AppCode 2023.1 ヘルプ

AppCode を初めて実行する

Toolbox アプリを使用して、任意の JetBrains 製品を実行できます。スタンドアロンインストールの場合は、Applications ディレクトリ、Launchpad、Spotlight から AppCode を実行します。

AppCode を起動すると、ウェルカム画面が表示されます。これは、IDE での作業の開始点であり、その設定を構成します。この画面は、開いているすべてのプロジェクトを閉じるときにも表示されます。左側のタブを使用して、特定のウェルカムダイアログに切り替えます。

Welcome screen

IDE の外観をカスタマイズする

カスタマイズをクリックして別のカラーテーマを選択するか、OS と同期チェックボックスを選択してシステムのデフォルトテーマを使用します。ここでは、ユーザー補助設定を構成したり、別のキーマップを選択したりすることもできます。

Select the UI theme

デフォルト設定を構成する

適用する必要な設定のコピーがすでにある場合は、カスタマイズをクリックして設定のインポートを選択します。

または、すべての設定をクリックして設定ダイアログを開きます。この時点で変更する設定は、プロジェクトと IDE の新しいデフォルト構成になります。

Configuring new default settings for projects

追加のプラグインをインストールする

左側のペインでプラグインをクリックし、AppCode プラグインリポジトリ(英語)から追加のプラグインをダウンロードしてインストールします。

Install additional plugins

AppCode を学ぶ

学習をクリックして、IDE が提供するショートカット、機能、ワークフローについて詳しく理解してください。詳細については、IDE 機能の学習を参照してください。

Start Learning

AppCode でプロジェクトを開始する

AppCode へようこそダイアログから、次の操作を実行できます。

Xcode のインストールを確認する

デフォルトでは、AppCode は既存の Xcode インストールへのパスを自動的に検出します。実行 / デバッグ構成セレクターで使用可能なシミュレーターのリストが空で、コードがエディターで解決されない場合は、サポートされている Xcode バージョンへのパスが指定されていないか、正しく指定されていない可能性があります。それを修正するには:

  1. サポートされているバージョンの Xcode が Mac にインストールされており、少なくとも 1 回は起動されていることを確認してください。

  2. 環境設定 Ctrl+Alt+S に移動してツール | Xcode を選択し、選択された Xcode フィールドで Xcode.app ファイルへのパスを指定します。

関連ページ:

AppCode のライセンス購入と登録

AppCode は最大 30 日間評価できます。IDE をインストールした後、JB アカウントにログインして、AppCode の試用版の使用を開始します。無料トライアルを開始する AppCode の起動時に開くライセンスダイアログで、試用期間の開始オプションを選択し、JetBrains アカウントにログインをクリックします。JB アカウント Web サイトにリダイレクトされます。Web サイトで JetBrains アカウントにログインし、ライセンスダイアログの試用の開始ボタンをクリックして試用期間...

AppCode をインストールする

AppCode は、IntelliJ IDEA プラットフォームに基づいた iOS/macOS 開発者向けの IDE です。システム要件:AppCode は、Xcode なしでは実行できないため、macOS でのみ使用可能です。RAM2 GB の空き RAM8 GB の総システム RAMCPU 最新の CPU マルチコア CPU。AppCode は、さまざまな操作やプロセスのマルチスレッドをサポートしているため、使用できる CPU コアが多くなります。ディスク容量 3.5 GB5 GB 以上の空き容量...

ユーザーインターフェースのテーマ

インターフェーステーマは、ウィンドウ、ダイアログ、ボタン、ユーザーインターフェースのすべての視覚要素の外観を定義します。UI テーマを変更する環境設定ダイアログで、外観 & 振る舞い | 外観を選択します。テーマリストから UI テーマを選択します。IntelliJ Light: IntelliJ ベースの IDE の従来のライトテーマ、macOS ライト: バンドルされたプラグインとして利用可能な OS 固有のライトテーマ、Darcula: デフォルトの暗いテーマ、ハイコントラスト: 色覚多様...

キーボードショートカットを設定する

AppCode には定義済みのキーマップがいくつか含まれており、頻繁に使用するショートカットをカスタマイズできます。キーマップ構成を表示するには、環境設定ダイアログを開き、キーマップを選択します。AppCode は、環境に基づいて事前定義されたキーマップを自動的に提案します。使用している OS と一致することを確認するか、使用している別の IDE またはエディター(Xcode など)からのショートカットと一致するものを選択してください。キーマップは、対応するキーボードとマウスのショートカットと...

新しい UI

新しいユーザーインターフェース (UI) は、AppCode の新しい再設計された外観です。視覚的な複雑さを軽減し、重要な機能に簡単にアクセスできるようにし、必要に応じて複雑な機能を段階的に開示するように作成されているため、見た目がすっきりしています。主な変更点には、簡素化されたメインツールバー、新しいツールウィンドウレイアウト、新しいテーマ、更新されたアイコンがあります。新しい UI を有効にするを押して IDE 設定を開き、を選択します。新しい UI の有効化チェックボックスを選択し、変更...

IDE 設定を共有する

AppCode を使用すると、製品の異なるインスタンス間、またはチームメンバー間で IDE 設定を共有できます。これにより、さまざまなコンピューターで作業していて、慣れ親しんでいるものとは異なる見た目や動作に煩わされたり、チーム全体で同じ標準を適用したりする場合に、快適な作業環境を再現できます。次のいずれかを使用して、IDE 設定を共有できます。設定の同期: JetBrains サーバーを使用するため、追加の構成は必要ありません。同期された設定は JB アカウントにリンクされ、このアカウントを使用...