PhpStorm 2020.3 ヘルプ

LightEdit モード

PhpStorm でプロジェクト全体を作成またはロードせずに 1 つのファイルのみを編集する必要がある場合は、LightEdit モードを使用できます。

LightEdit モードはテキストのようなエディターとして機能し、コード補完やコードナビゲーションなどの通常の IDE エディター機能をサポートしていないことに注意してください。ただし、特定のコード行(Ctrl+G)に移動したり、コードの一部を折りたたんだり展開したり、ファイルエンコーディングを確認したり、変更したりすることはできます。

LightEdit mode

LightEdit モードでファイルを開く

いくつかの方法を使用して、LightEdit モードでファイルを開くことができます。

コマンドラインからファイルを開く

  • OS に応じて、コマンドラインからファイルを開きます。

    phpstorm.bat -e myfile.txt

    PhpStorm を実行するためのスクリプトは、bin のインストールディレクトリにあります。このスクリプトをコマンドラインランチャーとして使用するには、コマンドラインインターフェースの説明に従って、システム PATH にスクリプトを追加します。

    phpstorm -e myfile.txt

    デフォルトでは、PhpStorm はコマンドラインランチャーを提供しません。PhpStorm のランチャースクリプトの作成については、コマンドラインインターフェースを参照してください。

    phpstorm.sh -e myfile.txt

    PhpStorm を実行するためのスクリプトは、bin のインストールディレクトリにあります。このスクリプトをコマンドラインランチャーとして使用するには、コマンドラインインターフェースの説明に従って、システム PATH にスクリプトを追加します。

待機スイッチでファイルを開いて編集する

LightEdit モードでファイルの編集が完了するまで、コマンドラインでプロセスを中断し、ターミナルを保留にすることができます。例: コマンドラインで作業して Git へのコミットプロセスを実行すると、ターミナルを一時停止し、ライトエディットモードでテキストエディターを使用して、コミットメッセージをすばやく書き込むことができます。

  1. OS に応じて、ファイル名の前に -e コマンドと -w コマンドを追加してファイルを開きます。

    phpstorm.bat -e -w myfile.txt

    PhpStorm を実行するためのスクリプトは、bin のインストールディレクトリにあります。このスクリプトをコマンドラインランチャーとして使用するには、コマンドラインインターフェースの説明に従って、システム PATH にスクリプトを追加します。

    phpstorm -e -w myfile.txt

    デフォルトでは、PhpStorm はコマンドラインランチャーを提供しません。PhpStorm のランチャースクリプトの作成については、コマンドラインインターフェースを参照してください。

    phpstorm.sh -e -w myfile.txt

    PhpStorm を実行するためのスクリプトは、bin のインストールディレクトリにあります。このスクリプトをコマンドラインランチャーとして使用するには、コマンドラインインターフェースの説明に従って、システム PATH にスクリプトを追加します。

    PhpStorm は、ファイルを LightEdit モードで開き、開いたファイルが閉じるのをコマンドラインが待機していることを示す通知を表示します。

    the Command line waiting notification
  2. 通知のオプションの 1 つをクリックするか、ファイルを閉じてコマンドラインを解放します。

LightEdit モードでコードを操作する

LightEdit モードはすべての PhpStorm エディターのコーディング支援をサポートしていませんが、基本的な編集機能と基本的なメニューオプションを使用できます。

  • メインメニューを使用して、最近のファイルを開いたり、行番号、空白を表示したり、コード選択を拡張したりします。

    ファイル | 開くを選択すると、PhpStorm はファイルまたはプロジェクトを開くダイアログを開き、プロジェクトのルートディレクトリで開いているファイルにすばやく移動できます。ツールバーの開いているファイルを選択アイコンをクリックします。macOS の場合、ネイティブダイアログが開くことに注意してください。

    ファイルを編集すると、タブの青色の表示は、ファイルの内容が変更されたことを示します。

    LightEdit mode: changed file
  • 作業中のファイルに外部変更が加えられた場合、メインメニューからファイル | ディスクから再ロードを選択してファイルを更新できます。

  • コードの貼り付けまたは折りたたみ、および列選択モードへの切り替えには、コンテキストメニューを使用します。

  • ステータスバーを使用して、必要な行に移動するか、VCS を確認するか、自動保存モードを切り替えます。

自動保存をオンにする

  • ステータスバーの自動保存: オフをクリックし、開いたポップアップで変更の自動保存を選択します。

LightEdit モードを終了する

LightEdit モードを終了して、単一のファイルの編集からプロジェクト全体の作業に切り替えることができます。これを行うには、次のいずれかの方法を使用します。

ステータスバー

LightEdit モードのステータスバーで完全な IDE にアクセスをクリックし、オプションのリストから、プロジェクト内の現在のファイルを開く、最近のプロジェクトを開く、新しいプロジェクトを開くなど、続行する方法を選択します。

Access full IDE
アクションウィンドウを探す

Alt+Enter を押してファイルをプロジェクトで開くを選択します。

メインメニュー

メインメニューからファイル | ファイルをプロジェクトで開くを選択します。

関連ページ:

コマンドラインからファイルを開く

コマンドラインから任意のファイルまたはフォルダーを PhpStorm で開きます。オプションで、開いた後にキャレットを配置する場所を指定します。PhpStorm を実行するためのスクリプトは、bin のインストールディレクトリにあります。このスクリプトをコマンドラインランチャーとして使用するには、コマンドラインインターフェースの説明に従って、システムにスクリプトを追加します。構文 phpstorm.bat [--line <number>] [--column <number>...

コマンドラインインターフェース

コマンドラインから PhpStorm 機能を使用します。ファイルとプロジェクトを開き、差分を表示し、ファイルをマージし、コードスタイルの書式を適用し、ソースコードをインスペクションします。PhpStorm 内からコマンドラインツールを実行する方法については、ターミナルを参照してください。スタンドアロンインスタンスのランチャー:インストールディレクトリには、PhpStorm を起動し、ソースコードをフォーマットし、インスペクションを実行するためのバッチスクリプトと実行可能ファイルが含まれています...

TextMate バンドル

Python、Ruby、Java など、PhpStorm でサポートされていない多くの言語では、IDE で構文のハイライトが提供されているため、コードを調べる必要がある場合もあります。TextMate の文法を使って言語を記述する方法については、TextMate 公式 Web サイトを参照してください。これらの言語の構文ハイライトは TextMate 文法に基づいており、PhpStorm にはさまざまな言語の文法ファイルのコレクションが付属しています。利用可能なすべてのバンドルは、設定 / 環境...

ローカル履歴

ローカル履歴は、バージョン管理とは関係なく、プロジェクトに加えられたすべての変更を常に追跡できます。コミット間で行われた違いのみを追跡するバージョン管理システムとは異なり、ローカルヒストリーにはさらに多くの機能があります。コードの編集、テストの実行、アプリケーションのデプロイなどを行うと、プロジェクトの状態が自動的に記録され、IDE と外部の両方から行われたすべての意味のある変更のリビジョンが維持されます。ローカルヒストリーを使用すると、個人のバージョン管理システムとして機能し、プロジェクトでバ...