AppCode 2018.3ヘルプ

名前の変更リファクタリング

基本

名前変更リファクタリングでは、コード内のすべての参照が自動的に修正されて、シンボルとファイルの名前をグローバルに変更できます。

シンボルの名前を変更する

シンボルの名前を変更するには、以下の一般的な手順に従います

  1. 名前を変更する項目を選択します。

    • ファイルを選択するには、プロジェクトツールウィンドウで目的のファイルをクリックします。

    • エディタでシンボルを選択するには、名前を変更するシンボルの名前にキャレットを置きます。

    • 構造ビューのシンボルを選択するには、構造ツールウィンドウで目的のシンボルをクリックします。

  2. メインメニューまたはコンテキストメニューでリファクタリング | 名前変更を選択するか、 ⇧F6を押します。

  3. プレビューと変更の適用

    AppCode_RenameRef.png

  4. If AppCode detects the symbol occurrences in comments and strings, it suggests to extend refactoring to that usages as well:

    cl renameStrings

    この場合:

    • 検索ツールウィンドウでその使用箇所を表示するには、使用箇所の表示を選択します。

    • リファクタリングをコード用途のみに適用するには、コードの名前のみを変更するを選択します。

    • すべての用途の名前を変更するを選択して、コードと非コードの両方の名前を変更します。

    • 終了して戻るには、キャンセルをクリックします。

ファイルまたはディレクトリの名前を変更する

ファイルまたはディレクトリの名前を変更するには

  1. プロジェクトツールウィンドウで目的のファイルを選択します。

  2. メインメニューまたはコンテキストメニューでリファクタリング | 名前変更を選択するか、 ⇧F6を押します。

  3. 開いているファイルの名前変更ダイアログで、新しいファイル名を指定します。AppCodeにコメントと文字列の変更を適用させるには、コメントと文字列内を検索チェックボックスを選択します。

  4. プレビューを押して、検索ツールウィンドウの変更を観察します。続行するにはリファクタリングを押します。

    AppCodeは、ファイル名のすべての出現を検出し、それらをそれぞれ変更します。

注意事項

最終更新日: 2018年12月7日

関連事項