PhpStorm 2021.1 ヘルプ

サポートされている PHP バージョン

PhpStorm を使用すると、PHP 5.3PHP 5.4PHP 5.5PHP 5.6PHP 7PHP 7.1PHP 7.2PHP 7.3PHP 7.4PHP 8.0 でアプリケーションを開発できます。このトピックでは、各言語バージョンで使用できるコーディング支援機能の概要を説明します。プロジェクトの言語レベルは、設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+SPHP ページで設定できます。

プロジェクトで使用されている PHP のバージョンと言語レベルの間に相関はありません。各インタープリターの言語バージョンは自動的に検出されますが、PhpStorm には異なる言語レベルに対応するコーディング支援を提供するよう依頼できます。ただし、指定された言語レベルでサポートされていないコード構成を使用しようとすると、PhpStorm は PHP <version> に切り替えます クイックフィックスを提案します。

関連ページ:

結果の取得と問題の解決 | PhpStorm

インスペクションがあなたのコードに問題を検出した場合、すぐにエディターで修正を適用することができます。ハイライトされたコード部分にキャレットを置き、を押します。一部のインスペクションでは、を押してプレビューを開くことができます。インスペクションを手動で起動した場合は、解析が終了した後に自動的に開くインスペクションツールウィンドウで結果を調べることができます。検出された問題はすべてツールウィンドウの左側に表示されます。問題をクリックすると、右側にインスペクションの詳細が表示されます。クイックフ

ローカル PHP インタープリターを構成する | PhpStorm

ローカル PHP インタープリターは、リモート PHP インタープリターの反対側にコンピューターにインストールされる PHP エンジンであり、リモートホストまたは Vagrant インスタンスにセットアップされた仮想環境にインストールできます。リモート PHP インタープリターの構成を参照してください。設定 / 環境設定ダイアログで、に移動します。表示される PHP ページで、CLI インタープリターリストの横にあるをクリックします。表示される CLI インタープリターダイアログで、左側のペインのをク...

リモート PHP インタープリターの構成 | PhpStorm

リモート PHP インタープリターという用語は、リモートホストまたは仮想環境にインストールされた PHP エンジンを意味します。リモート PHP インタープリターという用語は、コンピューターにインストールされているローカル PHP インタープリターの反対語として使用されます。ローカル PHP インタープリターの構成を参照してください。SSH、Docker、Docker Compose、Vagrant、または WSL を介してリモート PHP インタープリターにアクセスできます。SSH を使用すると...

ローカル履歴 | PhpStorm

ローカル履歴は、バージョン管理とは関係なく、プロジェクトに加えられたすべての変更を常に追跡できます。コミット間で行われた違いのみを追跡するバージョン管理システムとは異なり、ローカルヒストリーにはさらに多くの機能があります。コードの編集、テストの実行、アプリケーションのデプロイなどを行うと、プロジェクトの状態が自動的に記録され、IDE と外部の両方から行われたすべての意味のある変更のリビジョンが維持されます。ローカルヒストリーを使用すると、個人のバージョン管理システムとして機能し、プロジェクトでバ...

PHP 8.0 | PhpStorm

PHP 8.0 は、新機能、構文の追加、バグ修正をもたらします。このバージョンの新機能の詳細については、リリースの発表を参照してください。コードの移行の詳細については、PHP 7.4.x から PHP 8.0.x への移行ガイドを参照してください。名前付き引数:名前付き引数では、位置ではなくパラメーター名に基づいて関数に引数を渡すことができます。このようにして、関数呼び出しは自己文書化され、引数の順序は任意になります。関数呼び出しでは、提供されているクイックフィックスを使用して、パラメーター...