PhpStorm 2020.3 ヘルプ

コンテンツルート

PhpStorm では、コンテンツは現在作業しているファイルのコレクションであり、サブフォルダーの階層に編成されている可能性があります。この階層の最上位にあるフォルダーは、略してコンテンツルートフォルダーまたはコンテンツルートthe Content root icon として表示)と呼ばれます。プロジェクトには少なくとも 1 つのコンテンツルートフォルダーがあり、デフォルトではプロジェクトフォルダー自体です。

いくつかのコンテンツルートを持つことで、共通の直系親を持たない複数のディレクトリからのファイルを扱うことができます。これは、静的コンテンツ(アイコンなど)を使用する場合に役立ちます。すべてフォルダーに保存し、このフォルダーを複数のプロジェクトで余分なコンテンツルートとして指定するだけです。

コンテンツルートタイプ

デフォルトでは、コンテンツルートフォルダー内のすべてのファイルがインデックス作成、検索、解析、コード補完などに関与しています。このステータスを変更するには、コンテンツルート内のフォルダーを以下のカテゴリに割り当てることができます。

  • ソースルート(またはソースフォルダー、the Source root icon として表示)。

    これは、プロジェクトで使用されている名前空間のルートです。

    この設定に基づいて、PhpStorm は、PHP クラスの作成または移動中に別の親名前空間に新しい名前空間を作成する場合、つまり、実際に PHP クラスを作成するか、存在しない名前空間に移動する場合に、適切なフォルダー名を提案します。別の親名前空間の下。ソースフォルダーが指定されていない場合は、適切なフォルダーを手動で入力する必要があります。

    ソースフォルダーの指定は必須ではありませんが、PSR0(英語) および PSR4(英語) 標準に準拠したプロジェクト構造を維持できます。詳細はプロジェクトで PHP 名前空間を構成するを参照してください。

  • テストソースルート(またはテストソースフォルダー、the Tests root icon として表示)。

  • リソースルートまたはリソースフォルダー。the Resources root icon として表示されます。

    このカテゴリにフォルダーを割り当てることで、そのフォルダー内のファイルとそのサブフォルダーのファイルを、フルパスを指定するのではなく、このフォルダーを基準にして参照することができます。

  • 除外ルートthe Excluded root icon として表示)は、PhpStorm が「ほとんど無視」しているものです。

    これらのルートには、インデックス作成、検索、解析、監視などの際に PhpStorm によって無視されるファイルやフォルダーが含まれています。

    除外されたルートは PhpStorm には表示されません。通常、一時的なビルドフォルダー、生成された出力、ログ、その他のプロジェクト出力を除外します。不要なパスを除外すると、パフォーマンスが大幅に向上します。

関連ページ:

テンプレートからファイルを作成する

PhpStorm は、サポートするほとんどの言語のファイルテンプレートを提供します。これにより、ファイルの目的に適した初期コンテンツでファイルを作成できます。例: HTML / HTML5 / XHTML、XML、JavaScript ファイル、PHP クラスとファイル、XSLT スタイルシート、およびその他のサポートされているファイルタイプのファイルテンプレートがあります。通常、テンプレートベースのファイルのファイル名拡張子は自動的に設定されるため、指定する必要はありません。例: JavaSc...

移動リファクタリング

移動リファクタリングを使用すると、クラス、クラスメンバー(メソッド、フィールド、定数)、通常の関数、定数、HTTP リクエストファイル、およびプロジェクト内のディレクトリを移動できます。その際、PhpStorm はこれらの動きを追跡し、ソースコード内の移動されたシンボルへのすべての参照を自動的に修正します。ファイルまたはディレクトリを別のディレクトリに移動する:プロジェクトツールウィンドウでファイルまたはディレクトリを選択します。以下のいずれか 1 つを実行します: メインメニューからを選択しま...

プロジェクトで PHP 名前空間を構成する

PhpStorm には、プロジェクトルートフォルダーがパッケージおよび名前空間のルートでもあることを指定する構成可能な規則が付属しています。つまり、プロジェクトのルートフォルダーはデフォルトでソースとしてマークされ、そに作成されるすべてのディレクトリは個別のネームスペースと見なされます。これは、オートローディングスタンダードとも呼ばれる PSR-0 に準拠しています。オートローディングスタンダードは、PHP のクラスと名前空間がディレクトリとファイル構造に一致すること、およびその逆を規定しています。...

プロジェクト設定

プロジェクト設定は、現在のプロジェクトにのみ適用されます。それらは、他のプロジェクトファイルと一緒に .xml 形式で .idea ディレクトリに保存されます。例: プロジェクトは、VCS 設定、コードスタイルのスペルチェッカー設定、言語インジェクションのリストなどを保持します。これらの設定は、VCS に送信するときに、アプリケーションコードとともにバージョン管理下に自動的に配置されます。プロジェクト設定を構成するには、macOS の場合はを、Windows および Linux の場合はを選択します。設定...

コンテンツルートの設定

どのプロジェクトにも、プロジェクトと一緒に作成されたコンテンツルートが少なくとも 1 つ含まれています。追加のコンテンツルートを作成したり、不要なものを削除することができます。コンテンツルートを作成する設定 / 環境設定ダイアログで、ディレクトリをクリックします。ディレクトリページで、コンテンツルートの追加ボタンをクリックします。開いたダイアログで、目的のディレクトリを見つけて、OK をクリックします。コンテンツルートを取り外す設定 / 環境設定ダイアログで、ディレクトリをクリックします。ディ...