AppCode 2019.1ヘルプ

ステータス・バー

ステータスバーを使用すると、現在のIDE状態を監視し、環境保守タスクを実行できます。

The status bar

ステータスバーのアイコン

アイコン

説明

Show tool windows

Hide tool windows

クリックすると、ツールウィンドウバーの表示/非表示が切り替わります。隠れたツールウィンドウバーを表示するには、 (macOSの場合)または Alt (Windowsまたは*NIXの場合)を2回押したままにします。手順の説明を参照してください。

Menu information

ステータスバーのこのセクションには、メインメニュー、コンテキストメニュー、またはツールバーで現在選択されているコマンドの説明が表示されます。

Background tasks

このアイコンをクリックすると、バックグラウンドタスクマネージャーが起動します。ステータスバーのこのアイコンの表示は、開始されたバックグラウンドタスクによって異なります。

Line number

コロンで区切られた数字は、エディター(行と列)の現在のキャレットの位置を示します。

エディターでコードの一部を選択した場合、AppCodeは選択したセクションにいくつかの文字と改行を表示します。

Read-only

Write-only

このロックアイコンは、エディター内の現在のファイルの読み取り専用または書き込み可能属性を示します。ファイル属性を切り替えるには、ロックアイコンをクリックするか、メインメニューのファイル | ファイルを書き込み可能/読み取り専用にするコマンドを使用します。

uiStatusLineEnding

現在のファイルの行末をエディターで表示および変更します。

Encoding

現在のファイルのエンコーディングをエディターで表示および変更します。

Code style indents

現在のVCS ブランチを表示します。アイコンをクリックすると、VCS ブランチを選択して使用することができます。

View the context

現在のファイルが解決されるコンテキストを表示および変更します。例:[D] - デバッグ、[R] - リリース。

the Hector icon

アイコンの上にマウスポインタを合わせると、ツールチップに現在のコードインスペクションプロファイルが表示されます。

Hectorアイコンをクリックすると、以下の機能を備えたダイアログが表示されます。

  • 強調表示レベル。スライダーを使って現在のファイルの強調表示レベルを変更するか、インスペクションプロファイルを設定します

    Hectorは、スライダで選択された強調表示レベルに応じて、コード the Inspection level icon (インスペクションレベル)を監視し、the Syntax icon (構文)を半分にしたり、コード the None icon (なし)から顔を回避します。

  • 省電力モード。このチェックボックスを選択すると、バックグラウンド操作を排除してコンピューターの消費電力を最小限に抑えることができます。モードがオンであることを示すために、Hectorは Code analysis disabled in the Power Save modeをフェードインさせます。

    省電力モードがオンになっていると、AppCodeはラップトップのバッテリーを消耗させるような非常に消費の多いバックグラウンドアクティビティを実行しないことによって、その機能をテキストエディターの機能に減らします。これらのアクティビティには、エラーの強調表示やオンザフライのインスペクション、自動コード補完などがあります。

    メインメニューのファイル | 省電力モードコマンドで省電力モードを切り替えることもできます。

The Event log icon

No event in the Event log

無人通知があることを示します。このアイコンをクリックすると、イベントログツールウィンドウに通知の説明が表示されます。
また、アイコンが空の場合は、新しい通知はありません。

Error notification icon

この点滅するアイコンは、内部IDEエラーが発生したことを示します。クリックしてエラーの説明を表示し、レポートを送信します。

Heap status

現在のヒープレベルとメモリ使用量を表示します。ステータスバーにこのセクションが表示されるかどうかは、環境設定/設定ダイアログの外観ページにあるメモリー・インジケーターを表示するチェックボックスで定義されます。デフォルトでは表示されません。

ガベージコレクタを実行するには、メモリインジケータをクリックします。

最終更新日: 2019年4月18日

関連事項

関連ページ:

ツール・ウィンドウの操作

ツールウィンドウを表示する以下のいずれか 1 つを実行します:ワークスペースの左下隅にあるをポイントし、表示されるメニューでツールウィンドウを選択します。ツールウィンドウバーの対応するツールウィンドウボタンをクリックします。メインメニューの表示 | ツール・ウィンドウ | <ツールウィンドウ&...

バックグラウンドタスクの操作

長いタスクが実行されている(たとえば、検索と置換、VCSの更新など)場合、AppCodeはプログレスバーを表示します。バックグラウンドボタンをクリックすると、そのようなタスクの実行をバックグラウンドに戻すことができます。ただし、特定のタイプのタスクがバックグラウンドに移動しても、その進行状況は引き続...

行セパレーターの構成

AppCodeでは、新しく作成されたファイルの行区切り(行末)を設定し、既存のファイルの行区切りスタイルを変更することができます。新しいファイルの行区切りを設定する:設定で、エディター | コード・スタイルに移動します。行セパレーターリストから、目的の行区切りスタイルを選択します。現在のファイルの行...

ファイル・エンコード

プロパティーファイルを含むディレクトリーまたはファイルのエンコーディングを設定および変更できます。AppCodeを使用すると、エディターで作業中にエンコーディングを変更できます。エンコーディングの詳細を確認してさらにオプションを設定する必要がある場合は、設定 | エディターのファイルエンコーディング...

コード・インスペクション

コード解析の基礎:AppCodeは、堅牢で高速で柔軟な静的コード解析機能を備えています。言語とランタイムエラーを検出し、修正と改善を提案します。AppCodeはインスペクションをあなたのコードに適用することによってコード分析を実行します。コードインスペクションは、Objective-C、C、C++、...

インスペクション

このページを使用して、インスペクションプロファイルのカスタマイズ、インスペクションの重大度の設定、インスペクションの無効化と有効化、およびさまざまなスコープに対するインスペクションの設定を行います。このページは次の領域に分かれています。プロフィール管理ツールバーインスペクションの重大度と有効範囲オプ...