">

PhpStorm 2019.3ヘルプ

Perforceのオプションダイアログ

このダイアログで、指定されたPerforceサーバーへの接続を設定します。

項目

説明

Perforce はオンライン

Perforceサーバーへの接続を確立するには、このチェックボックスを選択します。

接続があってもサーバーが応答しない場合(たとえば、サーバーが現在バックアップしているためなど)、このチェックボックスをオフにすることで無効にすることができます。または、PhpStormはタイムアウト後にこれを行うように指示します。その後、バージョン管理固有の操作は無効になります。

P4CONFIG またはデフォルト接続を使用する

P4CONFIG環境変数またはデフォルトのPerforceクライアント接続からサーバー情報とユーザー資格情報を使用します。それ以外の場合は、port、user、client、およびpasswordを指定します。

文字セット

サーバー上に設定されている文字セットに対応する文字セットを選択します。

IDEA_Home \ bin \ p4.outputへのPerforceコマンドのダンプ

指定したファイルにPerforceコマンドを記録します。

ログイン認証を使用する

認証を切り替えます。

確認なしでログインしよう

プロンプトダイアログをスキップします。このオプションは、ログイン認証が必要な場合に機能します。

ネイティブPerforce APIを使用する

特別なライブラリーを使用してサーバーへの接続を高速化します。

P4 実行可能ファイルのパス

Perforceクライアントの実行可能ファイルへのパスを指定します。

接続のテスト

Perforceサーバーへの接続が確立されていることを確認してください。

ブランチ・ヒストリーを表示する

ファイル履歴を示すダイアログのファイルについては、ブランチを参照してください。

複数のブランチを使用する場合は、ファイルブランチが正しく表示されるようにこのオプションを有効にすることをお勧めします。

最終更新日: 2019年12月13日