AppCode 2019.1ヘルプ

一般的なガイドライン

AppCodeは、IntelliJIDEAプラットフォームの多くの機能を継承します。このセクションでは、この共有機能のいくつかについて説明します。

最終更新日: 2019年4月18日

関連ページ:

ユーザーインターフェースの概要

初めてAppCodeを実行したとき、またはプロジェクトを開いていないときは、AppCodeにようこそ画面が表示されます。プロジェクトを開くと、AppCodeはメインウィンドウを表示します。これはデフォルトの(デフォルトの)IDEインターフェースレイアウトです。インストールして有効にしたプラグインのセ...

AppCodeエディター: ガイド付きツアー

基本:AppCodeエディターは、ソース・コードを作成および変更するための強力なツールです。ほかのIDEエディターと同様に、ブックマーク、ブレークポイント、構文の強調表示、コード補完、ズーム、コードブロックの折りたたみなどの基本機能をサポートします。それだけでなく、マクロ、強調表示されたTODO項目...

ツール・ウィンドウで作業する

ワークスペースの下部と側面には、AppCodeツールウィンドウがアタッチされています。これらのセカンダリーウィンドウでは、プロジェクトをさまざまな視点から見て、典型的な開発タスクにアクセスできます。これらには、プロジェクト管理、ソースコードの検索とナビゲーション、実行とデバッグ、バージョン管理システ...

IDEプリファレンスの設定

プロジェクト設定は、リソース、ファイルの色、バージョン管理オプション、コードスタイルなどに関する一連の設定を指します。プロジェクト設定は、.ideaフォルダーにxmlファイルのセットとして特定のプロジェクトごとに保存されます。次の2つのレベルでプロジェクト設定を構成できます。テンプレートプロジェクト...

プロジェクトへの投入

本パート:プロジェクトへの投入基本空のファイルを作成するファイルサイズ制限の設定テンプレートベースのファイルの作成Xcodeテンプレートからファイルを作成するグループの作成フォルダー参照の作成基本さまざまなタイプ(グループとファイル)の新しい要素を作成して、プロジェクトに取り込みます。AppCode...

ファイル、フォルダー、テキストソースの比較

AppCodeを使用すると、任意の2つのファイル、フォルダー、テキストソース、またはデータベースオブジェクトの間、およびローカルファイルとそのリポジトリバージョン間の違いを確認できます。2 つのファイルの比較:AppCodeはファイルの差分ビューアーに差分を表示します:変更を適用するには、山形ボタン...