AppCode 2019.1ヘルプ

ナビゲーション・バー

表示 | ナビゲーション・バー
⌘↑

ナビゲーションバーはプロジェクトツールウィンドウの手軽な代替品です。バーの左側では、プロジェクト内を移動してファイルを編集用に開くことができます

右側には、実行/デバッグ構成セレクタにアクセスし、the Run button を実行し、the Debug button ボタン、バージョン管理ボタン( バージョン管理の統合が有効な場合)、およびどこからでも虫眼鏡 the Search Everywhere button検索することができます。

AppCode navigation bar
最終更新日: 2019年4月18日

関連ページ:

プロジェクトツールウィンドウ

このツールウィンドウを使用すると、プロジェクトをさまざまな観点から見て、新しい項目(ディレクトリー、ファイル、クラスなど)の作成、エディターでのファイルの開き、目的のコードフラグメントへの移動などのタスクを実行できます。このツールウィンドウ内のほとんどの機能は、コンテンツペインおよび関連するショート...

エディターでのファイルのオープンと再オープン

編集用にファイルを開く編集のためにファイルを開くにはAppCodeで解析されるファイルの最大サイズは、idea.propertiesファイルのidea.max.intellisense.filesize設定によって制御されます。AppCodeインストールフォルダーのbinディレクトリーにあるidea...

実行/デバッグ構成の操作

AppCodeでコードを実行またはデバッグするには、多数の実行/デバッグ構成を使用できます。各実行/デバッグ構成は、実行/デバッグ起動プロパティーの名前付きセットを表します。AppCodeを使用して実行、デバッグ、またはテスト操作を実行する場合は、常にパラメータを使用して既存の設定の1つに基づいてプ...

AppCodeによるバージョン管理

VCS 操作のポップアップ(⌃VまたはVCS | VCS 操作のポップアップ)を使用すると、VCS関連のコマンドをすばやく呼び出すことができます。ポップアップ内のアクションのリストは、現在有効になっているVCSによって異なります。VCS 操作ポップアップコマンドのリストは設定可能です - AppC...

メニューおよびツールバー

AppCodeのメニューとツールバーには、プロジェクト全体またはプロジェクトの大部分に影響を与えるコマンドが含まれています。現在のコンテキストにコマンドを適用するには、状況依存のポップアップメニューを使用します。ほとんどのコマンドには、それに素早くアクセスできるようにするためのキーボードショートカッ...