PhpStorm 2020.2 ヘルプ

コンテンツルート内のフォルダーの構成

コンテンツルート内では、PhpStorm はソースコードを含むフォルダーと、検索、解析、監視などの際に無視されるフォルダーを区別できます。さまざまなタイプのフォルダーを区別するには、コンテンツルートのフォルダーをソースフォルダーまたは除外フォルダーとしてマークします。

コンテンツルート内では、PhpStorm はソースフォルダー、リソースルートフォルダー、テストソースコード、および除外フォルダーを区別できます。

ソースとマークされたフォルダーは、現在のプロジェクト内のすべての PHP ネームスペースのルートフォルダーです。

リソースルートとしてマークされているフォルダー内のファイルは、このフォルダーに関連して参照できます。除外されたフォルダーはインデックス作成に関与しないため、検索、解析、監視、その他の操作中は無視されます。

この区別を呼び出すには、コンテンツルートの任意のフォルダーにソースリソースルートテスト、または Excluded とマークすることができます。

定義するフォルダー構成は、PhpStorm の内部エンティティの使用インスペクションの動作も制御します。これにより、@internal としてマークされたエンティティの誤った使用が検出されます。

ディレクトリのマーキング

カテゴリには、次の 2 つの方法でフォルダーを割り当てることができます。

コンテンツルートにディレクトリをマークする

  1. 設定 / 環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S で、ディレクトリを選択します。

  2. ディレクトリページプロジェクト構造ページで、目的のコンテンツルートをクリックします。このコンテンツルートのディレクトリは、右側のペインにツリービューとして表示されます。

  3. マーキングするディレクトリを選択し、次のいずれかの操作を行います。

    • PhpStorm に選択したフォルダーの内容を単体テストと見なすには、テストツールバーボタンTest root folderをクリックするか、選択のコンテキストメニューからテストソースを選択します。

    • PhpStorm に選択したフォルダーをプロジェクトで使用されている名前空間のルートと見なすには、ソースツールバーボタンSources rootをクリックするか、選択のコンテキストメニューからソースを選択します。

      この設定に基づいて、PhpStorm は、PHP クラスの作成または移動中に別の親名前空間に新しい名前空間を作成する場合、つまり、実際に PHP クラスを作成するか、存在しない名前空間に移動する場合に、適切なフォルダー名を提案します。別の親名前空間の下。ソースフォルダーが指定されていない場合は、適切なフォルダーを手動で入力する必要があります。

      ソースフォルダーの指定は必須ではありませんが、PSR0(英語) および PSR4(英語) 標準に準拠したプロジェクト構造を維持できます。詳細はプロジェクトで PHP 名前空間を構成するを参照してください。

    • インデックス作成、解析、コード補完などで PhpStorm が選択されたディレクトリを無視するようにするには、除外ツールバーボタンExcluded rootをクリックするか、選択のコンテキストメニューから除外を選択します。

    • PhpStorm が選択されたフォルダーのリソースへの相対パスを補完できるようにするには、リソースルートツールバーボタンResource rootをクリックするか、選択のコンテキストメニューからリソースルートを選択します。

    wi_mark_directory_excluded.png

プロジェクトツールウィンドウでディレクトリをマークする

  1. プロジェクトツールウィンドウの目的のディレクトリを右クリックします。

  2. コンテキストメニューからディレクトリをマークノードをポイントします。

  3. < ディレクトリの状態 > としてマークを選択します。

ディレクトリのマークを解除する

フォルダーを通常の状態に戻すには、マークを解除する必要があります。

  • 設定 / 環境設定ダイアログディレクトリページで、次のいずれかを実行します。
    • コンテンツルートのフォルダーの一覧からディレクトリを選択し、${iconAlt}をクリックします。

      Unmark source root

    • フォルダーのステータスアイコンをもう一度クリックします。

    • ディレクトリのコンテキストメニューから対応するコマンドを選択します。

  • プロジェクトツールウィンドウで、目的のディレクトリを右クリックし、ディレクトリをマークノードをポイントして、< ディレクトリの状態 > としてマークを解除するを選択します。

内部エンティティ処理

PhpStorm の内部エンティティの使用インスペクションは、@internal 注釈でマークされたエンティティの誤った使用箇所を検出します。このようなエンティティは、パッケージまたはライブラリの内部にある必要があります。

Internal entity usage

プロジェクト用に定義したフォルダー構成によって、エンティティが PhpStorm によって内部として扱われるかどうかが規制されます。

  • ソース Sources root フォルダーが設定されていないプロジェクトでは、@internal クラスの用途はマークされません。

  • @internal クラスが設定済みのソース Sources root フォルダー内にある場合、同じソースフォルダー内の使用はマークされません。このソースフォルダーの外での使用がマークされています。

  • @internal クラスがライブラリ内にある場合、ライブラリ外でのすべての使用がマークされます。

  • テストソース Test root folder フォルダー内には、@internal クラスの用途は記されていません。

最終更新日 :

関連ページ:

コンテンツルート

PhpStorm では、コンテンツは現在作業しているファイルのコレクションであり、サブフォルダーの階層に編成されている可能性があります。この階層の最上位にあるフォルダーは、略してコンテンツルートフォルダーまたはコンテンツルート(として表示)と呼ばれます。プロジェクトには少なくとも 1 つのコンテンツ...

設定 / 環境設定ダイアログ

現在のプロジェクトに関連する設定はアイコンでマークされています。設定ダイアログでは、PhpStorm の動作と外観を制御できます。ダイアログの左上部分にある検索フィールドを使用して、目的のオプションを見つけます。あるいは、検索ボックスにあるカテゴリの階層リスト(設定のグループ)を使用して設定を参照す...

テンプレートからファイルを作成する

PhpStormは、サポートするほとんどの言語のファイルテンプレートを提供します。これにより、ファイルの目的に適した初期コンテンツでファイルを作成できます。例:HTML / HTML5 / XHTML、XML、およびJavaScriptファイル、PHPクラスとファイル、XSLTスタイルシート、および...

移動リファクタリング

移動リファクタリングを使用すると、クラス、クラスメンバー(メソッド、フィールド、定数)、通常の関数、定数、HTTP リクエストファイル、プロジェクト内のディレクトリを移動できます。その際、PhpStorm はこれらの動きを追跡し、ソースコード内の移動されたシンボルへのすべての参照を自動的に修正します...

プロジェクトで PHP 名前空間を構成する

PhpStorm には、プロジェクトルートフォルダーがパッケージおよび名前空間のルートでもあることを指定する構成可能な規則が付属しています。つまり、プロジェクトのルートフォルダーはデフォルトでソースとしてマークされ、そに作成されるすべてのディレクトリは個別のネームスペースと見なされます。これは、オー...

プロジェクトツールウィンドウ

このツールウィンドウを使用すると、プロジェクトをさまざまな観点から見て、新しい項目(ディレクトリ、ファイル、クラスなど)の作成、エディターでのファイルの開き、目的のコードフラグメントへの移動などのタスクを実行できます。このツールウィンドウのほとんどの機能には、コンテンツペインのコンテキストメニューコ...