PhpStorm 2018.3ヘルプ

スコープ言語構文リファレンス

スコープ言語は、さまざまな種類の分析に関与するプロジェクト範囲を指定するために使用されます。

ファイルのセット

  • 単一のファイルはファイル名で定義されます: つまり、 MyDir/MyFile.txt

  • サブディレクトリーに再帰しないディレクトリー内のすべてのファイルのセットは、スラッシュの後にアスタリスクで定義されます。: file:src/main/myDir/*

  • サブディレクトリーの内容を含むディレクトリー内のすべてのファイルのセットは、二重スラッシュの後にアスタリスクで定義されます(例: file:src/main/myDir//*)。

論理演算子

スコープ言語を使用すると、共通の論理演算子を使用できます。

&& for AND || for OR ! for NOT

それ以外にも、括弧を使用して論理演算子をグループに結合することができます: 例:以下のスコープ

(<a>||<b>)&&<c>

どちらか<a>と</a> <c> <a>、<b>および</b></a> <c> <a><b>: </b></a>

既存のスコープから新しいスコープを作成する

いくつかの既存のスコープから新しいスコープをコンパイルできます。この場合、 $$MyScope)を使用して既存のスコープを参照できます。

例: $Scope1||$Scope2 パターンは、 Scope1Scope2のすべてのファイルをスコープに配置します。

スコープの定義

スコープは、スコープダイアログボックスで次のように定義されています。

  • 手動で

  • ポインティングデバイス

手動で
パターンテキストボックスにファイルマスクを指定するか、 icons general expandComponent svg をクリックしてエディターでパターンを入力します。
マウスポインタの使用
プロジェクトツリービューでファイルとフォルダーを選択し、ボタン包含再帰的に包含除外、および再帰的に除外をクリックします。コントロールの詳細については、スコープのページの説明を参照してください。

PhpStormは、ファイルとディレクトリーの組み込み/除外に基づいて式を作成し、それをパターンフィールドに表示します。

wi scope

サンプル

  • file:*.php||file:*.twig - すべてのPHPとTwigファイルを含みます。

  • file:*php&&!file:*test*.php - 名前に文字列 test を含むものを除くすべてのPHPファイルを含めます。

  • file:www/wp-content/themes/my-site-child//*.php||file:www/wp-content/themes/my-site-child//*.css||file:www/wp-content/themes/my-site-child//*.js||file:www/wp-content/plugins/my-site//*.php||file:www/wp-content/plugins/my-site//*.css||file:www/wp-content/plugins/my-site//*.js - WordPress Webサイトのテーマとプラグインからのすべての.PHP、.CSS、および.JSファイルを含めます。

  • file:*.js||file:*.coffee - すべてのJavaScriptとCoffeeScriptファイルを含みます。

  • file:*js&&!file:*.min.* - 拡張子 min で示される縮小によって生成されたものを除くすべてのJavaScriptファイルを含めます。

最終更新日: 2019年2月15日

関連事項

リファレンス: