AppCode 2019.2ヘルプ

統合

このパートでは、AppCodeに統合されたフレームワークを使用して特定のタスクを実行するために必要なアクションについて説明します。

最終更新日: 2019年10月10日

関連ページ:

CocoaPods

AppCodeには、Objective-Cライブラリー依存マネージャーであるCocoaPodsがサポートされています。CocoaPodsは、使用するさまざまなライブラリー間の依存関係を解決し、依存関係のソースコードを取得します。これにより、サードパーティのライブラリーの使用に関連するほとんどの課題を...

CoffeeScript

AppCodeでは、JavaScriptにコンパイルされたCoffeeScriptを使用できます。AppCodeは*.coffeeファイルを認識し、でマークします。CoffeeScriptコードでブレークポイントを直接設定でき、AppCodeはコンパイル時に生成されたソースマップを使用してブレークポ...

Dockerの統合

Dockerを使用すると、開発者は本番環境と同じ環境でコードをテストするためにコンテナー内にアプリケーションをデプロイできます。AppCodeはDockerプラグインを使用してDockerをサポートします。プラグインはバンドルされており、デフォルトで有効になっています。Docker統合プラグインはA...

Emmetのサポート

デフォルトでは、省略形は で拡張されていますが、短縮形拡張キーの設定の説明どおりに別のキーを選択することもできます。EmmetとEmmetバージョン1.1は、HTML、CSS、またはJSXコードをより高速に開発するためのツールキットです。AppCodeを移動せずにEmmetコードテンプレートを使用で...

HTML

AppCodeは、構文やエラーの強調表示、コードスタイル、構造の検証、コード補完、デバッグセッション中のオンザフライプレビュー(ライブ編集)などを含むHTMLの強力なサポートを提供します。HTML仕様は、AppCode設定 のページのデフォルトHTML言語レベル設定で構成可能です。デフォルトでは、W...

JSON

JSONフォーマットは、データの保存や設定ファイルの保存に一般的に使用されます。AppCodeはJSONファイルの操作に役立ちます。JSONファイルは構文と書式をチェックします。一般的なタイプの設定ファイルでは、AppCodeはコード補完を提供します。JSON スキーマは、そのようなファイルの構造と...