PhpStorm 2020.2 ヘルプ

ビルトイン Web サーバー

PhpStorm はあなたのアプリケーションをプレビューしデバッグするために使用できる内蔵 Web サーバーを持っています。このサーバーは常に稼働しており、手動構成は不要です。すべてのプロジェクトファイルは、プロジェクト構造に関して、ルート URL http://localhost:< 組み込みサーバーポート > / < プロジェクトルート > でビルトインサーバー上で提供されます。

組み込みサーバーは、HTML、JavaScript、CSS などの静的コンテンツのみを提供できます。PHP ファイルで使用するには、プロジェクト用に指定されたローカル PHP インタープリターが必要です。インタープリターが構成されると、PhpStorm は自動的に PHP ビルトイン Web サーバー(英語)を開始し、PHP アプリケーションを実行するとすぐに、すべての PHP 要求をインタープリターにリダイレクトします。PHP アプリケーションを実行するには、ブラウザまたは専用の実行 / デバッグ構成を作成するファイルを開いて 起動します。

このプロジェクトに対してデプロイサーバーが定義され、デフォルトとしてマークされている場合、ファイルは代わりにこのサーバーから提供されます。必要に応じて、PhpStorm 内蔵 Web サーバーを介してページを開くことができます。これを行うには、目的のブラウザを開き、http://localhost:< 組み込みサーバーポート > / < プロジェクトルート > をルート URL として使用して、プロジェクト構造に対するファイルの URL を入力します。

Web ブラウザでファイルを開く

Web ブラウザー(HTML、XML、JSP など)によってレンダリングされることを意図したファイルを開くには、次のいずれかを実行します。

  • Alt+F2 を押します。

  • ファイルを右クリックしてブラウザーで開くを選択します。

  • メインメニューから表示 | ブラウザーで開くを選択します。

  • エディターウィンドウの右上にあるブラウザポップアップを使用します。ブラウザボタンをクリックして Web サーバーファイルの URL を開くか、Shift+Click をクリックしてローカルファイルの URL を開きます。

    Show in browser

ブラウザーで開くアクションは、他のファイルタイプでは使用できません。ただし、アクションの検索 Ctrl+Shift+A を使用して実行することはできます。

組み込みの Web サーバーを構成する

ビルトイン Web サーバーのパラメーターをカスタマイズするには、設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sビルド、実行、デプロイ | デバッガーに移動します。

項目 説明
ポート

このスピンボックスを使用して、内蔵 Web サーバーが実行されているポートを指定します。デフォルトでは、このポートは PhpStorm がサービスからの接続を受け入れるポート 63342 に設定されています。ポート番号は、1024 以上のその他の値に設定できます。

外部接続を受け入れる このチェックボックスが選択されている場合、指定されたポートで実行されている組み込みサーバー上のファイルには、別のコンピューターからアクセスできます。
このチェックボックスがオフになっている場合(デフォルト)、デバッガーはローカル接続のみをリッスンします。
署名されていない要求を許可する

セキュリティ上の理由から、PhpStorm の外部からの組み込みサーバー上のページへの要求は、デフォルトで拒否され、認証ポップアップが表示されます。

debugger_allow_unsigned_requests.png

要求されたページにアクセスするには、承認 URL をクリップボードにコピーするをクリックし、生成されたトークンをブラウザのアドレスバーに貼り付けます。

ただし、この動作は面倒な場合があります。たとえば、手動操作が不可能な場合は、デバッグセッションがブロックされる可能性があります。権限ポップアップを非表示にするには、署名されていない要求を許可するチェックボックスを選択します。

macOS で PHP ビルトイン Web サーバーを使用する

macOS では、組み込みサーバーを使用しようとすると、php-cgi が見つかりませんエラーが発生する場合があります。これは、PhpStorm が、php-cgi モジュールを含まない macOS にバンドルされている PHP インタープリターを使用するように構成されていることを示しています。

php-cgi not found error notification

PHP ビルトイン Web サーバーを使用できるようにするには、次の手順を実行します。

  1. php-cgi モジュールが含まれた代替 PHP インタープリターをインストールします。最も一般的なオプションは次のとおりです。

  2. ローカル PHP インタープリターを構成するに従って、PhpStorm で使用するために新しくインストールされた PHP インタープリターを指定します。

最終更新日 : 2020 年 7 月 15 日

関連ページ:

ローカル PHP インタープリターを構成する

ローカル PHP インタープリターは、リモート PHP インタープリターの反対側にコンピューターにインストールされた PHP エンジンであり、リモートホストまたはVagrantインスタンスにセットアップされた仮想環境にインストールできます。リモート PHP インタープリターの構成を参照してくだ...

アプリケーションを実行する

PhpStorm からアプリケーションを実行できるようにするには、まずローカル PHP インタープリターを構成するおよびリモート PHP インタープリターの構成に従って PHP インタープリターを構成する必要があります。その後、次のいずれかを実行できます。コードエディターから単一のスクリプトを実...

AMP パッケージをインストールする

AMP パッケージはオペレーティングシステム固有のものです。最も一般的なものは次のとおりです。Windows 用のXAMPP。使用されている Linux ディストリビューションと互換性のある LAMP パッケージ。macOS 用のMAMP。バージョン 1.7.1 以降を使用することをお勧めします。イ...

コンポーネントを個別にインストールする

PHP環境コンポーネントのインストール手順は、使用するオペレーティングシステムによって異なる場合があります。インストール手順に従ってください。各コンポーネントを別々にインストールして構成するWeb サーバーをダウンロードしてインストールします。最も一般的な選択はApache HTTPサーバーです。P...