AppCode 2023.1 ヘルプ

AppCode をインストールする

AppCode は、IntelliJ IDEA プラットフォームに基づいた iOS/macOS 開発者向けの IDE です。

システム要件

AppCode は、Xcode なしでは実行できないため、macOS でのみ使用可能です。

要件

最小

推奨

RAM

2 GB の空き RAM

8 GB の総システム RAM

CPU

最新の CPU

マルチコア CPU。AppCode は、さまざまな操作やプロセスのマルチスレッドをサポートしているため、使用できる CPU コアが多くなります。

ディスク容量

3.5 GB

5 GB 以上の空き容量がある SSD ドライブ

モニターの解像度

1024 × 768

1920 × 1080

オペレーティングシステム

macOS 11 以降

プレリリース版はサポートされていません。

macOS の最新バージョン

Xcode

13.2

14.3

JetBrains ランタイムは IDE にバンドルされているため (JRE 17 ベース)、AppCode を実行するために Java をインストールする必要はありません。

Toolbox アプリを使用してインストールする

JetBrains Toolbox アプリは、JetBrains 製品をインストールするための推奨ツールです。早期アクセスプログラム (EAP) や Nightly リリースなど、さまざまな製品または同じ製品の複数のバージョンをインストールおよび管理し、必要に応じて更新およびロールバックし、ツールを簡単に削除するために使用します。Toolbox アプリは、すべてのプロジェクトのリストを維持して、適切な IDE とバージョンでプロジェクトをすばやく開くことができます。

Toolbox アプリをインストールする

  1. Toolbox アプリの Web ページからディスクイメージ .dmg をダウンロードします。

  2. イメージをマウントし、JetBrains Toolbox アプリを Applications フォルダーにドラッグします。

Toolbox アプリを実行した後、メインメニューのアイコンをクリックして、インストールする製品を選択します。

特定のバージョンをインストールするには、App actions more をクリックして利用可能なバージョンを選択します。

The Toolbox App

Toolbox App から JetBrains アカウントにログインすると、インストールしたすべての IDE で利用可能なライセンスが自動的に有効になります。

スタンドアロンインストール

AppCode を手動でインストールして、すべてのインスタンスとすべての設定ファイルの場所を管理します。例: 特定のインストール場所を必要とするポリシーがある場合。

  1. ディスクイメージ .dmg をダウンロードします

  2. イメージをマウントし、AppCode アプリを Applications フォルダーにドラッグします。

AppCode を初めて実行するときは、いくつかの手順を実行してインストールを完了し、インスタンスをカスタマイズして、IDE での作業を開始できます。

詳しくは、AppCode を初めて実行するを参照してください。

ユーザー固有のファイルを含むデフォルトの IDE ディレクトリの場所については、IDE で使用されるディレクトリを参照してください。

関連ページ:

AppCode のライセンス購入と登録

AppCode は最大 30 日間評価できます。IDE をインストールした後、JB アカウントにログインして、AppCode の試用版の使用を開始します。無料トライアルを開始する AppCode の起動時に開くライセンスダイアログで、試用期間の開始オプションを選択し、JetBrains アカウントにログインをクリックします。JB アカウント Web サイトにリダイレクトされます。Web サイトで JetBrains アカウントにログインし、ライセンスダイアログの試用の開始ボタンをクリックして試用期間...

AppCode を初めて実行する

Toolbox アプリを使用して、任意の JetBrains 製品を実行できます。スタンドアロンインストールの場合は、Applications ディレクトリ、Launchpad、Spotlight から AppCode を実行します。AppCode を起動すると、ウェルカム画面が表示されます。これは、IDE での作業の開始点であり、その設定を構成します。この画面は、開いているすべてのプロジェクトを閉じるときにも表示されます。左側のタブを使用して、特定のウェルカムダイアログに切り替えます。IDE の...

IDE で使用されるディレクトリ

デフォルトでは、AppCode は、各 IDE インスタンスのユーザー固有のファイル(構成、キャッシュ、プラグイン、ログなど)をユーザーのホームディレクトリに保存します。ただし、必要に応じて、これらのファイルを保存する場所を変更できます。IDE ディレクトリの場所を変更するたとえば、ユーザープロファイルドライブの容量が不足している場合や低速ディスクにある場合、ホームディレクトリが暗号化されている(IDE の速度が低下している)場合、またはネットワークドライブにある場合は、デフォルトの IDE デ...