PhpStorm 2020.1ヘルプ

Zendデバッガーの構成

Zend デバッガーをダウンロードしてインストールする

  1. お使いのオペレーティングシステムに対応したZend デバッガーパッケージ(英語)をダウンロードしてください。

  2. PHPのバージョンに対応するディレクトリ(php-7.0.xなど)でZendDebugger.so(UNIX)またはZendDebugger.dll(Windows)ファイルを見つけます。

  3. Webサーバーからアクセス可能な場所にWebサーバーにファイルをコピーします。

ZendデバッガーとPHPインタープリターの統合を有効にする

  1. エディターでアクティブなphp.iniファイルを開きます。

    1. 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sで、 言語 & フレームワークPHPをクリックします。

    2. 表示されるPHPページで、CLI インタープリターフィールドの横にある the Browse button をクリックします。

    3. 開いたCLI インタープリターダイアログで、構成ファイル読み取り専用フィールドにアクティブなphp.iniファイルへのパスが表示されます。エディターで開くをクリックします。

  2. [Zend] セクションを検索または作成します。

  3. Zend デバッガーエクステンションをロードするには、お使いのオペレーティングシステムに応じて、[Zend] セクション内に次の行のいずれかを追加します。

    zend_extension=<full_path_to_ZendDebugger.so>
    zend_extension=<full_path_to_ZendDebugger.dll>
  4. PhpStormからZend デバッガーにアクセスできるようにするには、次の行を追加します。

    zend_extension=<full_path_to_zend_debugger_extension> zend_debugger.allow_hosts=127.0.0.1 zend_debugger.expose_remotely=allowed_hosts zend_debugger.tunnel_min_port=<any integer value above 1024> zend_debugger.tunnel_max_port=<any integer value below 65535>

    zend_debugger.allow_hosts パラメータの値は、サーバーデバッガに接続するマシンのIPです。これは、X.X.X.X の形式のコンマ区切りのIPリスト(192.168.0.6など)です。

  5. Webサーバーを再起動します。

  6. Zend デバッガーが正しくインストールされ、正しく構成されていることを確認するには、次の内容のファイルを作成します。

    <?php phpinfo();

    ブラウザのファイルに対応するページを開きます。出力にはZend デバッガーセクションが含まれている必要があります。

ZendデバッガーとPhpStormの統合

  1. 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sで、言語 & フレームワーク | PHPに移動します。

  2. 選択したPHPインタープリターに関連付けられているZend デバッガーのインストールを確認します。

    1. PHPページで、CLI インタープリター リストから関連するPHPインストールを選択し、フィールドの横にある the Browse button をクリックします。リストにはPhpStormで利用可能なすべてのPHPインストールが表示されます。ローカルPHPインタープリターを構成するリモート PHP インタープリターの構成を参照してください。

    2. 開いているCLI インタープリターダイアログには、次の情報が表示されます。
      • 選択したPHPインストールのバージョン。

      • 選択したPHPインストールに関連付けられているデバッグエンジンの名前とバージョン(XdebugまたはZend デバッガー)。デバッガーが構成されていない場合、PhpStormは対応するメッセージを表示します。

        ps_interpreters_debugger_not_installed.png

    デバッグエンジンの構成を検証するでのZend デバッガーインストールの確認の詳細を参照してください。

  3. Zend デバッガーの動作を定義します。PHPノードにあるデバッグをクリックします。表示されるデバッグページで、Zend デバッガーエリアで次の設定を指定します。

    • デバッグ・ポートフィールドで、PhpStormがツールと通信するためのポートを指定します。 zend_debugger.tunnel_min_port および zend_debugger.tunnel_max_portを介して、php.iniファイルで指定されたトンネル内のポート番号を入力します。詳細については、Zend デバッガー - 構成ディレクティブ(英語)を参照してください

    • PhpStormがデバッグ・ポートフィールドで指定されたポートを介してZend デバッガーエンジンからのすべての受信接続を受け付けるようにするには、外部接続を受け入れるチェックボックスを選択します。

    • ブラウザでデバッガツールバーを使用するには、ブロードキャスト・ポートの設定フィールドにデバッガ設定がブラウザに渡されるポートを指定します。

    • ホットIPアドレスの自動検出を有効または無効にするには、自動検出 IDE IPチェックボックスを使用します。このチェックボックスが選択されていると、PhpStormは debug_host パラメータを通してZend デバッガーに送信されるすべてのホストIPアドレスを検出します。検出されたすべてのIPアドレスが右側のフィールドに表示されます。IPアドレスの自動検出は、VagrantVirtualBox 、またはその他の仮想化ツールを使用するときに役立ちます。

      チェックボックスをオフにしてホストIPアドレスの自動検出をブロックし、必要なアドレスをフィールドに明示的に指定します。

  4. 外部接続領域で、デプロイサーバー構成として登録されていないホストおよびポートを介して受信した接続をPhpStormでどのように処理するかを指定します。

    • 未登録のサーバー構成による外部接続を無視する : PhpStormがデプロイサーバー構成として登録されていないホストおよびポートから受信した接続を無視するようにするには、このチェックボックスを選択します。このチェックボックスが選択されていると、PhpStormはデプロイサーバー構成を自動的に作成しようとしません。

    • PHP スクリプトの最初の行で中断する : このチェックボックスを選択すると、デバッガとPhpStormとの間の接続が確立されるとすぐに(最初のブレークポイントに達するまで自動的に実行されるのではなく)デバッガが停止します。あるいは、メインメニューから実行 | PHP スクリプトの最初の行で中断するオプションをオンにします。

    • 最大同時接続数 : このスピンボックスを使用して、同時に処理できる外部接続の数を制限します。

  5. Z-Rayシステム(英語)からの要求をブロックするには、PhpStormデバッガをあまりにも頻繁に呼び出して迷惑をかける場合は、Z-Ray システム要求を無視するチェックボックスを選択します。

オンデマンドモードで使用するためのZendデバッガーの構成

PhpStorm 2016.2以降ではオンデマンドモードがサポートされています。このモードでは、グローバルPHPインストールでZend デバッガーを無効にして、コマンドラインスクリプトをデバッグしているときやコードカバレッジレポートが必要なときにのみオンデマンドで自動的に有効にできます。これはあなたのコマンドラインスクリプト(Composerと単体テストを含む)をさらに高速に走らせることができます。

  1. コマンドラインスクリプトのZend デバッガーを無効にする:

    • 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sで、 言語 & フレームワークPHPを選択します。

    • PHP 実行可能ファイルリストから関連するPHPインタープリターを選択し、その隣にある the Browse button をクリックします。開いたCLI インタープリターダイアログで、設定ファイル:<php.iniへのパス>ファイルの横にあるエディターで開くリンクをクリックします。すべてのダイアログを閉じ、php.iniファイルが開かれているタブに切り替えます。

    • php.iniファイルで、[Zend] セクションを見つけ、前置詞に ; を追加して、次の行をコメント化します。

      ;zend_extension=<full_path_to_ZendDebugger.so>
      ;zend_extension=<full_path_to_ZendDebugger.dll>
    • CLI インタープリターダイアログを開き、PHP 実行可能ファイルフィールドの横にある the Reload button をクリックします。PhpStormは、デバッガがインストールされていないことを通知します。

      ps_interpreters_debugger_not_installed.png

  2. 必要に応じてPhpStormがZend デバッガーをアクティブにできるようにするには、追加領域のデバッガー拡張フィールドにそのパスを指定します。パスを手動で入力するか、the Browse button をクリックして表示されるダイアログで場所を選択します。

最終更新日: 2020年6月23日

関連ページ:

PHP

ファイル | 設定 | 言語とフレームワーク | PHPfor Windows and LinuxPhpStorm | 環境設定 | 言語とフレームワーク | PHPfor macOSThe page and all the pages under this node are available o...

リモート PHP インタープリターの構成

リモート PHPインタープリターという用語は、リモートホストまたは仮想環境にインストールされたPHPエンジンを意味します。リモート PHPインタープリターという用語は、コンピューターにインストールされているローカルPHPインタープリターの反対語として使用されます。ローカルPHPインタープリターの構成...

デバッグエンジンの構成を検証する

PhpStormは、XdebugまたはZend デバッガーの設定を検証して、一部の設定が欠落しているかどうか(たとえば、)、または他の設定と矛盾しているかどうかを伝えます。PHPインタープリターをプロジェクト用に設定すると、PhpStormはローカルPHP開発環境にデバッガがインストールされているか...

デバッグ

ファイル | 設定 | 言語とフレームワーク | PHP | デバッグfor Windows and LinuxPhpStorm | 環境設定 | 言語とフレームワーク | PHP | デバッグfor macOSこのページを使用して、XdebugとZend デバッガーの動作を設定します。事前構成この...

サーバー

WindowsとLinux用のmacOS用このページは、PHPプラグインが有効になっている場合にのみ利用可能です。プラグインはデフォルトで有効になっています。プラグインが無効になっている場合は、プラグインを管理する説明に従ってプラグインページで有効にします。このページでは、デバッグエンジンのHTTP...

Xdebugを構成する

XdebugをダウンロードPHPのバージョンと互換性のあるXdebug拡張をダウンロードし、インストールガイドの説明に従ってインストールします。AMPパッケージを使用している場合、Xdebug拡張機能が既にインストールされている可能性があります。パッケージに固有の手順を参照してください。Xdebug...