PhpStorm 2020.3 ヘルプ

ローカル PHP インタープリターを構成する

ローカル PHP インタープリターは、リモート PHP インタープリターの反対側にコンピューターにインストールされる PHP エンジンであり、リモートホストまたは Vagrant インスタンスにセットアップされた仮想環境にインストールできます。リモート PHP インタープリターの構成を参照してください。

  1. 設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S で、言語 & フレームワーク | PHP に移動します。

  2. 表示される PHP ページで、CLI インタープリターリストの横にある the Browse button をクリックします。

  3. 表示される CLI インタープリターダイアログで、左側のペインの the Add button をクリックして、ポップアップメニューからローカルを選択します。

    PhpStorm でローカルインタープリターがすでに設定されている場合は、それもメニューから表示され、メニュー項目はその他のローカルに変わります。

  4. ダイアログの右側のペインで、PHP インタープリターの設定を指定します。

    1. 名前」フィールドに、インタープリターを他の人と区別するための識別子を入力します(例: php_installation_<version>)。

    2. PHP 実行可能ファイルフィールドに PHP エンジンのインストールディレクトリを指定します。パスを手動で入力するか、the Browse button をクリックして表示されるダイアログで関連するフォルダーを選択します。

      PhpStorm は、指定されたフォルダー内で検出された PHP エンジンのバージョンと、この PHP エンジンに関連付けられたデバッガーを php.ini ファイルに表示します。

  5. CLI インタープリターダイアログの追加エリアで、PHP インストールの構成設定をオプションでカスタマイズできます。

    • デバッガー拡張フィールドに、Xdebug へのパスを指定します。これにより、PhpStorm は、php.ini ファイルでそれを無効にした場合に必要なときに Xdebug を有効にすることができます(オンデマンドモードで使用するための Xdebug の設定を参照)。

    • 構成オプションフィールドで、-d コマンドラインオプション(英語)を介して渡される一連の構成ディレクティブを作成し、php.ini ファイルに新しいエントリを追加します。このフィールドで指定されたディレクティブは、PhpStorm によって生成されたデフォルトのディレクティブ( -dxdebug.remote_enable=1-dxdebug.remote_host=127.0.0.1-dxdebug.remote_port=9001-dxdebug.remote_mode=req など)をオーバーライドします。

      例: -dxdebug.remote_mode=jit ディレクティブを指定すると、デフォルトの -dxdebug.remote_mode=req ディレクティブを上書きし、Xdebugジャストインタイム (JIT) モードに切り替えます(詳細は Just-In-Time モードでのデバッグを参照)。

      これを行うには、構成オプションフィールドの横にある the Browse button をクリックして、表示される構成オプションダイアログにエントリのリストを作成します。

      • 新しいエントリを追加するには、the Add button をクリックします。リストに追加された新しい行で、名前フィールドとフィールドにそれぞれ新しい項目の名前とその値を指定します。

        必要な数だけエントリを追加できます。長さが 256 文字に制限されたコマンドラインに変換されることに注意してください。

      • エントリを削除するには、リストからエントリを選択して the Remove button をクリックします。

      • エントリの順序を変更するには、the Up button または the Down button をクリックします。

      OK をクリックすると、CLI インタープリターダイアログに戻り、エントリがコマンドラインに変換されます。

  6. the Show phpinfo button をクリックすると、PhpStorm に、インストールの詳細と、ロードされた拡張機能および構成済みオプションのリストを含む個別の情報ウィンドウが表示されます。PHP インタープリターダイアログの構成オプションフィールドで指定された追加オプションはリストされていないことに注意してください。

構成済みの PHP インタープリターをオンザフライで切り替える

  1. Ctrl+Shift+A を押して、Change PHP interpreter と入力し始めます。候補リストで、PHP インタープリターを変更するアクションを選択します。

    必要に応じて、Alt+Enter を押して候補リストで直接、またはキーボードショートカットを設定するに従って、このアクションのキーボードショートカットを割り当てることができます。

  2. 表示されるポップアップメニューで、構成済みのローカルまたはリモート PHP インタープリターのいずれかを選択します。

選択したインタープリターは、設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+SPHP ページでデフォルトのプロジェクトインタープリターとして設定されます。これは、デフォルトのプロジェクトインタープリターを使用するように設定されている実行 / デバッグ構成テストフレームワーク '品質ツール構成にも影響します。

Switching the PHP interpreter

関連ページ:

リモート PHP インタープリターの構成

リモート PHP インタープリターという用語は、リモートホストまたは仮想環境にインストールされた PHP エンジンを意味します。リモート PHP インタープリターという用語は、コンピューターにインストールされているローカル PHP インタープリターの反対語として使用されます。ローカル PHP インタープリターの構成を参照してください。SSH、Docker、Docker Compose、Vagrant、または WSL を介してリモート PHP インタープリターにアクセスできます。SSH を使用すると...

CLI インタープリター

PHP ページの開発環境セクションにある CLI インタープリターリストの横にあるをクリックすると、ダイアログが開きます。このダイアログを使用して、PHP エンジンをインタープリターとして構成します。ローカル PHP インタープリターを構成するおよびリモート PHP インタープリターの構成を参照してください。このダイアログでは、新しいインタープリターを追加し、既存のインタープリターを編集または削除できます。ダイアログは 2 つのペインで構成されています。左側のペインには、ローカルとリモートの両方の設...

キーボードショートカットを設定する

PhpStorm 標準のキーボードショートカット PDF は、公式ショートカット一覧 PDF 日本語版から入手できます。ローカルに保存しておいて活用しましょう。PhpStorm には定義済みのキーマップがいくつか含まれており、頻繁に使用するショートカットをカスタマイズできます。キーマップ構成を表示するには、設定 / 環境設定ダイアログを開き、キーマップを選択します。PhpStorm は、環境に基づいて事前定義されたキーマップを自動的に提案します。使用している OS と一致することを確認するか、...

実行 / デバッグ構成を操作する

PhpStorm でコードを実行またはデバッグするには、実行 / デバッグ構成を使用できます。各実行 / デバッグ構成は、名前付きの実行 / デバッグ起動プロパティのセットを表します。PhpStorm を使用して実行、デバッグ、またはテストの操作を実行するときは、常にそのパラメーターを使用して、既存の構成のいずれかに基づいてプロセスを開始します。PhpStorm には、さまざまな実行、デバッグ、テストの問題に対して、いくつかの実行 / デバッグ構成タイプが付属しています。特定のタイプの独自の実行...