PhpStorm 2021.1 ヘルプ

PHP Web ページのデバッグ構成でデバッグする

このデバッグモードでは、PhpStorm はデバッグプロセスを完全に制御します。アプリケーションを起動し、ブラウザーを開き、PHP Web ページデバッグ構成に従ってデバッグエンジンをアクティブにします。

PHP Web ページデバッグ構成は、アプリケーションの開始ページにアクセスするための URL アドレス、開始ページを開くブラウザー、および使用するデバッグサーバー構成を PhpStorm に指示します。

デバッグ中に PhpStorm が無視するスクリプト要求を指定することもできます。この方法は、アプリケーションに AJAX を使用するスクリプトが含まれている場合に便利です。あなたの Web ページの一部を " 再ロード " する menu-ajax-script.php があるとします。このスクリプトは正常に動作し、デバッグする必要はありません。ただし、このスクリプトは依然としてデバッグセッション中に要求されます。このスクリプトへの受信接続を無視するには、スキップされたパスのリストに menu-ajax-script.php スクリプトを追加します。

デバッグエンジンを準備する

デバッグを開始する前に、デバッグエンジンが正しくインストールされ、正しく構成されていることを確認してください。PhpStorm は、2 つの最も一般的なツール、Xdebug(英語)Zend デバッガー(英語)でデバッグをサポートしています。これらのツールは、互いにブロックするため同時に使用することはできません。この問題を回避するには、Xdebug を構成するおよび Zend デバッガーの構成の説明に従って、php.ini ファイルの対応するセクションを更新する必要があります。

エディターでアクティブな php.ini ファイルを開きます:

  1. 設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S で、PHP をクリックします。

  2. 表示される PHP ページで、CLI インタープリターフィールドの横にある the Browse button をクリックします。

  3. 開いている CLI インタープリターダイアログでは、構成ファイルの読み取り専用フィールドには、アクティブな php.ini ファイルへのパスが表示されます。エディターで開くをクリックします。

ブレークポイントの設定

ブレークポイントは、デバッグセッション中にアクションをトリガーするために使用されるソースコードマーカーです。通常、ブレークポイントの設定の背後にある目的は、プログラムの実行を一時停止して、プログラムデータを調べられるようにすることです。ただし、PhpStorm は、さまざまな異なるアクションのトリガーとしてブレークポイントを使用できます。ブレークポイントは、デバッグプロセス中いつでも設定できます。ブレークポイントはソースファイルに直接影響しませんが、ブレークポイントとその設定は PhpStorm プロジェクトに保存されるため、デバッグセッション全体で再利用できます。

  1. キャレットをソースコードの目的の行に配置します。

    ブレークポイントは、phphtml、その他のタイプのファイル内の PHP コンテキストで設定できます。行ブレークポイントは、実行可能行にのみ設定できますが、コメント、宣言、または空の行には設定できません。

  2. 以下のいずれか 1 つを実行します:

    • ブレークポイントを切り替えるラインのガター領域をクリックします。

    • メインメニューから実行 | 行ブレークポイントの切り替えを選択します。

    • Ctrl+F8 を押します。

タイプ PHP Web ページのデバッグ構成を作成する

  1. 次のいずれかを実行して実行 / デバッグ構成ダイアログを開きます。

    • メインメニューから実行 | 実行構成の編集を選択します。

    • Alt+Shift+F10 を押してから 0 を押して構成の編集ダイアログを表示するか、ポップアップから構成を選択して F4 を押します。

  2. ツールバーの the Add button をクリックするか、Insert を押します。リストから PHP Web ページ構成タイプを選択します。PHP Web ページダイアログが開きます。

  3. 構成名を指定します。

  4. サーバーリストから適切なデバッグサーバー構成を選択するか、参照 the Browse button をクリックします。PHP デバッグサーバー構成を作成する説明に従って開くサーバーダイアログでデバッグサーバー設定を定義します。

  5. 開始 URL フィールドに、アプリケーションの開始ページを実装するファイルへのサーバーパスを入力します。サーバー構成ルートからの相対パスを指定します(サーバー構成ルートは、サーバー構成を介してアクセスできるローカルサーバーまたはリモートサーバー上のファイルツリーの最上位のフォルダーです。インプレースサーバーの場合、これはプロジェクトルートです。)以下の読み取り専用フィールドには、アプリケーションの開始ページの URL アドレスが表示されます。URL アドレスは、入力と同時に動的に構成されます。

  6. アプリケーションを開くブラウザーを指定します。ブラウザーリストから構成済みブラウザーを選択するか、参照 the Browse button をクリックして、開いたウェブブラウザーダイアログで別のブラウザーを指定します。

デバッグセッションを開始し、中断されたプログラムを調べる

  1. デバッグを開始するには、ツールバーのデバッグボタン the Debug button をクリックします。

  2. デバッガーが最初のブレークポイントに到達したときに一時停止したら、フレームを分析してアプリケーションを調べます。フレームはアクティブなメソッドまたは関数の呼び出しに対応し、呼び出されたメソッドまたは関数のローカル変数、その引数、式の評価を可能にするコードコンテキストを格納します。現在アクティブなすべてのフレームは、デバッグツールウィンドウフレームペインに表示されます。フレームを切り替えて、変数および監視式ペインに格納されている情報を分析できます。詳細については、セクション中断されたプログラムの調査を参照してください。
  3. プログラムの実行を継続し、再び中断されるとすぐにそのフレームを調べます。

    • プログラムの実行を手動で制御するには、実行メニューまたはツールバーボタン: ステップイン F7ステップアウト Shift+F8ステップオーバー F8 などのコマンドを使用してコードをステップ実行します。詳細については、プログラムのステップスルーを参照してください。

    • プログラムを自動的に次のブレークポイントまで実行させるには、実行 | デバッグアクション | 再開を選択するか F9 を押してセッションを再開します。

リクエストをスキップするスクリプトを指定

この方法は、アプリケーションに AJAX を使用するスクリプトが含まれている場合に便利です。あなたの Web ページの一部を " 再ロード " する menu-ajax-script.php があるとします。このスクリプトは正常に動作し、デバッグする必要はありません。ただし、このスクリプトは依然としてデバッグセッション中に要求されます。このスクリプトへの受信接続を無視するには、スキップされたパスのリストに menu-ajax-script.php スクリプトを追加します。

  1. 設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S で、PHP | デバッグ | スキップするパスに移動します。

  2. 開いたスキップするパスページで、「無視リスト」を設定します。スクリプトおよび PhpStorm がそれらへの受信接続を受信した場合に呼び出されないスクリプトを含むフォルダーのセット。

    • リストに新しいエントリを追加するには、the Add button をクリックするか Alt+Insert を押します。次に the Browse button をクリックして表示されるダイアログで、接続をスキップするファイルまたはフォルダーを選択します。

    • リストからエントリを削除するには、それを選択して the Remove button をクリックするか Alt+Delete を押します。スクリプトはリクエストを受け取ると実行されます。

  3. スキップするスクリプトへのリクエストを受け取るたびに PhpStorm に通知するには、スキップされたパスについて通知するチェックボックスをオンにします。

関連ページ:

Xdebug を構成する | PhpStorm

Xdebug をダウンロード PHP バージョンと互換性のある Xdebug 拡張をダウンロードし、インストールガイドの説明に従ってインストールします。AMP パッケージを使用している場合、Xdebug 拡張機能がすでにインストールされている可能性があります。パッケージに固有の手順を参照してください。Xdebug と PHP インタープリターを統合するエディターでアクティブな php.ini ファイルを開きます: 設定 / 環境設定ダイアログで、PHP をクリックします。表示される PHP ページで、CLI...

実行 / デバッグ構成ダイアログ | PhpStorm

このダイアログを使用して、実行 / デバッグ構成を作成、編集、調整、または削除したり、新しく作成されたすべての実行 / デバッグ構成に適用されるデフォルトのテンプレートを構成したりします。プロジェクト構成は構成タイプによってグループ化されています。デフォルトの構成テンプレートは、ダイアログの左側のテンプレートノードにまとめられています。共通:実行構成を編集するとき(ただし実行構成テンプレートは編集しないとき)、次のオプションを指定できます。名前実行 / デバッグ構成の名前を指定して、たとえば実...

PHP デバッグサーバー構成を作成する | PhpStorm

PHP デバッグサーバーの設定という用語は、デバッグエンジンがローカルおよびリモート Web サーバーと対話し、サーバー上のファイルと PhpStorm プロジェクト内のローカルコピーとの間の対応を設定する HTTP アクセスを確実にする設定を示します。デバッグサーバー設定の設定は、PHP Web ページまたは PHP リモートデバッグタイプの実行 / デバッグ構成を使用してデバッグしたり、ゼロ構成デバッグセッション中に使用する場合に使用されます。デバッグサーバーの設定を最初から手動で作成すること...

ブラウザーの構成 | PhpStorm

PhpStorm には、HTML ファイルの出力の実行、デバッグ、またはプレビュー中に IDE から自動的にインストールおよび起動できる最も一般的なブラウザーの事前定義リストが付属しています。PhpStorm は、標準の手順に従ってブラウザーをインストールすることを前提としており、各インストールに、ブラウザーの実行可能ファイルまたは macOS アプリケーションへのデフォルトパスを表すエイリアスを割り当てます。デフォルトリストのブラウザーに加えて、カスタムブラウザーのインストールを設定できます。...

中断されたプログラムの調査 | PhpStorm

デバッガーセッションの開始後、デバッグツールウィンドウが表示され、次のいずれかが発生するまでプログラムが正常に実行されます。ブレークポイントがヒットしました、プログラムを手動で一時停止して再開する、その後、プログラムは中断され、現在の状態を調べたり、実行を制御したり、実行時にさまざまなシナリオをテストしたりできます。フレームを調べる:プログラムの状態はフレームで表されます。プログラムが一時停止すると、現在のフレームスタックがデバッグツールウィンドウのフレームタブに表示されます。フレームはアクテ

ゼロコンフィギュレーションデバッグ | PhpStorm

ゼロコンフィギュレーションデバッグの場合、デバッグ構成を作成する必要はありません。代わりに、PHP アプリケーションの開始ページをブラウザーで手動で開き、ブラウザーからデバッグエンジンをアクティブにし、PhpStorm は受信デバッガー接続を待機します。デバッグセッションを開始する:デバッグを開始する前に、デバッグエンジンが正しくインストールされ、正しく構成されていることを確認してください。PhpStorm は、2 つの最も一般的なツール、Xdebug と Zend デバッガーでデバッグをサポート...