AppCode 2019.1ヘルプ

言語およびフレームワーク固有のガイドライン

このパートでは、AppCodeに統合されたフレームワークを使用して特定のタスクを実行するために必要なアクションについて説明します。

最終更新日: 2019年4月18日

関連ページ:

CocoaPodsのサポート

AppCodeには、Objective-Cライブラリー依存マネージャーであるCocoaPodsがサポートされています。CocoaPodsは、使用するさまざまなライブラリー間の依存関係を解決し、依存関係のソースコードを取得します。これにより、サードパーティのライブラリーの使用に関連するほとんどの課題を...

CoffeeScript

AppCodeでは、JavaScriptにコンパイルされたCoffeeScriptを使用できます。AppCodeは*.coffeeファイルを認識し、でマークします。CoffeeScriptコードでブレークポイントを直接設定でき、AppCodeはコンパイル時に生成されたソースマップを使用してブレークポ...

Dockerインテグレーション

Dockerを使用すると、開発者は本番環境と同じ環境でコードをテストするためにコンテナー内にアプリケーションをデプロイできます。AppCodeはDocker統合プラグインを使用してDockerをサポートします。Docker統合プラグインはAppCodeにバンドルされていないため、JetBrainsプ...

JavaScript

AppCodeを使用すると、JavaScriptおよびNode.jsを使用して最新のWeb、モバイル、およびデスクトップアプリケーションを開発できます。AppCodeは、JavaScriptおよびTypeScriptプログラミング言語、ReactおよびAngularフレームワークをサポートし、Web...

スタイル・シート

AppCodeでは、ユニバーサルセレクタ*、タイプセレクタ.a、子孫セレクタ.a.b、子セレクタ.a .b、IDセレクタ#b、疑似クラス、クラスセレクタDIV.warningなど、最も一般的なスタイルセレクタを使用できます。AppCodeはCSSにコードをコンパイルするさまざまなツールと統合されてい...

Webコンテンツファイルの検証

AppCodeは2つの異なる妥当性検査を実行します。オンザフライ検証はすべてのWebコンテンツファイルに使用でき、ファイルを編集すると同時に実行されます。AppCodeは整形式をチェックします。つまり、閉じられていないタグ、間違った終了タグ名、重複したタグ、未解決のリンクなど、構文要件のさまざまな違...