AppCode 2019.3ヘルプ

AppCodeをインストールする

AppCodeは、IntelliJ IDEAプラットフォームをベースにした、iOS / macOS開発者向けのIDEです。

システム要件

AppCodeは、Xcodeなしでは実行できないため、macOSでのみ使用可能です。

要件

最小

推奨

RAM

2 GBの空きRAM

8 GBの総システムRAM

ディスク容量

2.5 GBおよびキャッシュ用にもう1 GB

5 GB以上の空き容量があるSSDドライブ

モニターの解像度

1024x768

1920×1080

Xcode

10.3

11.2

JetBrainsランタイムはIDE(JRE 11に基づく)にバンドルされているため、AppCodeを実行するためにJavaをインストールする必要はありません。

Toolbox アプリを使用してインストールする

JetBrains ToolboxアプリはJetBrains製品をインストールするための推奨ツールです。早期アクセス・プログラム(EAP)リリースを含むさまざまな製品または同じ製品の複数のバージョンをインストールおよび保守し、必要に応じて更新およびロールバックし、ツールを簡単に削除するために使用します。Toolbox アプリケーションは、正しいIDEとバージョンでプロジェクトをすばやく開くために、すべてのプロジェクトのリストを管理します。

Toolbox アプリをインストールする

  1. Toolbox アプリのWebページからディスクイメージ .dmg をダウンロードします。

  2. イメージをマウントし、JetBrains Toolboxアプリを Applications フォルダーにドラッグします。

Toolboxアプリを実行した後、メインメニューのそのアイコンをクリックしてインストールしたい製品とバージョンを選択します。

The Toolbox App

Toolbox AppからJetBrainsアカウントにログインすると、インストールしたすべてのIDEで利用可能なライセンスが自動的に有効になります。

スタンドアロンインストール

AppCodeを手動でインストールして、すべてのインスタンスとすべての設定ファイルの場所を管理します。例:特定のインストール場所を必要とするポリシーがある場合。

  1. ディスクイメージをダウンロードする .dmg

  2. イメージをマウントし、AppCodeアプリを Applications フォルダーにドラッグします。

初めてAppCodeを実行するとき、または以前のバージョンからAppCodeをアップグレードした後は、インストールを完了し、インスタンスをカスタマイズし、IDEを使い始めるためにいくつかの手順が必要です。

詳しくは、AppCodeを初めて実行するを参照してください。

最終更新日: 2019年12月4日