認識しています。 autoload セクションに基づいてソースルート the Source root icon を設定し、autoload-dev セクションに基づいてテストルート the Tests root icon を設定します。PhpStormは require セクションの php 設定に基づいてPHP言語レベルも検出します。

    composer.json と IDE 設定を同期するチェックボックスが選択されていることを確認して、PHP言語レベルを自動的に検出し、composer.jsonの設定に基づいてプロジェクトのソースとテストのルートを設定します。

    composer.json にはプロジェクト構成に関する最新の情報が含まれているため、この自動同期によってSourceフォルダーとTestフォルダーがプロジェクト構造と完全に一致し、正しいPHP言語レベルが自動的に設定されます。

    composer.json と IDE 設定を同期するチェックボックスが選択されていることを確認して、PHP言語レベルを自動的に検出し、composer.jsonの設定に基づいてプロジェクトのソースとテストのルートを設定します。

    PSRとオートロードの詳細については、ComposerオフィシャルWebサイト(英語)を参照してください。同期設定の例と詳細については、PhpStormブログ投稿(英語)を参照してください。コンテンツ・ルートの設定の詳細については、コンテンツ・ルートを参照してください。

依存関係のインストール

特定のパッケージを個別にインストールすることができ、PhpStormは自動的にあなたの composer.json を更新します。あるいは、composer.jsonrequire および require-dev セクションに必要なパッケージをリストして、一度にインストールすることもできます。

composer.lock ファイルが現在のディレクトリーに存在する場合、そこにリストされている正確なパッケージのバージョンがインストールされます。それ以外の場合、composer.lock ファイルが見つからない場合、Composerはパッケージをインストールした後にComposerを作成し、プロジェクトを特定のバージョンにロックします。

Composer公式サイト(英語)の依存関係の追加の詳細を参照してください。

特定のパッケージをインストールする

  1. 以下のいずれか 1 つを実行します:

    • composer.json コンテキストメニューからComposer | 依存性の管理を選択します。

    • デフォルトのcomposer.jsonからパッケージをインストールするには、メインメニューからツール | Composer | 依存性の管理を選択します。

  2. 表示されたComposerの依存関係を管理するダイアログで、使用可能なパッケージリストから必要なパッケージを選択します。パッケージを検索するには、検索フィールドを使用します。リストには利用可能なパッケージがすべて表示されます。すでにインストールされているパッケージにはチェックマークが付いています。

    インストールするバージョンリストから該当するバージョンを選択します。

  3. 必要に応じて、パッケージのインストールをカスタマイズします。コマンド・ライン・パラメーターフィールドに、追加のコマンド行パラメーターを入力します。

  4. インストール」をクリックしてインストールを開始します。ダイアログを終了するには、閉じるをクリックします。

パッケージがインストールされると、PhpStormは vendor に新しいサブフォルダーを作成し、このサブフォルダーに新しいパッケージを保管します。対応するパッケージレコードは、composer.json ファイルの require または require-dev セクション、およびcomposer.lock(英語)ファイルに追加されます。

一度にすべてのパッケージをインストールする

以下のいずれかを行います。

  • composer.json コンテキストメニューからComposer | インストールを選択します。

  • エディターで composer.json を開き、エディターパネルの上部にある Install shortcutリンクをクリックします。

  • デフォルトのcomposer.jsonにリストされているすべてのパッケージをインストールするには、メインメニューからツール | Composer | インストールを選択します。

PhpStormは、composer.json ファイルの require および require-dev セクションにリストされているすべてのパッケージをインストールします。

依存関係の更新

特定のパッケージをそれらの最新バージョンに個別に更新することができ、PhpStormはあなたの composer.json を自動的に更新します。あるいは、composer.json ファイルの require および require-dev セクションにリストされているすべてのパッケージを一度に更新することもできます。

特定のパッケージを更新する

  1. 以下のいずれか 1 つを実行します:

    • composer.json コンテキストメニューからComposer | 依存性の管理を選択します。

    • デフォルトのcomposer.jsonからパッケージを更新するには、メインメニューから ツール | Composer | 依存性の管理 を選択します。

  2. チェックマークが付いたパッケージの中から使用可能なパッケージリストから必要なパッケージを選択し、更新をクリックします。

一度にすべてのパッケージを更新する

以下のいずれかを行います。

  • composer.json コンテキストメニューからComposer | 更新を選択します。

  • エディターで composer.json を開き、エディターパネル上部の更新ショートカットリンクをクリックします。

  • デフォルトのcomposer.jsonにリストされているすべてのパッケージを更新するには、メインメニューからツール | Composer | インストールを選択します。

PhpStormは、composer.json ファイルの require および require-dev セクションにリストされているすべてのパッケージを更新します。

依存関係のアンインストール

  1. 以下のいずれかを行います。

    • composer.json コンテキストメニューからComposer | 依存性の管理を選択します。

    • デフォルトのcomposer.jsonにリストされているパッケージをアンインストールするには、メインメニューからツール | Composer | 依存性の管理を選択します。

  2. 使用可能なパッケージリストで、目盛り付きのパッケージからアンインストールするパッケージを選択し、除去をクリックします。

パッケージがアンインストールされると、PhpStormは require または composer.jsonrequire-dev セクションを自動的に更新します。

Composerログの表示

the Composer Log console

Composerログを開く

以下のいずれかを行います。

  • 最初にComposerコマンドを実行した後、イベント・ログ通知メッセージのログに表示する ショートカットリンクをクリックします。

    the Composer Log notification message
  • エディターで composer.json を開き、エディターパネル上部のログの表示ショートカットリンクをクリックします。

折りたたまれたComposerログメッセージを見る

Composerコマンドが正常に実行された場合、Composerログはその実行の詳細をフォールドします。

  • ガターの the Expand button をクリックして、メッセージを展開します。

  • 省略記号の上にマウスを置くと、メッセージがツールチップで表示されます。

    the folded Composer Log message

プロジェクトでデフォルトのcomposer.jsonを指定する場合、PhpStormの設定と composer.jsonの同期を有効にできます。Composerログは、発生した設定の変更を強調表示します。ガターの the Settings button をクリックして、対応するディレクトリーPHP、またはテスト・フレームワーク設定ページにすばやく移動します。

追加のComposerコマンドの実行

PhpStormは、一連の追加のComposerコマンド用のユーザーインターフェースを提供します。

  • composer.json コンテキストメニューからComposer | <コマンド名>を選択します。

  • エディターで composer.json を開き、composer.json エディターパネルの上にある the Settings button をクリックして、リストから目的のコマンドを選択します。

  • デフォルトのcomposer.jsonのコマンドを実行するには、メインメニューから ツール | Composer | <コマンド名> を選択します。

Composerの実行が設定されていない場合は、Composer 設定ダイアログが開き、Composerコマンドの実行方法を選択するように促されます。
  • グローバルにインストールされた composer 実行可能ファイルを介してコマンドを実行するには、'composer' 実行可能ファイルを選択し、フィールドにその場所を指定します。

  • ローカルの composer.phar アーカイブを介してコマンドを実行するには、composer.pharを選択します。次に、フィールドに既存の composer.phar ファイルの場所を指定するか、getcomposer.org から composer.phar をダウンロードするチェックボックスを選択してファイルの新しいインスタンスをダウンロードします。ダウンロードした composer.phar ファイルはプロジェクトのルートフォルダーに保存されます。

    次に、PHP インタープリターリストから設定されたローカルPHPインタープリターの1つを選択します。詳細は、ローカルPHPインタープリターの設定を参照してください。

  • リモートインタープリターを介してコマンドを実行するには、リモートインタープリターを選択してください。

    • CLI インタープリターリストから、使用するリモートインタープリターを選択するか、または icons general ellipsis をクリックしてリモート PHPインタープリターの設定の説明に従って新しいものを設定します。

      ほとんどの場合、PhpStormはパスマッピングを自動的に検出します。必要に応じて、パス・マッピングフィールドの the Browse button をクリックして、開いたプロジェクトパスマッピングの編集ダイアログで手動で指定できます。

    • 実行可能なComposerフィールドに、Composer実行可能ファイルの名前を入力します。 the Browse buttonをクリックして、表示されるサーバー上のパスを選択ダイアログで実行可能ファイルを見つけることができます。

検証

このコマンドを実行すると、composer.json ファイルに対していくつかの妥当性チェックが実行されます。これは、composer.json をVCSにコミットする前に推奨されます。検証結果はComposerログコンソールに表示されます。

同等のComposer CLIコマンドはvalidate(英語)です。

コマンドを実行する前に、検証設定ダイアログで必要なオプションを選択します。

  • アンバウンドバージョンの制約を許可する : 選択した場合、上限のないバージョン制約(たとえば * , >3.1)が許可されます。これにより、依存関係の将来のバージョンへの更新が可能になることに注意してください。これは、依存関係の予期しない変更の場合に下位互換性の課題を引き起こす可能性があります。

    Composer CLIコマンドの同等のオプションは --no-check-allです。

  • composer.lockが最新であるかどうかを確認する : 選択すると、composer.lock にリストされているバージョン制約が composer.jsonにリストされているものと比較されます。バージョンの制約が一致しない場合は、パッケージを更新してこれを修正することをお勧めします。パッケージが必要なバージョンに更新された後、composer.lockcomposer.json ファイルは同期されます。

    Composer CLIコマンドの同等のオプションは --no-check-lockです。

  • パッケージがPackagist対応であるかどうかを確認する : 選択すると、パッケージの composer.jsonPackagist(英語)発行要件に対してチェックされます。一般に、パッケージをPackagist対応にするには、その composer.json ファイルの name , description、および require セクションを指定する必要があります。パッケージの公開に関する詳細はPackagistのドキュメント(英語)を参照してください。

    Composer CLIコマンドの同等のオプションは --no-check-publishです。

  • パッケージの依存関係を検証する : これを選択すると、現在のパッケージのすべてのインストール済み依存ファイルの composer.json ファイルも検証されます。

    Composer CLIコマンドの同等のオプションは --with-dependenciesです。

オートローダーのダンプ

このコマンドを実行すると、オートロードされたクラスのリストが生成されます。リストがすでに存在する場合、新たに生成されます。これは、プロジェクトに新しいクラスを導入し、それをオートロードされたクラスのリストに含める必要がある場合に便利です。Composerでクラスをオートロードする方法の詳細については、Composerのドキュメント(英語)を参照してください。

同等のComposer CLIコマンドはdump-autoload(英語)です。

コマンドを実行する前に、オートローダー生成設定 ダイアログで必要なオプションを選択します。

  • スクリプトの実行をスキップする : 選択した場合、composer.json ファイルの scripts セクションに定義されているスクリプトは実行されません。

    Composer CLIコマンドの同等のオプションは --no-scriptsです。

  • オートローダーの最適化 (PSR-0/4オートローダをクラスマップに変換) : これを選択すると、Composerは、php および inc ファイル用に、指定されたPSR-0/4オートローディングディレクトリー/ファイルをスキャンし、オートローディングを高速化するために単一の autoload_classmap キー値配列を生成します。クラスの数が多い場合、このコマンドの実行には時間がかかることに注意してください。

    Composer CLIコマンドの同等のオプションは --optimizeです。

  • クラスマップからクラスをオートロード : 選択すると、クラスマップにリストされているクラスだけが自動ロードされます。ComposerはクラスマップにリストされていないクラスのフォールバックPSR-4ディレクトリーを検索しません。これには必然的に既存のクラスマップが必要になるため、Composerはオートローダーの最適化 (PSR-0/4オートローダをクラスマップに変換) コマンドも実行してそれを生成しますが、これは時間のかかるプロセスです。

    Composer CLIコマンドの同等のオプションは --classmap-authoritativeです。

  • 見つかった/見つからないクラスのキャッシングにAPCuを使用する : 選択すると、APCu(英語)によるキャッシュが有効になります。クラスマップ内にクラスが見つかった(または見つからない)場合、対応するレコードはAPCuにキャッシュされ、次の要求ですぐに取り出すことができます。

    Composer CLIコマンドの同等のオプションは --apcuです。

  • autoload-dev 依存関係を使用不可にする : これを選択すると、オートロードされた名前空間と autoload-dev セクションにリストされているファイルは、オートロードされたクラスリストには含まれません。

    Composer CLIコマンドの同等のオプションは --no-devです。

依存関係の変更を確認する

このコマンドを実行して、パッケージの依存関係のコードにローカル変更があるかどうかを確認します。

同等のComposer CLIコマンドはstatus(英語)です。

キャッシュのクリア

ダウンロードしたパッケージを含むComposerのキャッシュディレクトリーを削除するには、このコマンドを実行します。デフォルトでは、キャッシュディレクトリーはWindowsでは C:\Users\<user>\AppData\Local\Composer、LinuxおよびmacOSでは ~/.composer/cache に設定されています。詳細は、Composerのドキュメント(英語)を参照してください。

同等のComposer CLIコマンドはclear-cache(英語)です。

ライセンスの一覧表示

このコマンドを実行すると、インストールされているすべてのパッケージの名前、バージョン、およびライセンスタイプが表示されます。

同等のComposer CLIコマンドはlicenses(英語)です。

診断

このコマンドを実行して、最も一般的なComposerの課題(接続の課題、使用されているComposer / PHPのバージョン、使用可能なディスク容量、composer.json の有効性など)を自動チェックします。課題が特定されない場合は、Composerトラブルシューティングガイド(英語)を参照してください。

同等のComposer CLIコマンドがある診断します(英語)

自己更新

このコマンドを実行して、Composer自体(つまり composer.phar ファイル)を最新バージョンに更新します。

同等のComposer CLIコマンドはself-update(英語)です。

コマンドラインからComposerを実行する

コマンドラインモードは、Composerコマンドの全範囲を提供します。このモードでComposerを使用するには、外部コマンドラインツールとして設定する必要があります。コマンドラインツールの操作の詳細については、PHPコマンドラインツールを参照してください。

Composerのいくつかのインスタンスを設定し、Composer初期化の間に関連するプロジェクトを指定することで、そのプロジェクトを別のプロジェクトに切り替えることができます。

コマンドラインツールとしてComposerを設定する

  1. 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sで、ツール | コマンド・ライン・ツールのサポートに移動します。

  2. ツールバーの the Add button をクリックします。

  3. コマンド・ライン・ツールダイアログで、リストからComposerを選択し、その可視性レベル(プロジェクトまたはグローバル)を指定します。

    the Command Line Tools dialog
  4. OKをクリックすると、ダイアログが開きます。

    composer.pharまたはphpスクリプトまたはcomposer実行可能ファイルのいずれかのオプションを選択して、Composerの起動方法を指定します。選択に応じて、PHPインストールフォルダーと composer.phar、または composer 実行可能ファイルへのパスを指定します。

    PhpStormは、指定された .phar アーカイブまたはComposerコマンドの実行可能ファイルの内容を解析します。ファイル解析が完了すると、PhpStormはコマンドラインツールのサポートページに戻り、指定されたファイルがPhpStormで使用可能なコマンドラインツールのリストに追加されます。

  5. OKをクリックして変更を適用し、コマンド・ライン・ツールのサポートページに戻ります。必要に応じて、the Edit button をクリックしてツールのプロパティーを編集するか、または the Edit Source button をクリックしてコマンドセットをカスタマイズします。詳細はツールのカスタマイズを参照してください。

Composerコマンドを実行する

  • メインメニューからツール | コマンドの実行を選択するか、Ctrl を2回押します。

    開いたなんでも実行ウィンドウで、<c> <command> 形式でコマンドの呼び出しを入力します。

    コマンドの実行結果は実行ツール・ウィンドウに表示されます。

コマンドを終了する

最終更新日: 2019年12月13日

関連ページ:

ローカルPHPインタープリターの設定

ローカルPHPインタープリターは、リモート PHPインタープリターの反対側にコンピューターにインストールされるPHPエンジンであり、リモートホストまたはVagrantインスタンスにセットアップされた仮想環境にインストールできます。リモート PHPインタープリターの設定を参照してください。設定/環境設...

リモート PHPインタープリターの設定

リモート PHPインタープリターという用語は、リモートホストまたは仮想環境にインストールされたPHPエンジンを意味します。リモート PHPインタープリターという用語は、コンピューターにインストールされているローカルPHPインタープリターの反対語として使用されます。ローカルPHPインタープリターの設定...

Docker

Dockerを使用すると、開発者は本番環境と同じ環境でコードをテストするためにコンテナー内にアプリケーションをデプロイできます。PhpStormはDockerプラグインを使用してDockerをサポートします。プラグインはバンドルされており、デフォルトで有効になっています。プラグインはデフォルトで有効...

テスト・フレームワーク

このページを使用して、PHP固有のテストフレームワークと現在のプロジェクトのPhpStormを統合します。PhpStormを使用すると、PHPUnit、Behat、Codeception、およびPHPSpecテストを実行およびデバッグできます。ページは2つのペインで構成されています。中央ペインには、...

PHPコマンドラインツール

PhpStormは、一般的なサードパーティ製またはユーザ定義のPHPツール(Symfony 1.1+、Symfony2、Zend フレームワーク 1、Zend フレームワーク 2 (ZFTool)、Yii、Composer、Drush 5.8+、LaravelおよびDoctrine(Symfonyコ...

プロジェクトにおけるPHP名前空間の設定

PhpStormには、プロジェクトルートフォルダーがパッケージおよび名前空間のルートでもあることを指定する構成可能な規則が付属しています。つまり、プロジェクトのルートフォルダーはデフォルトでソースとしてマークされ、そに作成されるすべてのディレクトリーは個別のネームスペースと見なされます。これは、オー...