PhpStorm 2019.3ヘルプ

プロジェクトの更新ダイアログ (Subversion)

このダイアログを使用して、ファイル、ディレクトリー、またはプロジェクトのローカル作業用コピーをリポジトリからのリビジョンで更新します。

項目

説明

特定の URL に更新/切り替え

  • ローカルの作業コピーを特定のリポジトリと同期するには、このチェックボックスを選択します。URLフィールドにその完全なURLアドレスを介して、またはブランチの使用フィールドにブランチ名を介してソースリポジトリを指定します。

  • このチェックボックスをオフにすると、現在の作業コピーに対応するリポジトリからの変更が反映されます。

ブランチの使用

このフィールドでは、ブランチ名を使用して必要なリポジトリの場所を指定します。表示されるブランチの選択ダイアログで参照 Browse をクリックして必要なブランチを選択します。

URL

このフィールドには、必要なリポジトリの場所を完全なURLアドレスで指定します。参照 Browse をクリックしてリポジトリー・ロケーションの選択ダイアログを開きます。

このフィールドは、特定の URL に更新/切り替えチェックボックスが選択されている場合にのみ有効になります。

特定のリビジョンへ更新/切り替え

このチェックボックスを選択して、ローカル作業コピーをHEADリビジョンとは異なる特定のリビジョンと同期します。特定のリビジョンへ更新/切り替えフィールドが有効になります。
このフィールドでは、使用するリビジョンの番号を指定します。参照 Browse button をクリックして、ブラウザーの変更ダイアログを開きます。デフォルトでは、PhpStormはローカルの作業コピーをHEADリビジョンに更新することを提案しています。このオプションは、Subversion update コマンドの --non-recursive (-N) スイッチに対応しています。

深さ

このリストを使用して、サブディレクトリーへの再帰の範囲を指定します。利用可能なオプションは以下のとおりです。
  • 作業用コピー - まだチェックアウトされていないリポジトリサブツリーからファイル/ディレクトリーを取得するには、このオプションを選択します。

  • : 現在のファイルのみを含めるには、このオプションを選択します。

  • ファイル : フォルダー内のファイルを含めるには、このオプションを選択します。

  • 直下 : 現在のファイルの直接の子を含めるには、このオプションを選択します。

  • 無限大 : 完全再帰を有効にするには、このオプションを選択します。

更新の強制

このチェックボックスを選択すると、ローカルファイルが変更されてローカルの変更を放棄しても、リポジトリからのファイルでローカルファイルが置き換えられます。

外部を無視

PhpStormが更新中に外部定義(英語)を考慮しないようにする場合は、このチェックボックスを選択します。

次回からこのダイアログを表示しない

このチェックボックスを選択すると、PhpStormは将来のアップデートを確認なしで実行します。

更新の前にPhpStormにこのダイアログを表示させるには:

  1. 設定フィールドのバージョン管理 - 確認ページを開きます。

  2. これらのコマンドが呼び出されたときにオプションダイアログを表示する領域で、更新チェックボックスを選択します。

最終更新日: 2019年12月2日