AppCode 2019.1ヘルプ

サポートされる言語

最近のアプリケーション開発は複数の言語を使用する必要があるため、AppCodeは多言語プログラミング用のIDEとなっています。

AppCodeのコーディング支援には以下が含まれます:

コーディング支援以外にも、AppCodeはアプリケーションの構築、実行、テスト、および配置のための言語固有のツールもサポートしています。

最終更新日: 2019年4月18日

関連ページ:

JavaScript

AppCodeを使用すると、JavaScriptおよびNode.jsを使用して最新のWeb、モバイル、およびデスクトップアプリケーションを開発できます。AppCodeは、JavaScriptおよびTypeScriptプログラミング言語、ReactおよびAngularフレームワークをサポートし、Web...

色とフォントの設定

開発者として、エディターのソースコード、検索結果、デバッガ情報、コンソールの入出力など、多くのテキストリソースを使用します。色とフォントスタイルは、このテキストの書式設定に使用され、一目で理解しやすくなります。AppCodeは推奨する色とフォントを定義するカラースキームを使います。事前定義された配色...

ファイルおよびコード・テンプレート

ファイルテンプレートは、新しいファイルを作成するときに生成されるデフォルトのコンテンツの仕様です。作成しているファイルのタイプに応じて、テンプレートは、そのタイプのすべてのファイル(業界標準、企業ポリシー、またはその他の理由による)に含まれると予想される初期コードとフォーマットを提供します。AppC...

コード補完

このセクションでは、コーディングプロセスのスピードアップを可能にするコンテキスト対応コード補完のさまざまなテクニックについて説明します。基本補完基本コード補完を使用すると、可視性の範囲内でクラス、メソッド、およびキーワードの名前を完成させることができます。コード補完を起動すると、AppCodeはコン...

インテンション・アクション

導入AppCodeを使用すると、インポートされていないクラスや記述されていないメソッドなどを使用すると、エラーが発生する可能性があります。考えられる問題が疑われるとき、AppCodeは解決策を提案します、そして、場合によってはこの解決策を実行することができます(適切に変数を代入し、欠けている参照を作...

コードのリファクタリング

この部分には次のものがあります:一般的なリファクタリング手順利用可能なリファクタリングの手順と例リファクタリングを実行するには、以下の一般的な手順に従いますリファクタリングするシンボルまたはコードフラグメントを選択(またはホバー)します。使用可能なリファクタリングのセットは、選択した内容によって異な...