PhpStorm 2020.3 ヘルプ

PhpStorm の高度な Vagrant 機能の使用

このチュートリアルでは、Vagrant 統合の高度な機能を PhpStorm に使用する方法について説明します。Vagrant(英語)Oracle VirtualBox(英語) の使い方の詳細はこのチュートリアルの範囲外です。詳しくはそれぞれの資料を参照してください。

Vagrant: 再現可能な開発環境の使用ページに記載されている前提条件に注意してください。また、Vagrant ボックスが作成され、初期化されていることを確認してください。

組み込みの SSH ターミナルを使用して Vagrant マシンに接続する

PhpStorm は、リモートマシンに接続するために使用できる組み込みの SSH ターミナルを備えています。

接続の開始

Vagrant マシンに接続するには、メインメニューでツール | SSH セッションの開始... を選択します。接続できるホストのリストが開きます。

設定された Vagrant マシンはこのリストに自動的に追加されます。それをクリックすると、この Vagrant マシンによって公開されている SSH エンドポイントへの接続が開きます。資格情報を編集... メニュー項目では、接続情報を手動で入力できます。ただし、ここでは仮想ボックスの使用に限定します。

SSH の使用

Vagrant を選択した後、PhpStorm は SSH サーバーを使用して Vagrant マシンに接続し、使用するターミナルを表示します。

Vargant int he terminal

SSH ターミナルでは、次のことができます。

  • 上矢印キーと下矢印キーを使用してコマンドの履歴をスクロールします

  • クリップボードの操作を実行する

共有フォルダーの操作

Vagrant では、ホストマシンと Vagrant マシンの間でフォルダーを共有できます。たとえば、これらのフォルダーを使用して、現在の PhpStorm プロジェクトの Web ルートの内容を Vagrant マシンの Apache 仮想ホストディレクトリに自動的にマップすることができます。

パスマッピングの追加

編集用に Vagrantfile を開き(F4、パスマッピングの設定項目を追加:

Vagrant.configure("2") do |config| config.vm.synced_folder "src/", "/srv/website" end

Vagrant の再ロード

メインメニューのツール | Vagrant | 再ロードを選択して Vagrantfile を再ロードします:

Reload vagrant

コマンド実行の結果は、実行ツールウィンドウに表示されます。

Vagrant reloading results

Vagrant マシンが再ロードされると、新しいパスマッピングが使用可能になります。例: 組み込みの SSH ターミナルを使用して Vagrant マシンに接続すると、PhpStorm のローカルプロジェクトフォルダーにマップされている /vagrant フォルダーの内容が表示されます。注意: このフォルダーからファイルを削除すると、両端のファイルが削除されます。

Vagrant インスタンスフォルダーの指定

デフォルトでは、Vagrantfile と他のすべての Vagrant 仕様(Puppet マニフェストなど)は PhpStorm プロジェクトのルートに置かれます。これは必ずしも望ましいとは限りませんため、PhpStorm が Vagrantfile を探すインスタンスフォルダーは、設定 / 環境設定の Vagrant ページから設定できます。

Specifying the Vagrant instance folder

設定による Vagrant プラグインの管理

設定 / 環境設定の Vagrant ページで、Vagrant プラグインを管理することもできます。タブプラグインで、ツールバーのボタンを使用してプラグインをインストール、アンインストール、更新します。

Adding a Vagrant plugin

VMWare 上で Vagrant マシンを実行できる VMWare Fusion Provider(英語) などのライセンスをインストールすることもできます。

プロバイダのサポート

Vagrant は、デフォルトで仮想化プラットフォームとして Oracle VirtualBox(英語) と連携します。ただし、プロバイダを使用して仮想化プラットフォームを変更できるため、仮想マシンは VirtualBox 以外のシステム(VMWare(英語)Amazon EC2(英語) など)で実行できます。Vagrant プラグイン一覧(英語)で利用可能なプロバイダを見つけてください。

各コマンドについて、使用するプロバイダを Vagrant に渡す必要があります。このプロセスを単純化し、PhpStorm が自動的にすべての Vagrant コマンドにプロバイダ名を追加するようにするには、設定 / 環境設定の Vagrant ページでプロバイダを指定します。あなたのマシンにインストールされているすべてのプロバイダは、設定から利用できます。選択すると、プロバイダーは PhpStorm ですべての Vagrant コマンドを実行するために使用されます:

Redefining the vagrant provider

Vagrant マシンの(再)プロビジョニング

Vagrantfile には一連のプロビジョナが含まれていても、仮想マシンの実行後にインストールおよび設定ルーチンを起動できます。

ツール | Vagrant | プロビジョンのメインメニューコマンドは、仮想マシンを最初に破棄することなく、すでに稼働している Vagrant マシン上で構成されたプロビジョナを起動します。

詳細については、プロビジョニング(英語)のドキュメントを参照してください。

環境変数の操作

Vagrantfile の環境変数は、Puppet ノード、Puppet 環境、カスタムファクト、AWS キーに使用できます。

Settings/ Preferences ダイアログの Vagrant ページで、Vagrantfile に渡すプロジェクト固有の環境変数を指定します。

Adding an environment variable

設定されると、これらの環境変数は、#{ENV['name_of_variable']} という構文を使用して、Vagrantfile で参照されます。

Newly added environmental variable in the Vagrantfile

関連ページ:

Vagrant: 再現可能な開発環境の使用

Vagrant は、仮想マシンのライフサイクルを管理するために使用されるコマンドラインユーティリティです。PhpStorm は、Vagrant との完全な統合を提供し、Vagrant 仮想環境の構成、仮想マシンの動作の制御、およびプロジェクト内からの Vagrant コマンドの実行を可能にします。Vagrant を使用する場合、次の定義が満たされます。Vagrantfile: Vagrant 環境を定義し、仮想ボックスのすべての構成を格納し、仮想マシンの操作方法を Vagrant に指示するメイン...

SSH ターミナルを実行する

PhpStorm から SSH セッションを直接起動できます。専用の SSH ターミナルでコマンドを実行することにより、SSH トンネルを介してリモート Web サーバーまたは Vagrant インスタンス(仮想マシン)上のデータにアクセスできます。主にファイルのアップロードとダウンロードです。SSH ターミナルでの作業を準備する宛先サーバー環境で SSH サーバー(リモート Web サーバーまたは Vagrant インスタンス(仮想マシン))が使用可能であることを確認してください。宛先環境の S...

WSL

WSL(WSL 2)- Windows Subsystem for Linux - Windows 10 で Linux バイナリ実行可能ファイルをネイティブに実行するための互換性レイヤーです。現在、Ubuntu、OpenSUSE、SLES などのいくつかの Linux ディストリビューションをサポートしています。WSL を設定する Microsoft ストアから WSL ディストリビューション(Ubuntu など)をダウンロードしてインストールします。このステップでは、必ず最新の「Fall Cre...