PhpStorm 2024.1 ヘルプ

結果の取得と問題の解決

インスペクションがあなたのコードに問題を検出した場合、すぐにエディターで修正を適用することができます。ハイライトされたコード部分にキャレットを置き、Alt+Enter を押します。

PhpStorm では、一部のインスペクションのクイックフィックスの横に対話型プレビューが表示されます。Ctrl+Q を押すと、このプレビューを非表示にしたり表示したりできます。

Applying a quick-fix in the editor

問題ツールウィンドウで修正を適用する

インスペクションを手動で起動した場合は、解析が終了した後に自動的に開く問題ツールウィンドウで結果を調べることができます。検出された問題はすべてツールウィンドウの左側に表示されます。問題をクリックすると、右側にインスペクションの詳細が表示されます。

  • 問題を修正するには、ツールバーまたはコンテキストメニューの the Intention action button アイコンをクリックします。Alt+Enter を押して、ポップアップメニューから適切な修正を選択することもできます。

  • ファイル内で問題が複数回発生する場合は、すべての発生を一度に修正できます。問題の説明を選択し、ツールバーの the Intention action button アイコンをクリックして、関連する修正を選択し、リストからファイル内のすべての「<問題 description>」を修正しますを選択します。

Inspection results tool window

コードをクリーンアップする

コードのクリーンアップを実行することにより、コードの問題を修正するプロセスを合理化できます。これにより、各問題を個別に調べることなく、選択したスコープにクイックフィックスをバッチ適用できます。

クリーンアップ中に、IDE は選択されたインスペクションプロファイルのコードクリーンアップインスペクションからの修正を適用します。これらのインスペクションのリストを表示するには、Ctrl+Alt+S を押して設定ダイアログを開き、エディター | インスペクションに移動して the Filter Inspections button をクリックし、クリーンアップインスペクションのみを表示するオプションを有効にします。

クイックフィックスのバッチ適用 (コードのクリーンアップ)

  1. メインメニューで、コード | コードのクリーンアップに移動します。

  2. コードクリーンアップスコープの指定ダイアログで、プロファイルを適用したい範囲を選択します。

  3. インスペクションプロファイル: リストからインスペクションプロファイルを選択するか、構成をクリックして新しいプロファイルを作成します。

    構成をクリックして、すべてのコードクリーンアップインスペクションとその設定を表示することもできます。

  4. 分析をクリックしてクリーンアップを開始します。

    the Specify Code Cleanup Scope dialog

PhpStorm はコード分析を実行し、選択したインスペクションプロファイルから検出された問題にクイックフィックスを適用します。

または、クイックフィックスに対応するソースコードのエラーにキャレットを配置し、左側に表示される赤いバルブ the quick-fix icon (推奨クイックフィックス)をクリックして、メニューからコードのクリーンアップを選択することもできます。

サイレントクリーンアップを実行する

コードクリーンアップスコープの指定ダイアログを表示せずに、サイレントモードでコードクリーンアップを実行することもできます。この場合、IDE は、現在設定で構成されているプロファイルからインスペクションのクリーンアップを実行します。

  1. プロジェクトツールウィンドウ Alt+1 で、コードをクリーンアップするノードを選択します。

    それ以外の場合、クリーンアップは現在エディターで開かれているファイルで実行されます。

  2. メインメニューで、コード | コードの解析 | コードのクリーンアップ (サイレント) に移動します。

Git にコミットする前にコードをクリーンアップする

ファイルが Git にコミットされる前に、ファイル内のコードをクリーンアップできます。この場合、現在のインスペクションプロファイルが適用されます。

  1. Ctrl+K を押すか、メインメニューから Git | コミットを選択します。

  2. コミットツールウィンドウで Show Commit Options をクリックし、コミットチェック領域でクリーンアップチェックボックスを選択します。

  3. 構成をクリックし、IDE がインスペクションを実行するために必要なインスペクションプロファイルを選択します。

  4. コミットをクリックします。

保存時にコードを自動的にクリーンアップする

変更が保存されたときに、変更されたファイルのコードを自動的にクリーンアップするように IDE を構成できます。

  1. Ctrl+Alt+S を押して設定を開き、ツール | 保存時のアクションを選択します。

  2. コードクリーンアップの実行オプションを有効にします。

    さらに、インスペクションの構成をクリックして、IDE がコードクリーンアップインスペクションを実行するインスペクションプロファイルを指定できます。

結果のエクスポート

インスペクションを実行すると、結果が問題ツールウィンドウの専用タブに表示されます。利用可能な形式の 1 つにエクスポートできます。

  1. 問題ツールウィンドウ ( 表示 | ツールウィンドウ | 問題または Alt+6) で、エクスポートするインスペクション結果を含むタブに切り替え、the Export button をクリックします。

    The Export button in the Inspection Results tool window
  2. レポートを保存する形式を選択します: HTMLサリフ (SARIF(英語) 仕様に従ってフォーマットされた JSON ファイル)、または XML

    サリフ形式は、Qodana プラグインが有効な場合に使用できます。

  3. ターゲットディレクトリを指定し、保存をクリックします。

関連ページ:

プロファイルを構成する

インスペクションプロファイルは、有効なインスペクション、これらのインスペクションが分析するファイルのスコープ、およびインスペクション重大度設定に関する情報を保持します。PhpStorm には、2 種類のプロファイルがあります。プロファイル IDE に保管は、PhpStorm 構成ディレクトリの inspection フォルダーに保存され、すべてのプロジェクトで使用できます。プロジェクトにコピーオプションを使用して、IDE プロファイルを現在のプロジェクトにコピーできます。プロファイルプロジェクトに保管は...

変更の保存と復元

PhpStorm は、ファイルに加えた変更を自動的に保存します。保存は、実行、デバッグ、バージョン管理操作の実行、ファイルまたはプロジェクトのクローズ、IDE の終了などのさまざまなイベントによってトリガーされます。ファイルの保存は、サードパーティのプラグインによってトリガーすることもできます。自動保存をトリガーするイベントのほとんどは事前定義されており、構成することはできませんが、変更が失われることはなく、ローカルヒストリーですべてを見つけることができます。自動保存動作を設定する設定ダイアログ...

インスペクションを実行する

PhpStorm は、エディターで開かれたファイル内のコードを分析し、入力時に問題のあるコードをハイライトします。さらに、選択したファイル範囲に対して必要なインスペクションまたは一連のインスペクションを手動で実行できます。この場合、ファイル内で検出されたすべての問題に関する包括的なレポートが得られます。現在のファイルの即時分析:IDE は継続的にコードをチェックし、問題を検索します。エディターの右上隅にあるウィジェットには、現在のファイルで検出された各重大度の問題の数が表示されます。ウィジェッ...