PhpStorm 2019.3ヘルプ

分散構成ファイルの使用 (.htaccess)

PhpStormは、分散構成ファイル(英語)の編集中に、構文の強調表示、書式設定、コード補完、およびドキュメント検索を提供します。

分散構成ファイルは、HTTP Apache Server(英語)構成へのディレクトリベースの変更を行うために使用され、通常は .htaccessという名前です。

名前が .htaccessのファイルを使用している場合、PhpStormはそれを分散構成ファイルとして認識し、完全なコーディング支援を提供するため、追加の手順は必要ありません。

別の名前のファイルを使用したい場合は、このフルネームまたは対応するパターンを分散構成ファイル・タイプに関連付ける必要があります。その後、PhpStormは指定されたパターンに一致する名前のファイルを分散構成ファイルとして扱い、それに応じてそれを処理します。

名前パターンを分散設定ファイルタイプに関連付ける

  1. 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sで、エディター | ファイル・タイプを選択します。

  2. 認識されているファイルの種類リストからApache 構成を選択してください。

  3. 登録パターン領域で、the Add buttonをクリックします。

  4. 表示されるワイルドカードの追加ダイアログで、分散設定ファイルの拡張子を定義するパターンを指定します。

  5. OKをクリックします。PhpStormは、指定したパターンが登録パターンリストに追加されるファイル・タイプページに戻ります。

    • パターンを破棄するには、リストからそれを選択して the Remove buttonをクリックします。

    • パターンを変更するには、リストでそれを選択し、the Edit buttonをクリックして、表示されるワイルドカードの追加ダイアログで必要に応じてパターンを更新します。

最終更新日: 2020年2月20日

関連ページ:

コードとパスの自動補完

このセクションでは、コーディングプロセスのスピードアップを可能にするコンテキスト対応コード補完のさまざまなテクニックについて説明します。基本補完:基本コード補完を使用すると、可視性の範囲内でクラス、メソッド、およびキーワードの名前を完成させることができます。コード補完を起動すると、PhpStormは...

コード参照情報

定義:PhpStormでは、タグ、クラス、フィールド、メソッド、関数などのシンボルがプロジェクトでどのように定義されているかを確認することができます。この目的のために、IDEにはクイック定義ポップアップがあります。シンボルの定義を表示するには、エディターでシンボルを選択し、 を押します(またはをクリ...

ファイルタイプの関連付けを設定する

PhpStormで認識されないファイルタイプ(社内で開発された独自のファイルタイプなど)を使用している場合や、サポートされていない言語でコーディングする必要がある場合は、カスタムファイルタイプを作成できます。キーワード、コメント、数字などの強調表示スキームを定義することによって、IDEがファイルを解...

リモート PHPインタープリターの構成

リモート PHPインタープリターという用語は、リモートホストまたは仮想環境にインストールされたPHPエンジンを意味します。リモート PHPインタープリターという用語は、コンピューターにインストールされているローカルPHPインタープリターの反対語として使用されます。ローカルPHPインタープリターの構成...

インクルードパスの構成

インクルード・パスは、やなど、引数としてファイルパスを使用する関数/メソッドの補完と参照解決に使用されるサードパーティのコードを保持するために使用されます。インクルードパスを介して追加されたファイルは、プロジェクトの範囲内で編集されることを意図していないことに注意してください。複数のプロジェクト内か...