AppCode 2018.3ヘルプ

新規ファイル・タイプ

追加ボタンをクリックするか、カスタムファイルタイプを選択し、ファイルタイプページ編集ボタンをクリックするとダイアログボックスが開きます。

ダイアログボックスを使用して、特定のカスタムファイルタイプのファイルにキーワード、コメント、数字などのプレゼンテーションと強調表示を設定および再構成します。これらの設定は、このタイプのファイルをエディターで解析するための基礎となります。

項目

説明

名前

このテキストボックスに、ファイルタイプの名前を指定します。

説明

このテキストボックスに、ファイルタイプの説明(オプション)を入力します。

構文強調表示

この領域では、コメントの境界線を示す文字列、使用される数値システム、および角括弧、波括弧などの構文要素の強調表示を設定します。

行コメント

このテキストボックスに、1行のコメントの先頭を示す文字列を指定します。

行頭のみ

このチェックボックスを選択すると、行コメントの先頭を示す文字列が、行の最初の位置にある場合はコメントとして認識されます。

このチェックボックスは、少なくとも1つの文字が行コメントフィールドに挿入されている場合に使用可能になります。

ブロック・コメントの開始

このテキストボックスに、ブロックコメントの開始を示す文字列を指定します。

ブロック・コメントの終了

このテキストボックスに、ブロックコメントの終了を示す文字列を指定します。

16 進値の接頭辞

このテキストボックスに、後続の値が16進数であることを示す文字列を指定します。例: 0x

数値の接尾辞

このテキストボックスに、使用する数値システムまたはユニットを示す文字列を指定します。後置接尾辞は末尾の文字列です(例: e-3, kg など)。

対となる波括弧をサポート

ペアリングされた波括弧を強調表示するには、このチェックボックスを選択します。

対となる角括弧をサポート

ペアリングされた角括弧を強調表示するには、このチェックボックスを選択します。

対となる丸括弧をサポート

このチェックボックスを選択すると、括弧のペアが強調表示されます。

文字列のエスケープをサポート

文字列のエスケープを強調表示するには、このチェックボックスを選択します。

大/小文字を区別しない

ファイルタイプの拡張子を処理する際にAppCodeで大文字小文字を無視させるには、このチェックボックスを選択します。

キーワード

この領域を使用して、キーワードをセットにグループ化し、各セットを独自のハイライトスキームに関連付けることで、キーワードの強調表示を柔軟に構成します。

エリアは4つのタブで構成されています。各タブでは、追加および除去ボタンを使用して一連のキーワードを作成します。キーワードセット1-4をハイライトスキームに関連付けるには、色とフォントダイアログボックスのカスタムページで、対応するキーワード 1 - キーワード 4プロパティーを編集します。

icons general add svg

このボタンをクリックすると、新しいキーワードを追加するダイアログボックスが開き、そこで新しいキーワードを定義します。

icons general remove svg

選択したキーワードをリストから削除するには、このボタンをクリックします。

最終更新日: 2018年12月7日

関連事項