PhpStorm 2024.1 ヘルプ

プロジェクトの作成と管理

PhpStorm で何かを行う場合、プロジェクトのコンテキスト内で行うことになります。プロジェクトは、完全なソフトウェアソリューションを表す組織単位です。これは、コーディング支援、一括リファクタリング、コーディングスタイルの一貫性などの基盤として機能します。

PhpStorm のプロジェクトはディレクトリベースのフォーマットに表示されます。ルートプロジェクトディレクトリには、.idea ディレクトリと次のファイルが含まれています。

  • プロジェクト構造を記述する .iml ファイル。

  • ワークスペース設定を含む workspace.xml ファイル。

  • 多数の xml ファイル。各 xml ファイルは、projectCodeStyle.xmlencodings.xmlvcs.xml という名前で認識できる、独自の設定セットを担当します。

    たとえば、新しい実行 / デバッグ構成を追加してエンコーディングを変更すると、2 つの異なる xml ファイルに影響します。これにより、プロジェクト設定がバージョン管理システムに格納され、異なるチームメンバーによって変更されたときのマージの競合を回避できます。

.idea ディレクトリは、プロジェクトツールウィンドウ Alt+1プロジェクトビューには表示されません。

VCS を介してプロジェクト設定を共有する

プロジェクト設定は、.idea フォルダーにある一連の XML ファイルとしてプロジェクトディレクトリに保存されます。このフォルダーには、バージョン管理下に置くべきではないユーザー固有の設定と、チームで作業している開発者間で通常共有されるプロジェクト設定(コードスタイルの構成など)の両方が含まれています。

プロジェクトでバージョン管理を有効にすると、PhpStorm は他の開発者の設定との競合を避けるために、個人設定を含む workspace.xml ファイルを .gitignore リストに自動的に移動します。

設定ファイルは選択に応じて処理されます。プロジェクト設定を変更して新しい設定ファイルが作成されると、IDE は画面の下部にこのプロジェクトの設定ファイルの扱い方を選択するように促す通知を表示します。

  • ファイルを表示 : 作成された設定ファイルのリストを見て、どれをバージョン管理下に置きたいかを選択します。その後、選択したファイルは VCS に追加されるようにスケジュールされます。

  • 常に追加 : VCS に追加するために .idea ディレクトリに作成されたすべての設定ファイルをサイレントにスケジュールします(現在のプロジェクトにのみ適用されます)。

  • 今後このメッセージを表示しない : VCS に追加する構成ファイルをスケジュールしないでください。手動で VCS に追加するまで、バージョン管理外のステータスになります(現在のプロジェクトにのみ適用されます)。

オプションを選択せずに通知を閉じると、新しい設定ファイルが作成された後に再び表示されます。IDE を再起動しても、新しいファイルはオプションの 1 つを選択するまでそこにあるリストにも移動します。

Notification prompting to select how to treat configuration files

共有できない構成ファイルのリスト

PhpStorm は構成ファイルを識別し、無視されたファイルのリストに自動的に追加します。ただし、プロジェクトを手動で共有している場合は、これらのファイルとフォルダーをバージョン管理下に置かないことをお勧めします。

  • .idea/workspace.xml

  • .idea/usage.statistics.xml

  • .idea/dictionaries フォルダー

  • .idea/shelf フォルダー

ファイルの完全なリストについては、バージョン管理システムでプロジェクトを管理する方法および JetBrains.gitignore(英語) を参照してください。

グローバル設定をプロジェクトレベルにコピーする

グローバル (IDE) 設定はプロジェクトとは別に保存されます。このため、これらの設定はバージョン管理を通じてプロジェクトとともに共有されません。

ただし、一部の設定はプロジェクトレベルにコピーできます。例: またはインスペクションプロファイルのコピーを作成できます。これを行うと、IDE は対応する構成ファイルを .idea ディレクトリに作成し、VCS を介してプロジェクトと共有できるようにします。

PhpStorm は、異なる IDE インスタンス間で設定を共有するいくつかの方法も提供します。詳細については、IDE 設定を共有するを参照してください。

PhpStorm でフォルダーを開くと、.idea サブフォルダーが追加されます。PhpStorm には、プロジェクトコードスタイルやバージョン管理システムなどの内部設定が保存されます。

関連ページ:

プロジェクトツールウィンドウ

プロジェクトツールウィンドウでは、様々な視点からプロジェクトを見て、新しいアイテム(ディレクトリ、ファイル、クラスなど)の作成、エディターでのファイルのオープン、必要なコードフラグメントへの移動など、様々なタスクを実行することができます。このツールウィンドウのほとんどの機能には、コンテンツペインのコンテキストメニューコマンドとして、関連するショートカットを介してアクセスします。また、ビューには、作成されたスクラッチファイル、クエリコンソール、拡張スクリプトを管理できるスクラッチとコンソールフォル...

既存のプロジェクトをインポート

別の IDE または専用エディターで作成された既存のソースコードを中心に PhpStorm プロジェクトをセットアップできます。PhpStorm はコードベースを分析し、設定を含む .idea ディレクトリをコードベースに追加します。プロジェクトを開く (簡単なインポート):現在プロジェクトで Web サーバーを使用しない場合は、プロジェクトファイルが含まれるフォルダーを開くだけで済みます。このオプションは、選択したプロジェクトをそのまま PhpStorm にインポートします (開きます)。PhpS...

バージョン管理統合サポート

PhpStorm は 2 つのレベルでバージョン管理統合をサポートします。IDE レベルでは、VCS 統合は、デフォルトで有効になっているバンドルされたプラグインのセットを通じて提供されます。プロジェクトレベルでは、プロジェクトフォルダーを 1 つまたは複数のバージョン管理システムと関連付けることで、VCS 統合が有効になります。プロジェクトルートをバージョン管理システムに関連付ける:PhpStorm を使用すると、プロジェクトとバージョン管理システムの統合を迅速に有効にし、それをプロジェクト...

プロファイルを構成する

インスペクションプロファイルは、有効なインスペクション、これらのインスペクションが分析するファイルのスコープ、およびインスペクション重大度設定に関する情報を保持します。PhpStorm には、2 種類のプロファイルがあります。プロファイル IDE に保管は、PhpStorm 構成ディレクトリの inspection フォルダーに保存され、すべてのプロジェクトで使用できます。プロジェクトにコピーオプションを使用して、IDE プロファイルを現在のプロジェクトにコピーできます。プロファイルプロジェクトに保管は...

IDE 設定を共有する

PhpStorm を使用すると、異なる PhpStorm インストール間、または使用している異なる IntelliJ ベースの IDE 製品間で IDE 設定を共有できます。これにより、異なるコンピューターで作業している場合に快適な作業環境を再現でき、慣れているものと見た目や動作が異なるという煩わしさを回避できます。IDE 設定を共有するには、いくつかの方法があります。設定の同期プラグイン経由:JetBrains アカウントを使用し、そのアカウントでログインしているすべての IDE で同期された...

IDE のメモリヒープを増やす

PhpStorm を実行している Java 仮想マシン(JVM)は、事前定義された量のメモリを割り当てます。デフォルト値はプラットフォームによって異なります。速度が低下している場合は、メモリヒープを増やすことをお勧めします。メインメニューで、に移動します。割り当てる必要なメモリ量を設定し、保存して再起動をクリックします。このアクションは、JVM が PhpStorm を実行するために使用するオプションの値を変更します。新しい設定を有効にするには、PhpStorm を再起動します。PhpStorm...