PhpStorm 2024.1 ヘルプ

フォルダーの差分ビューアー

このウィンドウは、以下の相違点を調べると表示されます。

このダイアログを使用することにより、異なるフォルダー間の相違点を調査し、ファイルを同期できます。

ツールバー

アイコン

ツールチップとショートカット

説明

以下のために利用可能

the Previous Difference button / the Next Difference button

F7 Shift+F7

次の相違点と前の相違点の間を移動します。

最後または最初の違いがヒットすると、PhpStorm は F7/Shift+F7 をもう一度押して、他のファイルを比較することを提案します。

バージョン管理

the Jump to Source button

ソースに移動

F4

エディターのアクティブなタブでファイルを開きます。キャレットは差分ビューアーと同じ位置に配置されます。

すべて

Refresh

リフレッシュ

差分ビューアーの内容をリフレッシュします。

すべて

Show new files on left side

左側に新規ファイルを表示

比較された最初のディレクトリまたはデータベースオブジェクトに存在し、左側のペインの 2 番目に存在しないアイテムを表示します。

すべて

Show diff in external tool

外部ツールで差分を表示

外部の差分ビューアーを呼び出します。外部差分ビューアーの詳細については、外部差分ツールページを参照してください。

このボタンは、外部差分ツール設定ページで外部差分ツールを使用するオプションが選択されている場合にのみ使用できます。

すべて

Show difference

差分の表示

フォルダーまたはデータベースオブジェクトの両方に存在するが、内容、タイムスタンプ、サイズが異なるアイテムを表示します。

すべて

Show equal files

等しいファイルを表示

次で比較リストで設定されたパラメーターに応じて、両方のディレクトリまたはオブジェクトに存在し、同じ内容、タイムスタンプ、サイズを持つアイテムを表示します。

すべて

Show new files on right sid

右側に新規ファイルを表示

比較したディレクトリの 2 番目に存在し、最初のディレクトリには存在しないアイテムを表示します。同じルールがデータベースオブジェクトに適用されます。

すべて

次で比較

選択したパラメーターを比較に適用します。以下のパラメーターから選択できます。

  • バイナリコンテンツ

  • テキスト (文字セットと改行コード文字は無視されます)

  • サイズ

  • サイズおよびタイムスタンプ

ローカルフォルダー

ローカルリモートフォルダー

Synchronize Selected

選択対象を同期 Enter

選択したアイテムのペアに指定したアクションを適用します。

テーブルの * 列で、実行されるアクションを確認できます。

すべて

Synchronize All

すべてを同期 Ctrl+Enter

リスト内のすべてのアイテムのペアに指定されたアクションを適用します。

テーブルの * 列で、実行されるアクションを確認できます。

すべて

the Swap Sides button

左右入れ替え

このボタンをクリックして、差分ビューアーの面を入れ替えます。

すべて

Hide excluded files

除外ファイルの非表示

同期から除外されるファイルを非表示にします。

ローカルリモートフォルダー

フィルター

フォルダーを比較する際にオブジェクトをフィルタリングします。

ファイル名またはテーブル名を入力し、この名前に従ってすべてのオブジェクトをフィルタリングできます。アスタリスクのワイルドカード(*)を使用して、任意の数の任意の文字を置き換えます。

Enter を押すとフィルターが適用されることに注意してください。

すべて

パス

これらのフィールドには、比較されるフォルダーへのパスが表示されます。ディレクトリを変更するには、参照ボタン(the Browse button)をクリックして、別のディレクトリを指定します。

ローカルフォルダー

ローカルリモートフォルダー

the Help icon

ヘルプ

F1

ブラウザーを開き、対応するヘルプページを表示します。

すべて

比較表

この表は、次で比較リストで指定された比較基準と、ツールバーボタンで指定されたフィルタリング基準を満たすアイテムを示しています。

項目

説明

以下のために利用可能

名前

列には、パスフィールドで指定されたオブジェクトに属するファイルまたはデータソースオブジェクトの名前が一覧表示されます。

すべて

サイズ

列にはファイルサイズがリストされます。

ローカルフォルダー

ローカルリモートフォルダー

日付

列にはファイルのタイムスタンプがリストされます。

ローカルフォルダー

ローカルリモートフォルダー

*

列には、1 つの行のアイテムのペアに適用されるアクションがリストされます。

  • Copy the item on the left side to the right side : 左側の項目を右側にコピーします。ターゲット項目がすでに存在する場合、このアクションにより、対応するターゲット項目の内容が上書きされる可能性があります。

  • Copy the item on the right side to the left side : 右側の項目を左側にコピーします。ターゲット項目がすでに存在する場合、このアクションにより、対応するターゲット項目の内容が上書きされる可能性があります。

  • The items are treated identical with regard to the selected criterion of comparison : 両方のオブジェクトのアイテムは、選択された比較オプションに関して同一に扱われます。アクションは実行されません。

  • The items differ with regard to the selected criterion of comparison : 項目は、選択した比較オプションによって異なります。アクションは実行されません。差分ペインのオブジェクト間の違いを調べ、アイコンをクリックして目的のアクションを変更できます。

  • The item is present only in one of the folders and will be remove : アイテムはいずれかのフォルダーにのみ存在し、削除されます。

また、選択対象を同期 Synchronize Selected またはすべてを同期 Synchronize All ツールバーボタンをクリックしてアクションを適用することもできます。選択対象を同期ボタンは、選択したファイルにのみ操作を適用します。すべてを同期ボタンは、すべてのファイルに操作を適用します

選択したアクションを変更するには、* 列のアクションアイコンをクリックします。

すべて

差分ペイン

差分ペインは、同じ名前を持ち、両方のフォルダーに存在するファイルおよびデータソースオブジェクトに対してのみ表示されます。ファイルまたはデータベースオブジェクトが 1 つのフォルダーにのみ存在する場合、ペインには選択したファイルの内容が表示されます。

差分ビューアーのペインを切り替えるには、Ctrl+Tab を押します。アクティブなペインにはキャレットがあります。

差分ビューアー

項目

ツールチップとショートカット

説明

the Previous Difference button / the Next Difference button

前の違い / 次の違い Shift+F7 F7

次または前の違いに移動します。

最後または最初の違いに達すると、PhpStorm は、矢印ボタンをクリックするか、F7/Shift+F7 をもう一度押して、ローカルで変更された他のファイルを比較することを提案します。この動作は、差分ビューアーの設定最後の変更の後に次のファイルに移動するオプションによって異なります。

the Compare Previous File icon

the Compare Next File icon

前 / 次のファイルを比較する

Alt+LeftAlt+Right

前または次のファイルのローカルコピーをサーバーからの更新と比較します。

the Go To Changed File icon

変更ファイルに移動 Ctrl+N

現在の変更セット内のすべての変更されたファイルを表示し、それらに移動します。このアクションは、複数のファイルへの変更を確認する場合にのみ使用できます。

the Jump to Source button

ソースに移動

F4

選択したファイルをエディターで開きます。キャレットは差分ビューアーと同じ位置に配置されます。

ビューアー

ビューアーモードを選択します: 横並びまたは統合。横並びモードには 2 つのパネルがあり、統合モードには 1 つのパネルがあります。

コードを編集して、両方のビューアーで受諾追加前回保存した状態に戻すアクションを実行できます。

テキストを変更できるのは、横並びビューアーの右側部分、または統合ビューアーの行のみです。

ファイルのローカルバージョンのみを編集できます。読み取り専用ステータスのファイルは編集できません。

空白

差分ビューアーが空白をどのように扱うかを定義します。

  • 無視しない : 空白は重要であり、すべての違いがハイライトされています。このオプションはデフォルトで選択されています。

  • 空白をトリム : 空白が行の最後と先頭にある場合は空白を削除します(("\t", " "))。

    • 2 行の末尾の空白のみが異なる場合、これらの行は等しいと見なされます。

    • 2 行が異なる場合、末尾の空白は単語モードでハイライトされません。

  • 空白を無視 : 空白は、ソースコード内の場所に関係なく、重要ではありません。

  • 空白と空行を無視 : 空白と空行を無視します。次のエンティティは無視されます。

    • すべての空白 (「ホワイトスペースを無視する」オプションのように)

    • 空白のみで構成される追加または削除されたすべての行

    • 空白以外の部分を変更せずに、線を分割または結合することで構成されるすべての変更。

      例: a b ca \n b c の違いは、このモードではハイライトされません。

  • インポートとフォーマットを無視 : インポート文と空白の変更は無視されます(ただし、文字列リテラル内の空白は考慮されます)。

ハイライトモード

差分の粒度がハイライトされる方法を選択します。

利用可能なオプションは以下のとおりです。

  • 変更された単語をハイライト : 変更された単語がハイライトされます

  • 変更行をハイライト : 変更された行がハイライトされます

  • 分割された変更をハイライト : このオプションを選択すると、大きな変更が小さな変更に分割されます。

    例: A \n B および A X \n B X は、1 つではなく 2 つの変更として扱われます。

  • 変更された文字をハイライト : 変更されたシンボルがハイライトされます

  • ハイライトしない : このオプションを選択した場合、違いはまったくハイライトされません。

    大幅に変更されたファイルを操作する場合は、ハイライトしないオプションを使用します。そのような場合、ハイライトすると、レビュー中にさらに困難が生じる可能性があります。

the Collapse Unchanged Fragments icon

変更されていないフラグメントを折りたたむ

両方のファイル内の変更されていないフラグメントをすべて折りたたみます。折りたたみできない変更されていない行の数は、差分 & マージ設定ページで設定できます。差分 & マージページを開くには、Ctrl+Alt+S を押して設定を開き、ツール | 差分 & マージに移動します。

the Synchronize button

スクロールの同期

このボタンをクリックして、両方の差分ペインを同時にスクロールします。このボタンを離すと、各ペインを個別にスクロールできます。

the Settings button

設定

利用可能な設定のリストを開きます。

これらのコマンドは、差分ビューアーガターのコンテキストメニューからも使用できます。

the External Tools icon

外部ツールで差分を表示

外部差分ツール設定ページで指定された外部の差分ビューアーを呼び出します。

このボタンは、外部差分ツール設定ページで外部差分ツールを使用するオプションが有効になっている場合にのみツールバーで使用できます。

the Help icon

ヘルプ

F1

ブラウザーを開き、対応するヘルプページを表示します。

apply left apply right

受諾

ペイン間(横並びビューアーの場合)または行間に(統合ビューアーの場合)差分を適用します。

シェブロンボタンは、その動作を変更することができます:

  • apply left および apply right をクリックして、変更を適用します。この動作はデフォルトです。

  • Ctrl を押して apply left または apply rightchevron button bottom right または chevron button bottom left に変更し、変更を追加します。

コンテキストメニュー

アイテムのリストのエントリを右クリックすると、コンテキストメニューが表示されます。このメニューのコマンドは、選択対象を同期またはすべてを同期をクリックしたときに、選択したエントリに対して実行する必要があるアクションを定義します。選択したアクションが * 列に表示されます。

コマンド

アイコン

説明

右 / 左にコピーを設定する

Set Copy to Right Set Copy to Left

いずれかのディレクトリにないファイルをコピーします。

削除を設定

Set Delete

ファイルを削除します。

何もしない

アクションアイコンを削除します。

ミラーを右に設定

Set Mirror to Right

すべてを同期をクリックすると、左側のフォルダーの内容が右側のフォルダーにミラーリングされます。

ミラーを左に設定

Set Mirror to Left

すべてを同期をクリックすると、右側のフォルダーの内容が左側のフォルダーにミラーリングされます。

デフォルトの設定

エントリのデフォルトアクションを設定します。

削除時に警告

マージ中に 2 つのディレクトリのいずれかにのみあるファイルを削除する前に警告を表示します。

ファイル比較状況および意図した操作は、アスタリスク(*)の付いた欄に示されています。操作を割り当てたり変更したりするには、対応するセルに関連付けられているコンテキストメニューを使用します。または、セルをクリックするか、Space を 1 回以上押します。

アイコン

説明

Copy the file to the right-hand folder

ファイルは左側のフォルダーにのみ存在します。意図した操作は、ファイルを右側のフォルダーにコピーすることです。

両方のフォルダーにファイルが存在する場合、この操作を適用すると、右側のフォルダーのファイルが上書きされます。

Files are not identical

選択された比較基準の場合、ファイルは同一ではありません。操作は想定されていません。

ビューの下部にあるファイルの違いを調べます。対応する操作を割り当てて適用することによって、ファイルの 1 つを上書きすることを選択できます。ファイルの内容を変更することもできます。

これは入力するか、次のボタンとコンテキストメニューコマンドを使用して行います。

  • the Arrow Right icon または the Arrow Left icon または置換です。フラグメントを他のペインのフラグメントに置き換えます。

  • the Arrow Right Down icon または the Arrow Left Down icon または挿入です。フラグメントを別のペインに挿入します。

  • を削除します。対応するフラグメントを削除します。

変更を元に戻すには、Ctrl+Z を使用します。

Files are identical

選択された比較基準については、ファイルは同一です。操作は想定されていません。

File exists only in the right-hand folder

ファイルは右側のフォルダーにのみ存在します。意図した操作は、ファイルを左側のフォルダーにコピーすることです。

両方のフォルダーにファイルが存在する場合、この操作を適用すると、左側のフォルダーのファイルが上書きされます。

Delete a file

ファイルを削除します。両方のフォルダーに存在するファイルでは操作できません。

関連ページ:

ファイル、フォルダー、テキストソースを比較する

PhpStorm を使用すると、ファイル、フォルダー、テキストソース、データベースオブジェクト間の違い、ローカルファイルとそれらのリポジトリバージョン間の違いを確認できます。ファイルを比較:PhpStorm はファイルの差分ビューアーに差分を表示します: グリーン追加済みブルー変更グレー削除変更を適用するには、シェブロンボタン (および) を使用します。変更を追加するには、を押します。

デプロイされたファイルとフォルダーをローカルバージョンと比較する

PhpStorm プロジェクト内のファイルおよびフォルダーと、サーバー上のそれらのバージョンとの対応は、デプロイサーバーマッピングによって設定されます。わかりやすくするために、サーバーが実際にマシンにインストールされている場合でも、PhpStorm プロジェクト内のすべてのファイルまたはフォルダーはローカルと呼ばれ、サーバー上のすべてのファイルまたはフォルダーはリモートと呼ばれます。詳細については、Web サーバーに接続するを参照してください。サーバーにアクセスするメインメニューからまたはを選択...

外部差分ツール

ファイルとフォルダー、および関連する設定を比較またはマージするための外部ツールを指定します。外部ツールの有効化外部ツールを使用してファイルまたはフォルダーを比較またはマージする場合に選択します。外部ツールを構成する新しい外部ツールを追加します。開いたダイアログで、次のオプションを構成します。ツールグループ: 差分ツールとマージツールのどちらを使用するかを選択します。プログラムパス: 使用するツールの実行可能ファイルへのパスを指定します。例: Windows の場合は C:\Program File...