PhpStorm 2020.3 ヘルプ

Zend デバッガーの構成

Zend デバッガーをダウンロードしてインストールする

  1. お使いのオペレーティングシステムに対応した Zend デバッガーパッケージ(英語)をダウンロードしてください。

  2. PHP のバージョンに対応するディレクトリ( php-7.0.x など)で ZendDebugger.so(UNIX)または ZendDebugger.dll(Windows)ファイルを見つけます。

  3. Web サーバーからアクセス可能な場所に Web サーバーにファイルをコピーします。

Zend デバッガーと PHP インタープリターの統合を有効にする

  1. エディターでアクティブな php.ini ファイルを開きます:

    1. 設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S で、言語 & フレームワークPHP をクリックします。

    2. 表示される PHP ページで、CLI インタープリターフィールドの横にある the Browse button をクリックします。

    3. 開いている CLI インタープリターダイアログでは、構成ファイルの読み取り専用フィールドには、アクティブな php.ini ファイルへのパスが表示されます。エディターで開くをクリックします。

  2. [Zend] セクションを検索または作成します。

  3. Zend デバッガーエクステンションをロードするには、お使いのオペレーティングシステムに応じて、[Zend] セクション内に次の行のいずれかを追加します。

    zend_extension=<full_path_to_ZendDebugger.so>
    zend_extension=<full_path_to_ZendDebugger.dll>
  4. PhpStorm から Zend デバッガーにアクセスできるようにするには、次の行を追加します。

    zend_extension=<full_path_to_zend_debugger_extension> zend_debugger.allow_hosts=127.0.0.1 zend_debugger.expose_remotely=allowed_hosts zend_debugger.tunnel_min_port=<any integer value above 1024> zend_debugger.tunnel_max_port=<any integer value below 65535>

    zend_debugger.allow_hosts パラメーターの値は、サーバーデバッガーに接続するマシンの IP です。これは、X.X.X.X の形式のコンマ区切りの IP リスト(192.168.0.6 など)です。

  5. Web サーバーを再起動します。

  6. Zend デバッガーが正しくインストールされ、正しく構成されていることを確認するには、次の内容のファイルを作成します。

    <?php phpinfo();

    ブラウザーのファイルに対応するページを開きます。出力には Zend デバッガーセクションが含まれている必要があります。

Zend デバッガーと PhpStorm の統合

  1. 設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S で、言語 & フレームワーク | PHP に移動します。

  2. 選択した PHP インタープリターに関連付けられている Zend デバッガーのインストールを確認します。

    1. PHP ページで、CLI インタープリターリストから関連する PHP インストールを選択し、フィールドの横にある the Browse button をクリックします。リストには PhpStorm で利用可能なすべての PHP インストールが表示されます。ローカル PHP インタープリターを構成するリモート PHP インタープリターの構成を参照してください。

    2. 開いている CLI インタープリターダイアログには、次の情報が表示されます。
      • 選択した PHP インストールのバージョン。

      • 選択した PHP インストールに関連付けられているデバッグエンジンの名前とバージョン(Xdebug または Zend デバッガー)。デバッガーが構成されていない場合、PhpStorm は対応するメッセージを表示します。

        ps_interpreters_debugger_not_installed.png

    デバッグエンジンの構成を検証するでの Zend デバッガーインストールの確認の詳細を参照してください。

  3. Zend デバッガーの動作を定義します。PHP ノードにあるデバッグをクリックします。表示されるデバッグページで、Zend デバッガーエリアで次の設定を指定します。

    • デバッグポートフィールドで、PhpStorm がツールと通信するためのポートを指定します。 zend_debugger.tunnel_min_portzend_debugger.tunnel_max_port を介して php.ini ファイルで指定されたトンネル内のポート番号を入力します。詳しくは Zend デバッガー - 構成ディレクティブ(英語)を参照してください。

    • PhpStorm がデバッグポートフィールドで指定されたポートを介して Zend デバッガーエンジンからのすべての受信接続を受け付けるようにするには、外部接続を受け入れ可能チェックボックスを選択します。

    • ブラウザーでデバッガーツールバーを使用するには、ブロードキャストポートの設定フィールドにデバッガー設定がブラウザーに渡されるポートを指定します。

    • ホット IP アドレスの自動検出を有効または無効にするには、自動検出 IDE IP チェックボックスを使用します。このチェックボックスが選択されていると、PhpStorm は debug_host パラメーターを通して Zend デバッガーに送信されるすべてのホスト IP アドレスを検出します。検出されたすべての IP アドレスが右側のフィールドに表示されます。IP アドレスの自動検出は、VagrantVirtualBox、またはその他の仮想化ツールを使用するときに役立ちます。

      チェックボックスをオフにしてホスト IP アドレスの自動検出をブロックし、必要なアドレスをフィールドに明示的に指定します。

  4. 外部接続領域で、デプロイサーバー構成として登録されていないホストおよびポートを介して受信した接続を PhpStorm でどのように処理するかを指定します。

    • 未登録のサーバー構成による外部接続を無視する : PhpStorm がデプロイサーバー構成として登録されていないホストおよびポートから受信した接続を無視するようにするには、このチェックボックスを選択します。このチェックボックスが選択されていると、PhpStorm はデプロイサーバー構成を自動的に作成しようとしません。

    • PHP スクリプトの最初の行で中断する : このチェックボックスを選択すると、デバッガーと PhpStorm との間の接続が確立されるとすぐに(最初のブレークポイントに達するまで自動的に実行されるのではなく)デバッガーが停止します。あるいは、メインメニューから実行 | PHP スクリプトの最初の行で中断するオプションをオンにします。

    • 最大同時接続数 : このスピンボックスを使用して、同時に処理できる外部接続の数を制限します。

  5. Z-Ray システム(英語)からの要求をブロックするには、PhpStorm デバッガーをあまりにも頻繁に呼び出して迷惑をかける場合は、Z-Ray システム要求を無視するチェックボックスを選択します。

オンデマンドモードで使用するための Zend デバッガーの構成

PhpStorm はオンデマンドモードをサポートしています。このモードでは、グローバル PHP インストールで Zend デバッガーを無効にし、コマンドラインスクリプトをデバッグしているとき、またはコードカバレッジレポートが必要な場合にのみ、オンデマンドで自動的に有効にすることができます。これにより、コマンドラインスクリプト(Composer と単体テストを含む)をはるかに高速に実行できます。

  1. コマンドラインスクリプトの Zend デバッガーを無効にする:

    • 設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S で、言語 & フレームワークPHP を選択します。

    • PHP 実行可能ファイルリストから適切な PHP インタープリターを選択し、その横にある the Browse button をクリックします。開いた CLI インタープリターダイアログで、構成ファイル: <php.ini へのパス> ファイルの横にあるエディターで開くリンクをクリックします。すべてのダイアログを閉じて、php.ini ファイルが開かれているタブに切り替えます。

    • php.ini ファイルで、[Zend] セクションを見つけ、; を前置詞に追加して次の行にコメントします。

      ;zend_extension=<full_path_to_ZendDebugger.so>
      ;zend_extension=<full_path_to_ZendDebugger.dll>
    • CLI インタープリターダイアログを開き、PHP 実行可能ファイルフィールドの横にある the Reload button をクリックします。PhpStorm は、デバッガーがインストールされていないことを通知します。

      ps_interpreters_debugger_not_installed.png

  2. 必要に応じて PhpStorm が Zend デバッガーをアクティブにできるようにするには、追加領域のデバッガー拡張フィールドにそのパスを指定します。パスを手動で入力するか、the Browse button をクリックして表示されるダイアログで場所を選択します。

関連ページ:

PHP

このノードのページとすべてのページは、PHP プラグインが有効になっている場合にのみ使用できます。PHP プラグインは PhpStorm にバンドルされており、デフォルトで有効になっています。プラグインが無効になっている場合は、プラグインの管理に従って、設定 / 環境設定 | プラグインページでプラグインを有効にします。このページを使用して、使用可能な PHP インタープリターの 1 つを選択して、プロジェクトで PHP 開発およびユニットテストのサポートを設定します(ローカル PHP インタープリ...

リモート PHP インタープリターの構成

リモート PHP インタープリターという用語は、リモートホストまたは仮想環境にインストールされた PHP エンジンを意味します。リモート PHP インタープリターという用語は、コンピューターにインストールされているローカル PHP インタープリターの反対語として使用されます。ローカル PHP インタープリターの構成を参照してください。SSH、Docker、Docker Compose、Vagrant、または WSL を介してリモート PHP インタープリターにアクセスできます。SSH を使用すると...

デバッグエンジンの構成を検証する

PhpStorm は、Xdebug または Zend デバッガーの構成を検証し、一部の設定が欠落しているか、他の設定と矛盾していないかを通知します。プロジェクトの PHP インタープリターを構成するとき、PhpStorm は、デバッガーがローカルの PHP 開発環境にインストールされているかどうかを通知し、使用されている Xdebug または Zend デバッガーのバージョンについて報告します。詳細については、デバッグエンジンを構成する、ローカル PHP インタープリターを構成する、リモート PHP イン...

デバッグ

このページは、PHP プラグインが有効になっている場合にのみ使用できます。PHP プラグインは PhpStorm にバンドルされており、デフォルトでアクティブになっています。プラグインが無効になっている場合は、プラグインの管理に従って、設定 / 環境設定 | プラグインページでプラグインを有効にします。このページを使用して、Xdebug と Zend デバッガーの動作を設定します。事前構成この領域には、デバッガーのインストール、デバッガーのクッキーを制御してデバッグセッションを開始 / 停止するを実...

サーバー

このページは、PHP プラグインが有効になっている場合にのみ使用できます。PHP プラグインは PhpStorm にバンドルされており、デフォルトでアクティブになっています。プラグインが無効になっている場合は、プラグインの管理に従って、設定 / 環境設定 | プラグインページでプラグインを有効にします。このページでは、デバッグエンジンの HTTP アクセスをローカルおよびリモート Web サーバーと対話し、サーバー上のファイルと PhpStorm プロジェクト内のローカルコピー間の対応を設定します。...