AppCode 2023.1 ヘルプ

AppCode のライセンス購入と登録

AppCode は最大 30 日間評価できます。IDE をインストールした後、JetBrains アカウント(英語)にログインして、AppCode の試用版の使用を開始します。

無料トライアルを開始する

  1. AppCode の起動時に開くライセンスダイアログで、体験版の開始オプションを選択し、JetBrains Account にログインをクリックします。JetBrains アカウント (英語) Web サイトにリダイレクトされます。

    The Licenses dialog
  2. Web サイトで JetBrains アカウントにログインし、ライセンスダイアログの試用の開始ボタンをクリックして試用期間を開始します。

    Start your trial version

試用版の有効期限が切れたら、AppCode を引き続き使用するには、ライセンスを購入して登録する必要があります。AppCode の次のリリースバージョンでは、新しい試用期間が利用可能になります。

AppCode ライセンスをアクティブ化する

  1. メインメニューからヘルプ | 登録を選択するか、ウェルカム画面でヘルプ | ライセンスの管理をクリックしてライセンスダイアログを開きます。

    AppCode: Licenses dialog
  2. AppCode またはライセンスが必要なプラグインの登録方法を選択します。

    JetBrains アカウント(英語)にログインして、購入したライセンスを取得します。

    JetBrains アカウントをまだお持ちでない場合は、登録ボタンを使用してください。

    Activate AppCode license with a JB Account

    AppCode は、ライセンスのリストと、有効期限や識別子などの詳細を自動的に表示します。ライセンスの使用を開始するには、アクティブにするをクリックします。

    ライセンスがリストに表示されていない場合は、ライセンスリストのリフレッシュをクリックします。

    アクティベーションコードを提供します。

    Activate AppCode license with an activation code

    製品ライセンスを購入すると、オフラインアクティベーション用のコードを受け取ります。JetBrains アカウント(英語)から利用可能なアクティベーションコードをいつでもダウンロードできます。

    フローティングライセンスサーバー(英語)またはライセンスボールト(英語)を使用して登録します。

    Activate AppCode license with a license server

    サイレントインストールを実行するか、複数のマシンで AppCode インストールを管理する場合、JETBRAINS_LICENSE_SERVER 環境変数を設定して、フローティングライセンスサーバーまたはライセンスボールトの URL を指すことができます。

    または、-DJETBRAINS_LICENSE_SERVER JVM オプションを追加して、フローティングライセンスサーバーまたはライセンスボールトの URL を設定することもできます。

アクティブユーザーを変更する

  1. メインメニューからヘルプ | 登録を選択するか、ウェルカム画面でヘルプ | ライセンスの管理をクリックしてライセンスダイアログを開きます。

  2. ダイアログの左下隅にある自分の名前をクリックし、ログアウトを選択します。

    ログアウト後、別の JetBrains アカウントまたは別のアクティベーション方法を使用して登録できます。

早期アクセスプログラム

早期アクセスプログラムの一部である AppCode のプレリリースビルドは、30 日間のライセンスで提供されます。JetBrains アカウント(英語)でログインして、AppCode EAP の使用を開始します。

承認には、JetBrains アカウントを直接使用することも、Google、GitHub、GitLab、BitBucket アカウントを使用することもできます。まだ持っていない場合は、新しい JetBrains アカウントを作成することもできます。

ログインオプション

  1. JetBrains Account にログインをクリックします。JetBrains アカウントの Web サイトに自動的にリダイレクトされます。

    Login dialog
  2. Web サイトで、JetBrains アカウントのクレデンシャルを使用してログインします。

  3. 正常にログインしたら、入門をクリックして AppCode EAP の使用を開始できます。

    EAP 関連のアクティビティに参加してフィードバックを提供する場合は、必ず EAP 関連のフィードバックリクエストと調査を送ってくださいオプションを選択してください。

    Successful login
  1. アカウントの作成リンクをクリックします。JetBrains アカウントの Web サイトに自動的にリダイレクトされます。Web サイトの指示に従って、新しい JetBrains アカウントを登録します。

    Login with a new account
  2. 正常にログインしたら、入門をクリックして AppCode EAP の使用を開始できます。

    EAP 関連のアクティビティに参加してフィードバックを提供する場合は、必ず EAP 関連のフィードバックリクエストと調査を送ってくださいオプションを選択してください。

    Successful login
  1. ログインに使用するサービスのアイコンをクリックします。選択したサービスの Web サイトのログインページにリダイレクトされます。

    Login with a service account
  2. 正常にログインしたら、入門をクリックして AppCode EAP の使用を開始できます。

    EAP 関連のアクティビティに参加してフィードバックを提供する場合は、必ず EAP 関連のフィードバックリクエストと調査を送ってくださいオプションを選択してください。

    Successful login

JetBrains アカウントへのアクセス: トラブルシューティング

JetBrains アカウントにログインしようとしたときに問題が発生した場合は、次のいずれかの理由が考えられます。

空きポートはありません

AppCode は、JetBrains アカウントの Web サイトからのログインの成功に関する応答を待ちます。使用可能なポートがない場合、AppCode は認証トークンを使用してログインすることを提案します。

ブラウザーで JetBrains アカウントを開くことができません

JetBrains Account にログインをクリックすると、AppCode は JetBrains アカウントの Web サイトにリダイレクトします。システムブラウザーが起動しない場合は、トラブル緊急ボタンを使用してください。AppCode は、認証トークンを使用してログインすることを提案します。

The Troubles button in the Login dialog
The Troubles button in the Login dialog

JetBrains アカウントにアクセスできません

ログインプロセスでは、JetBrains アカウントの Web サイトにアクセスする必要があります。AppCode は、自動的に Web サイトにリダイレクトするか、認証トークンを使用してログインできるようにします。両方のオプションが機能せず、Web サイトにアクセスできない場合は、システム管理者に連絡してください。そうしないと、ログインして AppCode の使用を開始できません。

認証トークンを使用してログインする

承認トークンは、たとえば会社のセキュリティポリシーのために、システムが IDE からの直接リダイレクトを許可していない場合に、JetBrains アカウントにログインする方法です。AppCode は、JetBrains アカウントの Web サイトへのリダイレクトが不可能な場合を認識します。リンクをコピーして、認証トークンを手動で生成できます。

  1. リンクのコピーをクリックして、コピーしたリンクをブラウザーで開きます。

    Copy the link to get an authorization token
  2. JetBrains アカウントにログインして、認証トークンを生成します。その後、トークンをコピーして IDE 認証トークンフィールドに貼り付け、トークンの検証をクリックします。正常にログインすると、AppCode の使用を開始できます。