PhpStorm 2020.3 ヘルプ

テストランナータブ

テストランナータブは、テストセッションの開始時に実行ツールウィンドウで開き、同じツールバーボタンを備えています。

Test runner tab
  1. 実行ツールバーは、実行ツールウィンドウのツールバーとほとんど同じですが、テスト固有のボタンを備えています。

  2. 左側のペインには、現在の実行 / デバッグ構成内のすべてのテストのツリービューが表示されます。

    • ルートノードは、実行するように選択されたテストを表します。

    • ネストされたノードは、テストスイートとテストケースの階層を表します。

    • リーフノードは個々のテストを表します。

    各テストのステータスはアイコンで示されます。ノードをダブルクリックして、エディターでそれぞれのテストクラスまたはテストメソッドを開きます。

  3. テストツールバーには、テストの監視と結果の分析を可能にするコントロールが用意されています。いくつかのコマンドは、テストツリーノードのコンテキストメニューに複製されます。

  4. 出力ペインには、現在のテストスイートの出力が表示されます。

  5. インライン統計には、実行されたテストのリストと各テストの実行時間が表示されます。

実行ツールバー

項目 ツールチップとショートカット 説明
Rerun 再開 Ctrl+F5

現在のテストセッションを再実行します。

このコンソールが固定されているかどうかにかかわらず、プロセスは常に同じコンソールで再実行されます。

Rerun Failed Tests button 失敗したテストの再実行

すべての失敗したテストを再実行します。

Toggle auto-test 自動テストの切り替え

自動テストのようなランナーを有効にします。

その結果、再実行ボタン Rerun をクリックせずに、関連するソースコードを変更すると、現在の実行構成タブのテストが自動的に再開されます。

Mocha および Jest テストでは、このボタンは表示されません。これらのテストランナーの自動再実行機能を有効にするには、--watch フラグを実行 / デバッグ構成: Mocha または実行 / デバッグ構成: Jest ダイアログの追加 Mocha オプション / 余分な Jest オプションフィールドにそれぞれ追加します。

Restart 停止して再実行
Ctrl+F5
このボタンをクリックすると、現在のテストセッションの実行が中止され、テストが自動的に再開されます。
Stop 停止 Ctrl+F2 現在のプロセスを標準的なメカニズムで外部的に終了します。
Restore layout レイアウトの復元 このボタンをクリックすると、現在のレイアウトへの変更が破棄され、デフォルトの状態に戻ります。
Pin button ピン このボタンを押すと、現在のタブは上書きされません。代わりに、次のコマンドの結果が新しいタブに表示されます。

テストツールバー

項目 ツールチップとショートカット 説明
Show passed 合格を表示 正常に終了したテストを表示します。
Show ignored 無視対象を表示

現在の実行 / デバッグ構成またはテストクラス内のすべてのテストのツリービューにスキップされたテストを表示します。

テストは次の 2 つの状況でスキップできます。

  • 意図的に @requires(英語) アノテーションで定義されています。

  • テストが依存している別のテストが失敗したとき。テスト間の依存関係は @depends(英語) アノテーションを通して示されています。

Sort アルファベット順にソート テストをアルファベット順に並べ替えます。
Sort by duration 時間でソート テストを期間別にソートします。
Expand all Collapse all

すべて展開 / すべて縮小

Ctrl+NumPad + Ctrl+NumPad -

テストツリービューですべてのノードを展開 / 折りたたむ。

これらのボタンは、テスト対象のアプリケーションにテストケース以上のものが含まれている場合にのみ使用できます。

Previous failed test Next failed test 前 / 次の失敗したテスト
Ctrl+Alt+Up/ Ctrl+Alt+Down
失敗したテスト間をナビゲートします。
Test History テスト履歴

テストセッションの内部保存結果のリストを開きます。各項目には、実行構成の名前とタイムスタンプが付いています。

PhpStorm の履歴からテストセッションの結果を表示するには、適切な実行構成とタイムスタンプを持つ項目を選択します。ロードされたテスト結果は新しいタブに表示され、対応する実行構成の名前がタイトルバーに表示されます。

ロードしたセッションからテストを再実行するには、Rerun をクリックします。

Import Tests from File ファイルからテストをインポート 以前にエクスポートしたテスト結果を読み込みます。このボタンをクリックするとダイアログが開き、そこでテスト結果を含む必要な XML ファイルを選択できます。
Export テスト結果のエクスポート 選択したテストをファイルに保存します。テスト結果のエクスポートダイアログで、ファイル名とフォーマットを指定します。後でテスト結果を表示したい場合は、XML フォーマットを選択してください。
Settings

このコグボタンをクリックすると、次のオプションを含むコンテキストメニューにアクセスできます。

  • 実行中のテストを追跡 : 現在のテストの実行を監視するには、このオプションをオンにします。テストスイートに複数のテストが含まれている場合は、テストのツリービューが展開され、実行されると順次テストメソッドが表示されます。

  • インライン統計情報を表示 : このオプションをオンにすると、統計がテスト結果の横に表示され、各テストの実行に使用された時間が表示されます。

  • スタックトレースへスクロール : このオプションをオンにすると、コンソールは最後に失敗したテストのトレースの先頭までスクロールします。
    このオプションをオフにしてツリービューでルートノード(テストパッケージ)をクリックすると、コンソールにテストの最初の部分が表示されます。

    このオプションは、テストパッケージに複数のテストクラスとテストメソッドが含まれている場合に役立ちます。テストのいくつかが失敗した場合は、コンソールでスクロールして例外またはアサーションのスタックトレースの先頭に移動できます。

  • 例外のソースを開く : このオプションを使用して、エラーとして失敗し、キャッチされない例外をスローするテストの結果を調べます。
    このオプションをオンにしてツリービューで失敗したテストクラスまたはメソッドをダブルクリックすると、それぞれのテストクラスまたはメソッドがエディターで開き、問題の原因となった行にキャレットが配置されます。

  • シングルクリックで移動 : このオプションをオンにすると、ツリービューで現在選択されているテストが自動的にエディターと同期されます。

  • 自動テストの遅延を設定する : このノードをポイントすると、ファイルの保存と再実行のテストの間に利用可能な遅延のリストが表示されます。選択した値がチェックマークを取得します。

  • 終了時に最初の不合格テストを選択 : テストの補完時に最初の失敗したテストをツリービューで自動的に選択するには、このオプションをオンにします。

テストステータスアイコン

アイコン 説明
Test error テストエラー。このステータスは、テスト済みのソースコードから例外を発生させたテストに割り当てられます。
Test failed テストに失敗しました。少なくとも 1 つのテストがこのステータスを受け取った場合、そのすべての親は失敗とマークされます。
Test ignored

テストが無視されました。

PHP のコンテキストでは、このアイコンはスキップされたテストを示します。

テストは次の 2 つの状況でスキップできます。

  • 意図的に @requires(英語) アノテーションで定義されています。

  • テストが依存している別のテストが失敗したとき。テスト間の依存関係は @depends(英語) アノテーションを通して示されています。

Test in progress テスト中です。
Test passed テストは正常に終了しました。
Terminated テストが終了しました。このステータスは、停止ボタン Stop button をクリックしてキャンセルされたテストに割り当てられます。少なくとも 1 つのテストがこのステータスを受け取った場合、未完了のテストとその親はすべて終了としてマークされます。

出力ペインツールバー

このペインには、実行時に生成された各テストの出力と、出力ストリームに送信されたすべてのメッセージと、エラーメッセージが表示されます。次の表に、出力ペインで使用できるツールバーのボタンとコンテキストメニューのコマンドを示します。

項目 ツールチップとショートカット 説明
Previous

スタックトレースの上へ

Ctrl+Alt+Down
スタックトレースで上に移動し、カーソルをソースコード内の対応する場所にジャンプさせます。
Next スタックトレースを下る
Ctrl+Alt+Up
スタックトレースを下に移動し、カーソルをソースコード内の対応する位置にジャンプさせます。
Use soft wraps ソフトラップを使用 出力のソフトラップモードを切り替えます。
Scroll to the end 最後までスクロールする スタックトレースの一番下に移動し、カーソルをソースコード内の対応する場所にジャンプさせます。
Print 印刷 開いた印刷ダイアログでコンソール出力を印刷するように設定します。
Clear all すべてを削除 選択したテストのすべてのメッセージを削除します。

コンテキストメニューコマンド

コマンド キーボードショートカットの入力 説明
実行 <テスト名>Ctrl+Shift+F10 選択したテストを自動的に生成された実行 / デバッグ構成で実行するか、リストから別のテストを選択します。
デバッグ <テスト名> 選択したテストを自動的に生成された実行 / デバッグ構成でデバッグするか、リストから別のテストを選択します。
カバレッジで <テスト名> を実行する Ctrl+Shift+F10 選択したテストを実行し、自動的に生成された実行 / デバッグ構成でカバレッジを収集するか、リストから別のテストを選択します。
<テスト名> を作成 実行 / デバッグ構成を作成するを選択します。
<テスト名> を保存 一時的な実行 / デバッグ構成を保存する
ソースに移動 F4 フォーカスをエディター、テストクラスの定義、またはテストメソッドに移動するには、このコマンドを選択します。
ソースの表示 Ctrl+Enter エディターでソースコードを開くにはこのコマンドを選択しますが、テストランナータブでフォーカスを置きます。

関連ページ:

実行ツールウィンドウ

実行ツールウィンドウには、アプリケーションで生成された出力が表示されます。複数のアプリケーションを実行している場合は、それぞれが実行 / デバッグ構成が適用された後に名前が付けられたタブに表示されます。アプリケーションを re-run すると、新しい出力によってタブの内容が上書きされます。アプリケーションの出力を保持するには、アプリケーションを再実行しても、出力タブを固定します。Vue.js アプリケーションをデバッグする、Angular アプリケーションをデバッグする、React アプリケーション...

テスト結果のエクスポート

テストを実行し、実行ツールウィンドウのテストランナータブにあるテスト結果のエクスポートボタンをクリックすると、ダイアログが開きます。このダイアログで、テスト出力を保存する形式とテスト結果を保存するファイルを選択します。エクスポートフォーマットこの領域で、目的の出力形式を選択します。使用可能なオプションは次のとおりです。HTML、XML、カスタム、XSL テンプレートを適用する: このオプションを選択すると、独自のコードスタイルに従って結果が表示されます。ファイルチューザで適切な *.xsl コードス...