AppCode 2019.1ヘルプ

カラー・スキームの切り替え


このセクションを使用して、AppCodeエディターの配色を選択します。

項目

説明

スキーム

ワークスペースで使用する配色を選択してください。

Xcodeからのインポート

Click this button to import the desired color scheme from Xcode.

最終更新日: 2019年4月18日

関連事項

プロシージャー:

リファレンス:

関連ページ:

フォント

このページを使用して、AppCodeエディターのフォントを設定します。項目説明フォントこのオプションを使用してフォントを選択します。等幅フォントのみ表示するオプションを選択すると、使用可能なフォントのリストが短くなります。サイズフォントのサイズを選択します。エディターでフォントサイズをすばやく変更す...

コード・スタイル

スキームこの領域では、コードスタイルスキームを選択し、必要に応じて変更します。コードスタイルスキームの設定は、AppCodeがコードを生成、リファクタリング、または再フォーマットするたびに自動的に適用されます。コードスタイルは、プロジェクトレベルとIDEレベル(グローバル)で定義されています。プロジ...

色とフォントの設定

開発者として、エディターのソースコード、検索結果、デバッガ情報、コンソールの入出力など、多くのテキストリソースを使用します。色とフォントスタイルは、このテキストの書式設定に使用され、一目で理解しやすくなります。AppCodeは推奨する色とフォントを定義するカラースキームを使います。事前定義された配色...

スコープ

スコープはプロジェクト内のファイルやディレクトリーのサブセットであり、特定の操作(検索、コードインスペクションなど)の適用を制限できます。さらに、スコープごとに色を設定して表示することもできます。どんなファイルを扱っているのか。プロジェクトが大きくなるにつれて、スコープはさらに役立ちます。基本的なケ...